Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Crossroads
Keta Diablo
Crossroads★★ summary:
Frank McGuireは彼に仕事のすべてを教えてくれた相棒が自分の腕の中で死んでから、警察をやめて探偵の仕事をしていた。
そんなある日、その相棒の息子が行方不明であると知らされる。

Rand Brennan。両親は彼が自分の性的なアイデンティティ──ゲイであることを受けとめ切れずに混乱していることをずっと心配していた。
彼は自分自身を探そうと模索する中で、マリファナを吸い、大学から消え、どこか場末のビリヤードホールで働いていたが、今や愛する妹からの電話にさえ出ようとしなかった。

FrankはRandを探す仕事を引き受ける。同時にFBIから依頼を受けて、少女連続殺人事件の犯人を追いはじめていた。
Frankを死者が訪れ、何かを告げようとするのだが、彼らが必死に告げようとするメッセージをFrankはうまくつかみ取ることが出来ない。
死者は何を望んでいるのか。シリアルキラーはどこで次の獲物を探しているのか。
.....



死者の声を聞くサイキックの元警官(30歳)と、その死んだパートナーの息子(22歳)の話。
全体にこう、展開が早いと言うか、たまにびっくりします。

Frankは銃に撃たれて自分の腕の中で死んだパートナーの記憶にまだ苦しんでいて、相手の家族と疎遠になっています。Randが消えたと聞いた時、彼を襲ったのはその後ろめたさと、かつてRandを見た時の記憶──自分の欲望でした。
彼はRandの行方をつきとめると同時に、この青年がもう二度と馬鹿な真似をして家族を心配させないように、こってりおしおきをしてびびらせてやろうと計画します。そして案の定というか何と言うか、その計画で彼自身も深みにはまってしまうのです。

このあたり「おいおい、そんなことしていいのかよ」とつっこみたくなる感じで、特に商業スラはNon-con(合意なし)は滅多に見ないのでびっくりしましたが、まあそういう感じの流れです。
互いの体に流されちゃう、というのはいいシチュだと思うので、そのへんのびっくりをクリアすると楽しい。でもやっぱりちょっと「おいおい」と言いたくなるような強引さだ、Frank!ってかヌンチャクはそういう用途に使っていいのか。パートナーの息子にそんなことしていいのか。

Frankはかなり強引でかたくなな男で、Randに対しても厳しい態度を取る。
自分のセクシュアリティに対してもがいているRandは、そんなFrankの行為に疑問や迷いを粉砕されるのだけれども、彼らはどうしても体が先行するので、どうにもコミュニケーション不足なところがあります。
でもRandのいさましさというか、強情さやへこたれなさはFrankといい勝負。こいつもちょっと無茶。

そんな肩肘はった2人ががつんがつんとぶつかりあいながら、時おり深々と相手をのぞきこむような一瞬の訪れが、濃密でいい。

文章はわりと味気ない方ですが、何せ勢いとエロがあるので、一気に楽しく読めます。つっこみどころは多い。多いが、でもそれは作品のマイナス部分というよりは、この話のスタイルであって、つっこみ含めで楽しむものだとも思います。
シリーズ続編あり。全体に、勢いと無茶ぶりで出来ている感じで、強引で支配的な攻め×意地っ張りで反骨精神のある受けに萌える人におすすめ。
エロは軽いBDSM風味。

ちなみにここの書店は警告をでかいアイコンで表示するのですが、それが何とも凄いので、リンク先要チェックです。確かにわかりやすいけど、もうちょっとためらえ。

★無理矢理エロ












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。