Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

Skin Deep
S. W. Vaughn
Skin Deep★★☆ summary:
Will AmbroseはNYのラジオ局の人気ジョッキーで、ゲイ向けのラジオ番組でリスナーからかかってくる質問に答え、時に相談を聞き、助言を与えていた。
だが彼自身の恋愛関係は悲惨なものだった。何故かいつでもサディスティックな恋人を引き当ててしまう彼は、一番最近の恋人の暴力に悩んでいた。暴力は段々エスカレートしてきていたが、警察には行けない。恋人は警官であった。

そんなある日、彼は友人に連れられてタトゥショップに入る。
そこにいたのは、Cobaltという通り名のタトゥアーティスト。彼の何かがWillに親近感を感じさせたが、どこでこの美しい男と自分に接点があったのか、Willにはわからなかった。

Cobaltは、Willのラジオに一度相談を持ちかけたことを、後悔していた。
ばかげたことだ。恋人が死に、あるいは気が狂ったと言っても、人間がそれを偶然だと思うのは当たり前だ。彼が関わった人間は皆不幸になるのだとも、Cobal自身が人間ではないことも、告げられるわけがなかった。

Cobaltは「Fae」という種族の一員だったが、許されない相手と関係を持ち、追放された。
その相手は何故か人間界までCobaltを追ってきて、彼にいまだに執着している。半ば狂気に陥りかかった彼を避けるため、Cobaltは結界を張った店にこもっていたが、孤独だった。

Willをその目で見た彼は、この人間に惹かれるが、二度と過ちをくり返してはならないとも思う。二度と、誰も苦しめたくはない。
だがWilの恋人の暴力はさらに悪化して‥‥
.....



パラノーマルとかタトゥとかDVとか、色々盛りだくさんの話です。異種エロあり。現代ファンタジー。
Willのキャラがいいですね。DV男をひきあてちゃう受けは弱々しいのが典型ですが、Willはなかなかにしぶとい。なら何故にそういう男にひっかかる、というのはありますが、彼はどうやら微弱なエンパスの能力があるらしく、そのあたりが貧乏くじを引く原因になっているのではないかと思われる。
Cobaltはもう格好いい攻めそのものなんだけど、たまに子供っぽいところが可愛い。Willが絡むとすぐ気持ちが弱くなるし。

この2人がなかなかくっつかず、好きだ、でもどうしよう!を延々やっている様子も楽しいですが、Cobaltの過去の絡みや、彼のもとに逃げ込んできた同種族の男との複雑な関係、段々と明かされていく秘密など、ファンタジー部分の骨子がすごくしっかりしています。
最後のクライマックスに入っていくところは、脇キャラにすごく萌えてしまった。いや、骨肉の争いとか、近親憎悪と裏腹の愛情とか、そういうの好きな人はたまらんと思う。

scarificationという言葉が出てきますが、これは傷で体に模様を描くもので、もともとアフリカの部族などが行っていたもの。今ではピアスやタトゥなどの身体改造の一ジャンルです。
タトゥーショップを舞台にし、scarificationを話題にするわりに、話の中でのそのへんの掘り込みは薄いかな。WillはDVを受けながら、自分にそういう痛みを好む性向があるのかと悩みますが、そのへんからBDSMに入っていくということもなく、最後までエロはわりとノーマルな感じ。
異種エロがあるので「ノーマル」じゃないかもしれませんが、でも全体に恋愛はほのぼのしていて、純で可愛いです。
エロとか、カップリングの感じは、ちょっとBLっぽいかも。

クライマックスで意外にも無力だと思われた人間(Will)がお役立ちするところとか、最後にWillがラジオで受ける相談とか、話の締めがとても鮮やかで、読みごたえがあります。話を読んだ!という手応えがある。
ファンタジーが好きな人、異種ものが好きな人におすすめ。

★現代ファンタジー
★異種












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター