Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No Rest for the Wicked
A. M. Riley
No Rest for the Wicked★★★ summary:
Immortality is the Suckの続編。

元殺人課の刑事で、誰かの牙で吸血鬼とされたAdamは、今は社会的には存在していない。彼は死んだことになっていて、そしてAdam自身、自分が生きていると言えるのかどうかわからなかった。
一度は死んだ。今は吸血鬼として生きている。
だがそれは「生きている」と言っていいのか?

Adamにとって、この世界で唯一意味があるのはPeterの存在だった。元同僚であり、恋人であり、Adamが吸血鬼になってからも彼らの関係は続いていた。
PeterはAdamのためにパック詰めの血液を調達し、Adamに家の鍵を渡した。
だがAdamはいつからか、彼ら2人の現状にも疑問を感じていた。
自分の存在はPeterにとってなにももたらさない。
そしてPeterに近づき、Adamに立ち向かう若い男の出現が、Adamの気持ちに重くのしかかる。
PeterはAdamを選んだ。だがいつまでだろう。そしてそれは正しいのだろうか。

天才ネットワーク技術者の死の真相を追いながら、Adamは事件の深みにはまっていく。
そしてPeterが己を限界まで追いつめて働き続ける、その理由がAdam自身の存在であると知った時、彼の中で何かが崩れた。
.....



A. M. Rileyは独特のテンションといびつな情熱や痛みを書くのがうまくて、大好きな作家ですが、いつも小説として少しバランスが悪いところがあると思っていた。それが読む気持ちを削ぐわけではないんだけど。
今回は、そういう観点からすると非常にバランスはよく取れた話になっていると思います。うれしいな。

元悪徳警官で性格の歪んだ吸血鬼のAdamと、エリートコースまっしぐらでモラリストの警官Peterという異色の組み合わせで、一見AdamにPeterが振り回されているかのようですが、Peterも実際にはかなりの力を握っている。
そりゃ、吸血鬼になった恋人のために血液パックを冷蔵庫にストックしておくような心臓の持ち主です。モラリストで義務感旺盛だけれども、キレたら怖いに決まっている。

彼らの、どこか身勝手で純粋な愛情が積み重なっていく様子が、美しくもいびつです。
AdamはPeterの生活を振り回しつつ、彼自身も深い罪悪感と絶望をかかえていて、Peterはそんな彼の行く末を案じている。Adamは年を取らない。ならばいつかPeterと離れる日が来る。
それが明日か、それとも30年後かはわからない。
でもいつか必ずAdamはひとりになってしまう。
Adamの中にある絶望が彼を食い尽くさないように、Peterは解決法を探している。

独特の湿ったテンションで事件が展開していきます。Adamの吸血鬼仲間との奇妙な関係や、吸血鬼たちがのさばるLAのアンダーグラウンド。
PeterとAdamが互いに向ける情熱は激しいけれども、暗い。
その暗さや絶望をのりこえて、時おり訪れる調和が切ないです。いつもどこか崩壊の予感を感じさせながら、どちらももがいている。

少し変わった吸血鬼ものが読みたい人、愛情がありながら緊張感の漂うカプが好きな人におすすめ。
前作を読まないとかなりわかりにくいと思います。

★吸血鬼×人間












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

03 | 2017/04 [GO]| 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。