Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Memory Of Darkness
P. A. Brown
Memory Of Darkness★☆ summary:
42歳、離婚歴あり、息子とは疎遠、前科持ち。
Johnny Wagerは人生の敗者であった。

けちな犯罪をしてグレーゾーンを動き回り、たまに若い男を引っかけて楽しむ。
だがその投げやりで成り行きまかせの人生は、引っかけた相手の死体と一緒に目を覚ました時、大きく動き出す。
死体の喉は見事に切り裂かれていた。

Wagerは、自分の犯罪歴や生活態度からして、一度つかまれば「犯人」と決めつけられ、二度と日の目を見られないことがわかっていた。
彼の1人息子Markは真面目な警官であるが、そのことが彼自身の心証をよくするとは思えない。
逃げるしかなかった。
だが、どこへ、どうやって?

ドラッグクイーンの友人やその彼氏の力を借りてはじまった、当てのない逃亡。その末に、彼はTylerのところへ転がりこむ。散歩させていた飼い犬がWagerになついてしまっただけの、何の関わりもない、無関係な男。
Wagerと同年代、つまり守備範囲よりずっと年上。──の筈の男だった。

友人の裏切り、自分を憎んでいる筈の息子からの思わぬ手助け、Tylerとの奇妙な関わり。
自分を追っているのが警察やFBIだけでないことに気付いたWagerは、逃げ回りながら、どうにかその場をしのいでいく。ただひとつ彼の知るやり方、法の裏側をかいくぐり、車を盗み取りながら。

一度たりともまともな生活をつづけられたことがない。
ほかにどんな生き方ができる? まともな生活をしている男と、一体どんな未来がある?
.....



しょぼい犯罪者の40男と、ポルノ作りながら真面目に暮らしている元海軍の40男。
なかなか味わいのある組み合わせです。
そこにWagerの息子、きまじめな警官Markや、Wagerの友人ででっかいドラッグクイーンHyacinthなど、なかなか印象深い人間たちを巻きこんだ逃亡小説。

犯罪者目線から書かれた話(しかし殺人はやってない!わけですが)のわりに、Wagerのしょぼさが実にリアルです。
車は平気で盗む。タクシーがわりに車泥棒。嘘も平気でつき、Tylerの弱みにつけ込むようにして彼の家に上がり込むのも平気。ドラッグもちびちび売って小金を稼ぐ。
でも、銃の扱い方すら知らない。

ごみ溜めのような中で彼なりに楽しく人生を送っていたWagerですが、殺人に巻きこまれ、濡れ衣を着せられて、必死に逃げ惑います。
その逃げ方も、きわめて近距離かつ行き当たりばったりで、ほんとにしょぼい。町くらい出ろよ。とは言え、やっぱりその感じがリアルだと思います。
何だか大人になりきれてない感じのある男です。感情移入はしづらいが、憎めない。
Tylerと何となく仲よくなってしまい、巻きこむのはやだなあと思いながら、言われるままに彼の車を借りちゃったりする。めちゃめちゃ巻きこんでるじゃないか。
そういう、何ともあちこち情けない、でも彼なりに誠実で優しいWagerにTylerがほだされていくあたりは、果たして幸せな未来が待っているのかどうか迷いますが、独特の味がある。

すっきりさっぱり格好のいい男でもなく、格好良く未来を望めるハッピーエンドでもないかもしれない。
でもそれだけに、グレーゾーンをうろついている男たちが互いにもがいて事態を乗り越えていこうとする、妙に効率の悪い姿に何とも言えないリアリティがあります。現実味というよりは、ちょっと薄暗い映画のような手ざわり。

あんまり格好良くない親父に萌える人に是非おすすめ。逃亡の様子もよく書かれていておもしろいです。
息子、いいやつだなー

★逃亡
★犯罪者












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。