Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

Thirty Days
Shayla Kersten
Thirty Days★★ summary:
Biton Savakisはニューヨークに住む42歳の裕福な弁護士である。
だが彼の人生は今や危機に瀕していた。10年にわたって彼のそばにいたErikを、3ヶ月前に癌で失ったのだ。
ErikはBitonの恋人であり、そして何よりも、従順で愛しい奴隷であった。

根っからのDom(主人)であるBitonは、それ以来喪失と、飢えにさいなまれていた。
誰かを支配したい欲望はあるが、クラブで誰を見てもそういう気持ちにはなれなかった。
そんな彼を見かねた友人が、傷ついて途方に暮れているSub(奴隷)を彼に紹介する。
迷い、自分ではどうすることもできないまま主人を求める奴隷、Cavan。Bitonは彼を30日間の契約で引き受けた。
それは喪失から気をそらす助けになるだろうし、もしかしたらまたBDSMの世界へ戻る足がかりになるかもしれない。

だがCavanはただのBDSMの奴隷ではなかった。
彼は、養子制度の隙間からこぼれおちて人身売買のシステムの中で売り飛ばされてきた、犯罪被害者であったのだ。
痛みと恐怖しか知らず、闇雲に主人に従うことしか知らない彼を、Bitonはその闇から救い出せるだろうか。
.....



10年以上のパートナー兼奴隷を癌で失ったDomと、現代式奴隷制の被害者でトラウマ持ちの奴隷の、30日の物語。

Cavanは里親の間をたらい回しにされる間、いつのまにか「奴隷」として訓練されて売られる存在になっていました。
彼はほかの生き方を知らず、支配するだけのマスターしか知らず、奴隷としての自分しか知りません。

Bitonも「マスター」であるけれども、彼とかつての「奴隷」のEricの間にあったものは豊かで深い、人間的なつながりです。支配することで愛情を示す者、支配を受け入れることで自分自身を解放し、完全に相手にゆだねる者。奴隷は主人を信頼し、主人は奴隷を支配しながら守り、彼らは対となる。
Cavanはそんな関係を知らない。ただ支配されることしか知らない彼は、ほかに生きる術を知らないから「主人」をほしがるだけで、その生き方は彼の選んだものではない。
BitonはそんなCavanをどうするべきかわからないけれども、もちろん、Cavanを見捨てることもできません。Bitonは犯罪を告発し、犯人をとらえる手助けをし、Cavanをカウンセラーに見せる。

彼らは2人とも迷っています。Bitonは愛するEricを失って人生の意義すら見失っているし、Cavanには何もかも理解しがたいことばかり。
わりとさっさとエロい関係になるのですが、それが解決にならないことは明らかです。セックスはその瞬間の迷いを吹きとばして体を満足させるけれども、何ひとつ変えることができない。
Cavanは迷える奴隷のままで、Bitonはそんな彼を支配の対象にはできない。Cavanが心底望まなければ、彼はBitonの「本当」の奴隷にはなれない。そして奴隷になれない相手を、Bitonはそばに置きつづけてはいられません。
どうしたらいいのかととまどい、もがく、両方の気持ちがよく書かれていると思います。

痛々しい奴隷と困りきった主人の話ですが、ちゃんと犯罪捜査やカウンセリングなど現実の側面も入ってきて、話にほどよい厚みがあります。
奴隷側からの「支配されたい」欲求を書いた話は多いけれども、主人側からの「支配したい」欲求、その切迫感を書いた話は珍しいので、そのあたりも読みどころ。Cavanにもちゃんと自立の気配が見えてきている、そういうラストも好感が持てます。

トラウマものが好きな人、主人/奴隷関係が好きな人におすすめ。

★BDSM
★人身売買












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター