Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mine
Mary Calmes
MineLG.jpg★ summary:
Trevanは、賭け屋の金を回収して回る"Runner"だった。
彼はあるパーティで運命の相手に出会う。
Landry。
まだ少年のような彼は、体を売るような生活をしていたが、Trevanは彼を家に連れ帰り、そんな暮らしからも、ドラッグからも足を洗わせる。

Landryは情緒不安定で、激しやすく、嫉妬深い。
だがTrevanはそのすべてを受け止めて、Landryが欲するものを与えた。
いびつだったが、二人の関係はうまくいっていた。

だが2年たち、Landryが宝石デザイナーとしてのキャリアを築いてきたある日、Landryの弟と名乗る男が現れ、かつてLandryに背を向けた家族が彼に会いたがっていると言う。
同時に、Trevanの仕事にも大きな波風が立ち、仕事仲間が病院にかつぎこまれ…
.....



Mary Calmesで、わりと珍しく、攻め視点。
で、Mary Calmesなのでハッピーハイテンションなラブラブストーリーだろうと思っていたら、なんか違う。あれ?
Landryがかなりのヤンデレでした。

TrevanはとにかくLandryを溺愛している。そんなわけで、夜中に目を覚ますと恋人がぼうっとナイフを手にしてベッドのそばに立ち「お前の胸に俺の名前を刻んでやりたい」とか言っても、動じもせずに「じゃあそうしよう」と翌日タトゥを入れに行っちゃうような男です。
その溺愛っぷり、そしてLandryまた騒ぎを引き起こす、Trevanそれを片付ける、そして二人のいちゃいちゃ、の間で話が進んでいく。

賭け屋の取り立てというTrevanの仕事は、グレーゾーンというかまあ明らかにダークゾーンなんですが、さらにその業界に動きがあって、いささかきな臭い。
謎の殺し屋なんかも出てきまして、何故か影のようにTrevanを守ってくれる。この人、気になります。
縄張り争い、暴力、誘拐──様々な出来事がドミノ倒しのようにおこっていく。

幸せバカップルではありますが、いつものMary Calmes節でなかったせいか、なんだか最後まで読むリズムがうまくつかめなかった気がします。
ヤンデレだとわかった後も、どうも読んでる最中の違和感が消えなくて、もうちょっとギャグというかユーモラスな漫画的に読めばいいのかなと思ったり。Trevanの苦労っぷり(当人は平然とこなしてますが)を楽しむ話なのかも。
とにかく、すとんと落ちてこないものが残っちゃったんですが、話としては途中からスピード感を増していって、その転がるようなハイスピード感はさすがです。
先入観なく読めば、このヤンデレっぷりと溺愛っぷりは楽しいかも。あっちのヤンデレ初めて読んだ気がするな。
というわけで、溺愛/ヤンデレカプが好きな人におすすめ。

★ヤンデレ
★バカップル

スポンサーサイト

My Regelence Rake
J.L.Langley
MyRegelenceRake.jpg★★☆ summary:
Sci-Regemcy シリーズ

Colton Townsend、惑星Regelenceの第四王子は、もうずっと長いこと王室警護隊長のWentworth子爵、すなわちSebastian Hastingsに恋をしていた。

だがWentworth子爵は前の結婚で夫と死別し、その後も遊び人として名を馳せる男だった。そしてColtonには見向きもしない。
その恋に望みがないと悟ったColtonは、自分の生きる道を馬に見いだす。競争馬の世界に身を投じようと決心するのだった。

Wentworth子爵Sebastianにとって、遊びは遊びでしかない。
二度と身を固めたり、誰かに自分の秘密を話すつもりなどなかった。
彼の秘密は、もし知られたならば、このRegelenceでは致命的となるほどのものであった。
だがガードをつれずに一人で遠乗りに出かけたColtonを追っていった彼は…
.....



