Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

Slow-Play
Carol Lynne
Slow-Play★★ summary:
Bobby Quinnはチャータークルーズの船長という仕事と、まかされた船を愛していた。この船は彼が手に入れ、すみずみまで修復し、美しく磨き上げた。人生そのもののように愛した相手だった。
だが義理の兄はBobbyからその船を奪い、ただの雇われ船長として彼を働かせ続ける。かつてあれほど愛したこの船が、今はBobbyをつなぎとめる鎖となっていた。
家族からなるべく距離を置き、誰かと付き合うこともなく、Bobbyが遊びに出かけるのは友人たちとのポーカーだけであった。

Jules Petersは、孤独に慣れ、そして孤独に疲れていた。
目指した医者になり、大きな家に住みながら、彼のすることと言えば古い車を買い取り、パーツをひとつひとつ集めて元のように美しい姿に直すことだけだった。そんなことでもしていなければ、あまりにその家は孤独すぎた。

サンフランシスコ湾でのクルーズをプレゼントされたJulesは、船長のBobbyと出会う。
この若い男にかつてないほど強く惹かれながら、Julesはためらっていた。彼はもう孤独に慣れきっていて、その殻から出るのには勇気を要したし、Bobbyの若さは、Julesが望むような長い関係を求めていないように見えた。

BobbyもJulesに惹きつけられていたが、何より、今のBobbyには他人と付き合う余裕がなかった。
兄との関係はますます悪くなり、Bobbyは追いつめられる。自分を曲げて兄のために働き続けるか、それとも心から愛した船を捨てて別の人生を探すか。だがそれは、自分の体の半分をもぎ離すようなものだった。
.....



Poker Nightシリーズ2。

ポーカー仲間の1人Bobbyと、前作「Texas Hold 'Em」のEricが働いている病院の医師Julesとの話。
気付かぬままに人生の壁に行き当たり、疲れている2人の男が出会って、それぞれに新しい道を見出す話です。

40代前半あたりのJulesは、その年になるまで1人しか恋人と呼べる相手がおらず、そしてその関係は相手の死によって悲劇的な結末を迎えている。
彼はおだやかな人間ですが、用心深く、他人を自分のテリトリーにすぐ招き入れたりしない。
Julesの心には死んだ恋人が、もう20年近くも住みついていて、苦しんだ記憶はたやすく彼の心を離さない。

Bobbyは自分の金持ちの家族が道具のように人を使う様子を見て育ったため、金のある人間を信用しない。Julesのこともすぐには信用できない。彼もやはり、Bobbyを道具のように使っているのではないだろうか。死んだ恋人からのリバウンドで、手近に来た若い男に傾いているだけなのではないだろうか。
互いの悩みや、行き違いが、ストーリーを通してくっきりと浮き上がってきます。

ちょっと子供っぽく、一本気なところがあるBobbyと、慎重でおだやかなJulesとの組み合わせがいいコントラスト。
JulesはBobbyと付き合いはじめて、否応なくほかのポーカーの仲間とも関わりあっていく。JulesとBobbyだけではなく、友人全員が力を合わせ、Bobbyの窮地を救っていくのです。
「友人達+Jules」ではなく、全員まとめて友人になっていく様子がいい。前作のEricもごく自然にメンバーの中に馴染んでいて、相変わらず忙しいようですが、彼とZacもうまくやっているようです。

いったん壁を越えるとやたらとエロエロな関係になるので、たまにおいてけぼりの感もあるほどですが、それもCarol Lynneの作品の楽しい部分。
体の関係を作るのも、気持ちよさに溺れたり誤魔化されたりするのもいいけれども、それを支える信頼の土台を2人は作らなければならない。
そうやって向き合い、もがき、互いの大切さに気付いていく様子がかわいいです。

タイトルの「Slow-Play」はポーカーの戦略で、強い手を持っているのに逆に振る舞い、相手が賭けにのってくるよう仕向けるやり方。
シリーズ1と同じように「仲間で結束してがやがや」というのが好きな人におすすめ。「死んだ恋人の記憶から逃れられない年上の男」が好きなら、さらにおすすめ二倍です。

★船乗り/医者
★仲間












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (312)
★★★ (88)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

08 | 2017/09 [GO]| 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター