Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gobsmacked
LB Gregg
※出版社の問題で一時的にリンクを外してます。
Gobsmacked★★★ summary:
Mark Meehanは、同居している恋人Jamieが大家の男と寝ている現場を見てしまう。
怒りにかられ、恋人を聖書で殴り倒した彼は、次々とショッキングな事実を発見する。Jamieがあちこちで浮気をしていたらしいこと、自分以外の人間はみなそのことを知っているらしいこと、いつのまにか自分の貯金を残らず使いこまれていたこと。

頭にきて恋人──元恋人──の荷物を家から放り出した彼は、古くからの友人Tony Gervaseの家へ酒を飮みにころがりこんだ。
警官のTonyは3つ年上で、Markはずっと昔から彼が好きだった。だがTonyにその気がない様子を見てとって、友情の先を望むのはやめたのだった。

JamieはMarkから手を引こうとはせず、荷物を返せと暴れ回る。突如として暴力的な面を見せはじめた元恋人をMarkは恐れるが、同時に自分の金を取り戻そうとして動きはじめた。Jamieは何に金をつかったのか。金を取り戻す方法はあるのか。
そんなつもりはないまま、彼は動くたびに次の騒動をおこし、Tonyを巻きこんでしまう。
Tonyは怒りながらも、Markを守ろうとする。だが過保護で命令的な彼にMarkは惹かれながら反発し、その反発がTonyをさらに怒らせて…
.....



Men of Smithfieldシリーズの1作目です。今3冊出てますが、どれもおもしろい。

ある朝いきなり不幸に直面したMarkが次々とさらなる災難に襲われ、目の前が真っ暗になりつつ頑張る話。

普段のMarkは、おだやかな人柄で知られているらしい。この話の中では恋人を殴り、彼の持ち物を雪の中に捨て、大家を脅し、人のパソコンのパスワードを変えと、おだやかなところなんかかけらもない気がしますが。
友人で警官のTonyは強く、保護欲があり、Markに対して過保護なほどの関心を示している。少しの間、2人は疎遠にしていましたが、とても仲のいい友人同士です。その「友人」というカテゴリからかつてMarkは踏み出そうとして、Tonyは一歩引いた。
だが、今回の一件が彼らの関係を変えていく。

守ろうとする年上のTonyと、あっちこっちで騒ぎをおこしてTonyを苛立たせるMarkの組み合わせが、すごく可愛い。
Tonyはいかなる時でも冷静で、自制を失わない強い男ですが、Markだけは彼を後戻りがきかないほどに苛立たせる。愛しさと怒りが入り混じってぶちっと切れてしまう様子が、読んでいて楽しい。
それほどどうしようもなく執着されていることに、Mark本人が気付いてないあたりも可愛いです。

このシリーズは基本的に「活発で可愛い受け」と「冷静で強い攻め」の組み合わせでできています。
しかしMarkはただのドジっ子ではなく、ただの考えなしでもなく、考えた挙句に自信満々にドツボにはまっているというか、はまり方がなかなかに絶妙。Tonyが彼を守りたくなるのもよくわかります。
ちゃんとした一人前の男でもあるんですが、妙にあぶなっかしい。その行動力がやばい。
後ろめたい事情を誤魔化そうとするMarkに、電話の向こうで黙っていたTonyが「今、何か馬鹿なことをしているだろう。わかってるんだ」と言い出すシーンがあって、思わず笑ってしまいました。これは目を離すのが心配だろうなあ、Tony。

キャラも生き生きしていて、話全体にもスピード感があります。終わり方はあっさり気味だが、後味がいい。
適度なドラマと軽さがまざった中で、人の動き方に説得力があるんですよね。そういう作家は貴重だと思う。カプもツボだし(鉄板の過保護攻めと無自覚受け!)、個人的に今後の「買い」リストに文句なく入る作家です。

受けを守ろうとする強い攻めとか、受けが心配なあまりにうっかり怒鳴って受けを怒らせちゃう攻めが好きな人におすすめ。
楽しい読書がしたいなー、という時にも是非おすすめです。

★過保護攻め×強気受け
★昔なじみ












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。