J.L.Langleyの人気シリーズ第三弾。
このシリーズは、イギリスの王朝時代のような厳しい貴族のマナーに支配された惑星Regelenceが舞台で、Tounsend王家の王子たち(5人兄弟)が運命の相手と出会っていく、ハーレクイン仕立てになっております。
そこに、Regelenceやほかの惑星を巻き込んだ大きな陰謀が縦糸になって、シリーズ全体をつないでいます。

惑星Regelenceは特殊な社会で、貴族中心の社会であると同時に科学技術が発展しており、貴族には男子のみが生まれ、彼らは生来男性のパートナーを好む。これは強力な軍隊を発展させてきたこの惑星の、軍事面での強化を目的にしたものらしく、この遺伝子関係の技術を狙う一派もいます。
王の子供も当然男子だけ。そして若い貴族の男子はかつての貴族社会での令嬢のごとく丁寧に扱われ、結婚相手を見つけるか、24(この社会での成人)になるまで純血を通さなければならない。どこへ行くにも大人の付き添いが必要になります。

王家の子供たちは大変にはねっかえりが多く、これまでも城の管理コンピューターをハッキングして城から脱走したりしております。
今回はその中でも、物を壊すことにかけては天下一品で、馬を愛しているColtonが主人公。彼は警護隊長が好きだったが、あきらめて自分の人生を築こうとし始める。しかしそこで、物事は思わぬ方向に転がり始めるのです。

「ずっと好きだった」とか「もう二度と恋は」とか、非常にロマンスロマンスしていて楽しい話ですが、今回の白眉は何といってもパパ。王様であり父親であるSteven。
やんちゃで気さくな人ではありましたが、今回はもう一人の主人公といってもいいぐらいの存在感を発揮しています。マッチメーカーとして、子供を愛する男にくっつけようとがんばるパパ。失敗するパパ。へこむパパ。
いやあかわいいです。
その暴走しがちな気質をよくわかっていて、さりげなくとめようとしたりサポートする配偶者のRaleighもかわいい(この人たちの出会いの話もそのうち読みたいもんです)。この二人の子供だからこそ、Townsendの兄弟はあれだけ不屈で頑固でやんちゃなのでしょう。

ColtonとSebastianの恋愛模様に、Coltonを狙う陰謀なども絡めつつ、さらにもっと大きな謀略も進みつつあり、ドラマティックに一気に読める話です。
馬に対するColtonの愛情もよくつたわってきて、後半を一気に盛り上げます。
私の好きなPaytonとSimonが名前だけの登場だったのが残念だけど、別の惑星にいるので仕方ない。
次の話の主人公ははRexley(長兄)か、末のTarrenか…Tarrenはまだ幼すぎる気がするんだけど、いくつだろう。楽しみ。

設定が独特なので、1、2を読んでからの方がいいです。Sebastianの秘密、というのはその独特のRegelenceの社会の中での大きなタブーなので、そこのところを飲み込んでないとちょっとあっけなく感じるかも。
キャラが生き生きとして愛らしく、読んでいるとほほえましい気分になります。「フルネーム」のほかに「家名(ナントカ伯爵、とか)」が入り乱れるのでうっかりしてると誰が誰か見失うこともありますが、目が慣れればメインキャラは楽に追えます。

★正当派ロマンス
★馬(かわいい)

A.J.'s Angel
L.A.Witt
A,J,'s Angel★★ summary:
タトゥアーティストSebastian Wakefieldは、店に客が入ってきた時、まさかそこにLuke Emersomの顔を見るとは思いもしなかった。

4年前、浮気を繰り返して彼を傷つけた恋人を。
4年前、彼を捨てて去った男を。

Lukeは彼にタトゥを入れてほしいという。あれほど痛みに弱かった男が? 誰のためにタトゥーを?
そして何故今になって、彼に頼みに来たのだ?
タトゥアーティストならほかにもいる。

そして、Lukeが腕に鎮魂の天使のタトゥを入れてまで思い出を忍びたい相手とは誰だろう。
A.J.とは、一体何者なのだろう?
.....



タトゥものって、どうして洋物だと萌えるのか。何かの脳内フィルターと関係がありそうだと思いつつ、今回はがっつりタトゥがテーマのお話。
昔自分を捨ててった男が4年もたって、のこのこやってきたと思ったらどの面下げてタトゥを入れろとか言いやがる! でもお客様は神様だし! やめた筈の煙草が吸いたくてたまらん、あいつのせいだろ!
とまあ、そんな感じの話です。

L.A.Wittは緻密な感情の交錯を書かせたら非常にうまい作家で、今回もヒリヒリするような過去の痛みと、今現在Sebastianの感じている苛立ち、憎しみ、そしてそれだけでは捨てられない欲望、もしかしたら愛情を、鮮やかに描き出しています。相手と揉めているというよりも一人で自分と揉めてる感じですが、そこがまた何だかどうしようもなくて読ませる。
そしてタトゥですよ。タトゥアーティストというのは初めてじゃないかな。タトゥを入れるシーンもちゃんと描かれています。相手の肌にふれて、永久に残る何かをそこに刻むというのは、とんでもなくロマンティックですよね。
しかもそのタトゥは鎮魂の天使で、Lukeが死んだ誰かのためにそれを入れようとしているのだと、Sebastianにはわかる。イニシャルはA.J.。タトゥを入れながら、二人きりなのに、そこにはもう一人、A.J.の存在がはっきりと映っている。Sebastianはそれが誰の名か知りたくてたまらないが、Lukeは口を閉ざしている。
いや、いいシチュです。

二人の間の緊張感、そしてお互いに惹かれてしまう磁力の強さが読みどころ。再会物好きならなかなかツボをはずさずにおいしい感じ。
4年前、Sebastianを裏切ったLukeがどう変わったのか、がはっきり事実として見えてこなかったのが勿体なかったかな。反省しているのもその事情もわかるんですが、具体的なエピソードがあればもっと展開が際だったように思う。
でも濃厚な感情交錯をおいしくいただきました。

3万語をちょっとこえたぐらいの中編なので、わりとさっぱり読めます。気軽な長さで濃密な感情のぶつけ合いと、ホットなエロが読みたい人におすすめ。そして勿論、タトゥじゃ!という人にも。

★タトゥ
★元彼との再会

というわけで、今週「Fair Game」(Josh Lanyon)と「Catch me if you can」(L.B.Gregg)の翻訳版が発売になります〜。
邦題は「フェアゲーム」(そのまま)と「恋のしっぽをつかまえて」。結構厚めなんですが、内容ずっしりですのでよろしくお願いします。次はちょっと事情があって間があきそうですが、少なくとも数冊の展開は予定してます。そこから先はまだわからない!
FairGame_Cover.jpgCatchMe_cover.jpg


画像貼ってみました。素敵です。

それでですね、読んで面白かったら、是非ともAmazonにレビュー書いていただけるとありがたいです。(無理にじゃないですよ!w)
新しいジャンルなので、様子見やレビュー待ちの人が結構いるんじゃないかと。
もし読んで、楽しかったな、誰かに伝えたいなあという気持ちになったら、ちょいっとお時間取っていただけると本当にありがたいです。

Breathe
Sloan Parker
SP_Breathe_coverlg.jpg★★★ summary:
Lincoln MacCawには差出人不明の手紙が届いていた。憎しみに満ちた手紙。
__刑務所はさぞや平和だったことだろう。もうそうはいかない。

送り主の見当はついていた。そして、Lincolnには相手を責める気にはなれなかった。
彼がひき殺した女性の夫を。

Jay Millerは息が詰まるような日々を送っていた。
悲しみと憎しみで押しつぶされる。それも、彼のものではない悲しみと憎しみに。
あまりにも周囲の悲嘆が大きくて、彼自身は今でも、死んだ妻を悼むことすらできない。
そんなある日、彼は自分よりも重いものを背負っているような一人の男と出会う。

二人の男の偶然の出会い。
それは新たな憎しみへの道なのか、彼らがたどらなければならない許しへの道なのか…
.....



Lincolnはプロのレースドライバーでしたが、女性をはねて殺してしまい、刑務所に6ヶ月入ります。その罪を背負っていかなければならないと知りながら、それでも彼はまた元の町へ戻る。
そこに妹が、小さな子供をかかえて必死で生きているからです。彼女を決して見捨ててはいけない。そのためなら彼は、人殺しだという白い目にも、脅迫の手紙にも耐えようとしている。

Jayは、最愛の妻を失う。
ですが自分の家族と妻の家族の憤怒、加害者への憎しみの凄まじさに、彼の気持ちは行きどころがない。
彼はただ妻を、妻の不在を悼み、悲しみたいだけ。
憂鬱な気持ちでバーに行ったJayは、そこで打ちひしがれている一人の男と出会って、その痛みに強く惹かれます。
そうして、交通事故の加害者と、被害者の夫は出会ってしまう。

最初はてっきり、JayがLincolnを許すまでの話かなと思ったんですが、Jayはもう、怒りを抱えてはいない。彼はただ、妻のことをちゃんと悲しみたい。遺族たちはLincolnに怒りを向けるだけで、死んだ妻の名前も呼べない。
Jayが、妻の名を呼んで妻の話をできる相手は、加害者のLincolnだけなのです。

二人は出会い、まずいと思いながら互いに落ちていく。Lincolnは自分は許されるべきでないと思っているし、JayはLincolnの存在が知られたら、家族が何を言い出すかわからなくて悩んでいる。
でも、彼らは幾度もぶつかりあいながら、幾度も相手に戻っていくのです。
この葛藤部分がよく書けていて、二人が痛みを乗り越えられればいいと、読みながらはらはらします。でも未来のない感じがつらい。
時にぶつかりあう気持ちは、互いに対する刃となる。

脅迫状は、Jayの送ったものではありません。でも誰が送ったのかわからないし、Lincolnの中にはJayを疑う気持ちもある。
Jayは、自分の家族が脅迫状の主ではないかと思うと、つきつめるのが怖い。
そんな二人の迷いをよそに、脅迫はエスカレートしていき、妹を巻き込み始めた時、ついにLincolnは耐えるのをやめる。

二人の感情だけでなく、周囲の人間の感情も濃密に描き出されていて、痛みが鮮やかです。
特に、痛みにとらわれて憎しみを吐き出し続ける家族と、彼らに押しつぶされそうなJayの対比は凄い。悲しみが、人から何を奪い、がんじがらめにするのか。飲み込まれまいとするJayの、静かな強さも段々と見えてきます。
死んだ妻の姿も、Jayの記憶を通して描き出されていますが、とても魅力的な女性で、物語に厚みを与えています。

とても骨太で、読みごたえのある話でした。
この作家はもう一冊読んだんですが、やっぱりおもしろかった。感情表現がうまい作家なので要注目です。
しっとりと、喪失の痛みや罪悪感の物語に浸ってみたい人に。結構ぐいぐいきます。

★罪悪感
★事故

記事内のタイトルリンクを押したけど駄目じゃん!ということは結構あるんじゃないかと思います。
リンク切れにはいくつかのパターンがあります。

・書店の仕様変更、アドレス移転
・売る書店が変更になった
・作者が本を引き上げた


さて、書店の仕様変更はもう、LooseIDさんが…先日移転もされておりました。これを最後にしてほしいです。
「売る書店の変更」と「作者が本を引き上げた」はケースが似ていまして、ebookは大半が契約期間を決めて売られるのですね。それが切れた時、作者側が本を引き上げて、別の書店に出すことがあります。この時、オリジナルのままのこともあれば、改定されることもある。
契約期間が切れた時、書店の側が継続販売を断る場合もあります。こんな時、作者はやはり版権を引き上げて、ほかの書店に売り込むこともあれば、黙ってしまっておいたり、いきなり無料で公開することもある。
あと「貼りミス」もありますが、確認はしているので、多分あんまりないと思う…

●リンク切れの時の対処

・メールフォームからブログ主にお知らせ
 してもらえれば、時間のある時に対処します。
 待てないよ、という人は以下のふたつにトライ。あるいはお知らせしつつ、下の方法でも。

・Amazonで検索
 わりとそれで見つかります。多分。

・Googleで検索
 タイトルと作者名をセットにして検索すれば大体出てきます。

というわけで、最近リンク切れが増えている予感があるので(好き作家が結構出版社乗り換えてるからさ…)、しょぼいですが対処法を書いておきました。何かの参考になれば幸いです。

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

01 | 2013/02 [GO]| 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。