Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

As You Are
Ethan Day
As You Are★☆ summary:
Julian Hallowellは常に「運命の相手」がどこかにいると信じていた。きっと出会うべき相手が、この世界のどこかにいる。
そしてそれが、ルームメイトのハンサムなDanny Wallaceではないかと感じたこともあったが、Dannyはいい友人ではあっても、それ以上の興味をJulianに示すことはなかった。

今でもDannyに恋をしている気はする。だがあの手この手で仕掛けても駄目だった以上、運命の相手はほかにいるのかもしれない。
Julianは友人から紹介された男とデートを始め、うまくいきそうな予感を感じる。
政治信条の違い? 宗教観の差?
きっと何とかなる。きっと。もし彼が「運命の相手」なのだったら。

だが、そんなに簡単にDannyをあきらめられるだろうか?
.....



ロマンスコメディですね。
で、主人公のはじけっぷりが往年のラブコメ漫画を思わせるようなドジっ子乙女系なので、そこが好きかどうかが分かれ目だと思います。
好きな人は好きだが、そうでない人には割と地雷な話だと思う。

キャラクターは(性格もふるまいも)普通に男性なんですが、属性は乙女入ってます。
「いつか王子様が」と現実が見えていないままそろそろ27歳、あれ、何かまちがえたかな?と思いながらもまだ元気いっぱいに我が道を邁進しようとして友人たちにあきれられ、面倒を見られている。
デートの相手といい感じになっても「やっぱり初デートじゃ駄目」と途中でお開き。簡単にセックスなんかしません。自分のことを好きなら、その価値観も尊重してくれるはず。
今回の相手はうまくいきそう。
でももしかしたら、まだ近くの男(この場合は同居人)が好きかもしれない‥‥!

と、まあこんなテンション。文章もテンション高くて、ノリがいい。

Julianは溌剌としたエネルギーの塊で、純情なところと口の悪さが同居しています。
ルームシェアをしているDannyへの嫌がらせのためだけにいかにもなゲイ風ファッションで一緒に出かけたりと、どぎついユーモアの持ち主ですが、Dannyがたまに言うように、優しいところもある。
この作者を読むのは2冊目ですが、やはりこういう、ちょっと度し難いテンションで乙女の入った受けと、それを支える絵に描いたように格好いい攻め、という組み合わせが好きらしい。

本当に攻めは格好いいし、乙女受けのロマンスコメディが好きならオススメ。ちゃんと山あり谷ありだし、趣味が合えばとても楽しい1本です。
「それでもやっぱりママはお前が好きよ」みたいな家族要素も入れるのは、やはり幸せ系のスラの基本ですね。

★ラブコメ系
★ルームメイト












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター