Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

Old Poison
Josh Lanyon
Old Poison★★☆ summary:
Dangerous Groundの続編。

外交安全局の捜査官、Taylor MacAllisterとWill Brandtは3年にわたって仕事のいいパートナーであったが、1週間のキャンプとその時の事件を経て、2人は恋人同士になった。
それが一時的な関係で終わるのか、何かが始まっていくのか、見定めようとしながら、彼らは今の関係を満喫していた。どちらもが予想しえなかったほど、2人は互いにしっくりきた。

だがそんなある日、Taylorは差出人不明のプレゼントを受け取る。毒蛇の入った酒のボトル。
Willは誰かがTaylorにうらみを持っているのではないかと恐れるが、Taylorはそれを笑い飛ばした。
だがWillはどうしても不安が拭えず、Taylorが日本赴任時代の過去を話そうとしないことも気になっていた。

Taylorは、Willと関係を持ちはじめてからもまだ2人のことに自信が持てないでいた。自分ばかりがWillを好きで、相手によりかかっている気がする。
Willもまた、互いの将来と彼らの関係とを、どう秤にかけていいか考えあぐねていた。Taylorは愛しい。だがもし彼らの関係が明るみに出れば、どちらかは仕事を辞めなければならないかもしれない。
.....



冷静なWillとやんちゃなTaylor、という組み合わせが前作よりはっきりと浮き上がってくる続編です。
Willと仕事のコンビを一時的に解消しなければならないことや、その他聞きたくないことを聞かされたTaylorは、感情のあまりにひたすらに走り出してしまう。Willのそれ以上の説明も聞かず、ただあふれてくる感情に突き動かされて、全力疾走する。
彼には、そういうところがあります。感情が豊かで、自分でも時おりそれを扱えない。だからこそ、そばにWillのようなおだやかな男がそばにいると落ちつく。
いい組み合わせです。そういうところにぐっとくる。

前作でのWillは、彼らがつきあうのがいい考えだとは思っていなかった。そのことは彼にとってはもう過去のことだけれども、Taylorの方がまだそれを振り切れないでいます。
望んでいるのは、自分だけではないだろうか。Willはいつかまた、やはりTaylorとつきあうのがいい考えではないと思うのではないだろうか。
彼はまだ悶々としていて、そんなTaylorにさらに過去からの物事がふりかかる。捨ててきた筈の過去。
畳みかけるような展開の中で、2人はまた自分たちの関係を見つめ直し、新しい絆をつながなければならない。

好きな話の続編で、好きな話なんですけど、気が散る点がひとつ。
「日本での過去」が物語のひとつのキーになっているのですが、そこに出てくる「日本」の描写にどうしても微妙なズレが見えて、落ちついて筋を楽しめない時がある。
こればっかりはほんと、仕方ないですね。よく書けている方だとは思うんですが。
Taylorに警告のように届くのは「a cobra bottled in rice wine」で、rice wineが日本酒だというところから推察するに、これはマムシ酒かハブ酒。

個人的に多少のつまずきはありますが、それでもやっぱり、好きな話です。
彼らの間にある感情の激しさも相変わらず情熱的で、緊張感に満ちているし、2人の関係が少しずつ変わっていくストーリーからも目が離せない。
しかしWillの元彼は格好いいなあ。あれはTaylorが不安になるのも無理はない。

Lanyonのキャラらしい、内側に鋼のように強い熱を持った、輪郭の強い男たちの話。
そういう強い男が好きな人、前作の「Dangerous Ground」を楽しんだ人ならやはりまちがいなく買いの一冊です。前作よりTaylorが可愛い。

★仕事仲間(パートナー)












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター