Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

今回はスラを読むには必須スキルの、あぶない英語のお話。
実用にはなりませんが。てか実用にしちゃ駄目だが。

自動翻訳にスラをかけるると「蛇口」を頻発させて読者を悩ませる「cock」ですが、他にもそのものずばりを表す単語は多い。
呼び名が色々あるのはわかる。日本のエロにだって屹立とか楔とか肉棒とか欲望とか、山ほどある。
しかし英語のそれって、日本語に直すとどうなのか。作家さんはどう使い分けているのか、とそれぞれのニュアンスが気になるのもまた確か。

「これってどうなの」と人に聞けた話ではないので、山勘と経験則からまとめてみました。(詳しい人がいたら教えて!)

たとえば類義語のネット辞典で「cock」の類義語を見ると、


penis, phallus, member,beam, pricking, shaft, peter, pecker, dig, turncock, light beam, puppet, gumshoe, mother fucker, incision, neb, cocksucker, dickhead, cock, rotating shaft, quill, shaft of light, slit, dick, barb, ray of light, prick, shit, beak, bastard, hawkshaw, scape, slam, son of a bitch, instrument, diaphysis, bill, scratch, calamus, tool, lance, peckerwood, stopcock, asshole, spear, rooster, gibe, hammer, beam of light, creature, putz, jibe, irradiation, motherfucker, woodpecker, whoreson, dent, nib, ray, shot


とか。見たこともないものも多い。
エクスカリバーとかは入ってないね!やはり見当たらない「log(丸太)」も隠語のひとつだし、このリスト以上に無数にあるのでしょう。てゆーかcocksuckerとかdickheadってのはブツの名前じゃなくて、人物をののしる時に使う悪口だよな。この辞典大丈夫か? まあいいか。

shaft」はわりと婉曲表現が入ってるんだと思う。「屹立」とかそんな感じかな。たまに「陽根」ちっくなマッチョな感じもしますが。これはこれだけで出るよりは、cockとかdickとかと同時に使われることが多い気がします。
hard-on」あたりも小説内ではよく見ますが、「勃起したもの」的な婉曲表現で、服の上から股間の膨らみを見た時にも使える。器官そのものというよりは状態を指す言い回しでしょう。
phallus」は芸術的な言い回し。古風で、仰々しい感じかな。スラの中で「この彫刻のdickが‥‥」という相手に「それはphallus。彫刻につくとdickはphallusになるんだぜ(笑)」という会話があって、笑ってしまいました。たまにファンタジーで見るかも。
him」も婉曲表現として見ますね。「'him' に指を回して…」とか。かなりお上品な感じ。
そう言えば一昔前、日本のスポーツ紙のエロ連載は「ジュニア」とか「ムスコ」という表現が幅を利かせていましたが、いざ英語圏にいってみるとほぼ見ないぜ、ジュニア。
隠語ではないずばりの「penis」に関しては、普段見ない。ないこともないけど、すごく即物的(あるいは解剖用語的な?)な感じで、甘エロ系ではまず見ませんね。単語としてエロくないのか、スラ好みじゃないのか。

実際にスラ内で頻発するのは「cock」「prick」「dick」
この3つで8割いける

この中では、「prick」がずば抜けて上品(?)です。
インテリ系とか育ちがいいとか奥手のキャラが使う時は大体これ。いきなり「Suck my cock.」とか言ったりしない。基本は「prick」。
すごく奥手になるとそれすら言えなくて、「my...thing」(それ)とか言ったりしてまた萌えどころがあったりするわけですが、まあそれは別件。そんな人滅多にスラにいないしな。

cock」と「dick」では出現率は半々ですが、dickの方がお上品ランク的には上ですね。女の子がエロ話する時にdickをよく使ってるし。
cockはきわめて下品で、即物的な言い方のようです。

というわけで、上品ランクは prick >>>> dick >> cock くらいの感じになるかと。

このへんを踏まえると、貴族と平民のエロで「prick」と「cock」を使うそれぞれのセリフに身分差を感じて萌えてみたり、普段クールでわきまえた感じの攻めがコトの最中に「You like my cock in your ass?」とか言い出したら完全にけだものモードに入ったってことがわかったりするわけです。(あるいは一皮剥けばただのエロオヤジか、とか)

余談だけど、そういう時に 'Do you' からはじめないのが強気攻めっぽくって萌える。












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター