Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Duty & Devotion
Tere Michaels
Duty & Devotion★★★ summary:
Faith & Fidelityの続編(Love & Loyaltyとも関連あり)

どちらもずっとストレートとして暮らしてきたにもかかわらず、はからずも恋に落ちた2人の中年男、MattとEvan。
Evanの子供たちもMattになつき、新たな家を買い、彼らの「家族」としての暮らしが始まった。
それは、決して楽なことばかりではなかった。

Evanは自分の新しい暮らし、事故で失った妻ではなくMattとの生活を、どう受け入れるべきかもがきつづける。
一方のMattは、Evanのために子供の面倒を見て家のことを取り回しながら、かつての「妻」がいた場所に自分がはめこまれつつあるのではないかという疑念が拭えなかった。Evanが今でも求めているのは、死んだ妻の影なのではないかと。

そしてまた、Evanは自分が「ゲイ」であることを受け入れられそうになかった。社会に対して。
Mattと二人きりの時ならいい。欲望や愛情を否定するつもりはない。
だが、彼は「ゲイ」として世間からレッテルを貼られたくはなかった。
そのこと──度重なる否定が、Mattを傷つけていることには気付いていたが、Evan自身にもそれはどうしようもなかった。

愛はある。だがそれだけで、2人の人間が新しい人生を作り上げていくことは可能だろうか。
.....



「Faith & Fidelity」は親父ふたりが人生下り坂だと思っていたら、いきなり男と恋に落ちてびっくり!な話でしたが、今作ではくっついた2人の「その後」を語っています。
これがなかなか、一筋縄ではいかない話。

そもそもEvanが一筋縄ではいかない男です。考えすぎるし、それを自分でわかっていてもどうしようもない。世間に対して身構えて、身構える必要があるのかどうか悩みながら、自分の中で新しい価値観を落ちつかせようとしている。
Mattはそんな彼のことはわかっていて、無理に彼の考え方を変えさせようとはしていない。けれども、時おりEvanが自分たちのことを否定しようとしているのではないかと思って、彼はこっそり傷ついている。
EvanはMattと──男と恋に落ちたくなどなかったのではないだろうか。

そんな些細な悩みの積み重ねがなかなかリアルで、それは彼らの気持ちをゆるがせるほどのものではないけれども、積み重なる小さな傷も痛いものです。
そしてそこに、「Love & Loyalty」でのJimの存在もある。一度だけMattと寝た男。今でも彼らは仲良しで、電話で語りあう。
Evanは彼に対して嫉妬している。そしてその嫉妬に、Mattは当惑します。

彼らと、Jimとその恋人(Griffin)と4人で食事をするシーンがあるのですが、まずEvanは人目のあるレストランでMattに近づきすぎるのを恐れている。そしてJimとGriffinとの隠さないスキンシップに居心地の悪い思いをしている。そんな彼の態度にMattは小さく傷ついて、でも仕方ないと流していて、それを見ているJimとGriffinは2人のために苛々している。
ぎこちなくなった雰囲気を救おうとGrifinが一生懸命場を取り持ってしゃべり続け、それを見るJimが「ああ、努力してるな」と心を痛めている、その様子が何だか可哀想です。4人ともに。

愛情ははっきりとそこにあって、彼らは彼らなりに幸福で、でも傷ついている。
そこから抜け出すにはどうすればいいのか。それとも、愛があるのにそれ以上のことを言うのは贅沢だろうか。

40すぎた男たちが自分たちの道を探していく、そんな様子が独特のリアルさで語られていきます。ひとつずつ、彼らはのりこえていかなければならない。

親父好きなら鉄板。「Faith & Fidelity」からね。できれば「Love & Loyalty」も読んどこう、というわけで、これ三部作なのかな。

★親父
★ストレート同士












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

06 | 2017/07 [GO]| 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。