Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Crossroads Revisited
Keta Diablo
Crossroads Revisited★★☆ summary:
大学生たちが次々と謎の死を遂げる中、探偵のFrank McGuireは嫌な予感がしていた。
その予感は、忘れていた過去の亡霊の形をとって現れる。FBIからの情報によると、かつて彼のパートナーを殺した男が再び野放しになり、監獄に入れられた復讐のためにFrankを狙っていると言う。

Frankはその相棒の忘れ形見、大学生のRand Brennanと同居していた。
Randは大学に復帰していたが、Frankと約束しただけの成績を取ることが出来ず、しかも盗み酒をして勉強をさぼっているようだった。そちらもFrankには頭の痛い問題だ。

Randの存在はFrankを強く揺さぶる。欲望、飢え、支配欲。そして保護欲。どれもこれまで感じたことがないほど強い感情だった。
何よりもRandの安全が大事だと、FrankはRandを家から追い出して、母親の元へ帰す。
それが一時的なものになるのか、それともRandが脅したようにこれきり彼らの関係の終わりとなるのか、彼にはわからなかった。
.....



Crossroadsの続編。
相棒の息子をものにしちゃったFrankは、そのRandと暮らしながら、彼がきちんと勉学に励むように目を光らせている。そして怠けているのを知るや、早速「おしおき」にとりかかります。目的と手段があやしい。
相変わらず、無茶でエロな感じです。
アナルプラグとか入れて大学行かせるのは、かえって勉強に集中できなくて逆効果じゃないんだろうか。まあエロいからいいか!

そんで相変わらず、ここはぶつかりあっています。
エロエロでべたべたなのに、ほとんどキスシーンがないんだよね。それはやはり、彼らの距離感、そしてFrankの警戒心を表しているのでしょう。Randの存在に溺れながら、Frankはそれを示さず、強気な態度の下でどこか自分に逃げ道を残そうとしている。
Randはまあ快楽にくらんであんまりそのへんは深く考えてませんが、本能的にFrankの警戒を見抜いているようです。

体でつながっている、気持ちもどこかでつながっている、でもまっすぐに向かいあってはいない。
エロの時以外は状況の主導権を握ろうとして争う、強気な2人。
Randがセックスの最中にFrankの名前を呼ぶまいとするあたりなんか、Frankの葛藤を知りながら意地を張っているようで、なかなかに萌えます。最後は呼んじゃうんだけどね。


Hoarse, rough cries tore from his throat. Caught up in a tidal wave of heat, Frank’s name escaped, and he hated himself for saying it.


強引でやりたい放題の攻めとエロが好きなら、とても楽しく読めます。
ただちょっと校正が甘いのか、地の文の途中に " が入る誤植がいくつかあって一見セリフに見えるので、「Frankの大きなcockが入ってくると‥‥」といきなりセリフ内でエロを語り出しているかのようだ。
びっくりしたり、うっかり笑ったりしてしまいます。何故ピンポイントにエロでやるか。

中編くらいなので、勢いで読めます。Crossroads3作の中ではこれが一番好きかな。

★BDSM(おしおき程度)
★強引攻め×強情受け












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

06 | 2017/07 [GO]| 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。