Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

In the Middle of Somewhere
Roan Parrish
In-the-MIddle-of-Somewhere.jpg★★★ summary:
Middle of Somewhere1

Danielは理解のない父親と兄たちとの軋轢の中、自力で大学へ、そして大学院へ行き、アメリカ文学を学び、やっとのことで辺鄙な町での教職をつかむ。
決して理想の地でも理想の職でもなかったが、ひとまず次へのステップには充分だ。そう思った。
北ミシガンの、ホリデイという町。

その町で彼が思わぬ出会いをしたのが、朴訥でまっすぐな巨漢のRex。
緊張のあまりあれこれと失礼なことを口走るDanielにひるんだ様子もなく、彼は、Danielが防御としてまとう攻撃性の下を見抜いているようだった。

だが、Danielはいつも自分を自分で守ってきた。父親から。兄から。世界から。
一瞬でも気を緩めれば、必ず悪いことが起きる。必ず、その隙に何かに足をすくわれる。
その恐れのあまり踏み出せない、踏み込ませない自分を、いつか変えられるのだろうか…
.....



かなり読みごたえのある長編で、しかも結構ぐさぐさっとくる感じのお話です。
特にDanielの描写が非常に良くて、彼が身につけてきた攻撃性や、兄たちや父親から受けてきた仕打ちによる自己評価の低さ、世界に自分の居場所などないと感じているような根の深い孤独が、その行動や言葉を通して見えてくる。知識欲を笑われ、質問を笑われ、ゲイであることを憎まれてきた彼にとって、家族も世界も安心できる場所ではない。
ときに、決して「いい人」ではないDanielですが、彼の必死さと誠実さは(それをどこにどう向けたらいいのかわかっていないにしても)伝わってきて、それが話に厚みを与えています。

Rexのほうにも秘密があり、彼なりの深い傷がある。
傷を隠し合う二人は時にどえらくコミュニケーション不足ですが、それにしてもRexはまっすぐでいい男だな!その忍耐と、Danielに根っからぞっこん(まさにぞっこん、て感じ)な気持ちが、どんどんDanielを包み込んでいくのがまさにロマンス。
エロも濃厚で、最近こういう「濃い」ドラマ派みたいな一派が確実に勢力を強めてきている気がするんだけど、その中でもうまい書き手さんだと思う。
特に兄貴のとの軋轢がなー、兄ちゃん本当に痛々しいなっとしみじみしてしまった。

いろんな人間のいろんなドラマが織り込まれていて、一部はまだ解決していないのでこの先でもさらに何か起こるだろうなー。
人間は簡単には変えられない。たとえ恋に落ちても。でも、もしかしたら。
というわけで、ずぶずぶ濃い目に「浸りたい」時におすすめのシリーズ第1作。口の悪い人間がたくさん出てきてはしばしでニヤッとさせられます。
★家族との軋轢
★孤独

スポンサーサイト

Vanished
Carter Quinn
Vanished.jpg★★☆ summary:
HenryはTomと結婚してもう20年になる。二人は9歳だった少年を見つけて養子にし、血を分けた我が子のように可愛がった。息子のCJはもう大学へ行き、HenryとTomは幸せに暮らしていた。
だがある朝、目覚めたHenryはTomの姿がないのに気づく。仕事ですれ違いかと思ったが、いつまで経ってもTomは帰ってこない。
異常を感じたHenryはTomを探し始める。
しかし、友人たちは皆非協力的で、Henryをののしる者までいるのだった。
一体、何が起こっているのだろう?
.....


全三巻。
ミステリ仕立ての三部作になっていて、2からのレビューを書くとその時点で前の巻のネタバレになるという素晴らしく困った仕掛けがあるので、ここで3までのレビューをまとめて書きますよ(ネタバレできないのでそこは遠回しに…)!

主人公は熟年カップル。の、片方。理性的でやや考えすぎる気配もあるHenry。
目を覚ましたら愛する夫がいきなり消えていてわけのわからない彼は、追憶を抱きしめるようにしながら必死に夫を探そうとするけれども、なぜか友人たちの誰からも拒否され、罵倒され、憐れまれ、嫌がられる。
なんでだ!

まあ途中で「これやばい物件か…」と薄々読んでいる方も気がつき始めますが、うまいことちょこちょこと愛を感じる回想が入ってくるので、ハッピーエンド頼む!という気持ちもあって結構手に汗握ります。

で…先が書けないんですけど、1巻、「ああやっぱり」と見抜けた感を味わった瞬間、ラストでどん!と展開がひっくり返されます。2巻も同じく。それぞれの巻で伏線を回収しつつしっかりクリフハンガー!を味わわせてくれます。なかなか舌を巻くうまさ。
途中にいい感じに周囲の人間関係も織り交ぜてきていて、当人のロマンスは少なめですが、そこそこ甘い雰囲気はあります。特に2巻以降。そのあたりもスリリング。

クリフハンガー感を味わいたい人、よくできたドラマみたいな展開を読みたい時にぜひおすすめ。おもしろかったです。

★謎の失踪
★ストーカー

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

02 | 2016/03 [GO]| 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。