Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

travel、trip、journey

どれも「旅行」を意味する言葉ですが、多少ニュアンスが違う。
ウィズダムによると


travel 旅行すること
trip 往復の短い旅行
journey 長い(時につらい)旅行


単なる移動やちょっとした出張はtrip、短い移動から長い旅行まで使うのがtravel(場合によって通勤にも使える)、「(場所や時間の)移動」という意味も含め長い旅に使うのがjourneyというところでしょうか。
米英でもニュアンスの差があるらしいが、そのあたりは潔く丸めていきましょう。

特に「journey」と言う時には、何かその裏に苦労や思いがありそうですね。「journey's end」で人生の終焉を言うそうな。
たとえば日本語でも「旅行に行く」と「旅に行く」では響きの差がありますが、「journey」をわざわざ使うと「旅」に近い気がします。
「trip」は「短い」&「戻ってくる」というのがポイントらしい。「旅行に行く」と口語で言う時には「take a trip」のようにtripを使うことが多いそうです。気楽な感じなんだろうか。

他に類義語として、voyage(航海)、tour(周遊旅行)とかあります。tourは基本的にあちこち回る遊びの旅行。日本での意味と一緒ですね。
voyageは正直、あまり見たことがない。「The ship sailed~」みたいにsailを使ってあっさり表現していることが多いような。大げさな言い方なんじゃないかと思ってるけど、どうなんだろう。

動詞で使いやすいものや名詞として多用されるものなどあるので、書く時にはそのあたりにも気を配る必要がありそうです。












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。