Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

[カテゴリ]★★ の記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vanished
Carter Quinn
Vanished.jpg★★☆ summary:
HenryはTomと結婚してもう20年になる。二人は9歳だった少年を見つけて養子にし、血を分けた我が子のように可愛がった。息子のCJはもう大学へ行き、HenryとTomは幸せに暮らしていた。
だがある朝、目覚めたHenryはTomの姿がないのに気づく。仕事ですれ違いかと思ったが、いつまで経ってもTomは帰ってこない。
異常を感じたHenryはTomを探し始める。
しかし、友人たちは皆非協力的で、Henryをののしる者までいるのだった。
一体、何が起こっているのだろう?
.....


全三巻。
ミステリ仕立ての三部作になっていて、2からのレビューを書くとその時点で前の巻のネタバレになるという素晴らしく困った仕掛けがあるので、ここで3までのレビューをまとめて書きますよ(ネタバレできないのでそこは遠回しに…)!

主人公は熟年カップル。の、片方。理性的でやや考えすぎる気配もあるHenry。
目を覚ましたら愛する夫がいきなり消えていてわけのわからない彼は、追憶を抱きしめるようにしながら必死に夫を探そうとするけれども、なぜか友人たちの誰からも拒否され、罵倒され、憐れまれ、嫌がられる。
なんでだ!

まあ途中で「これやばい物件か…」と薄々読んでいる方も気がつき始めますが、うまいことちょこちょこと愛を感じる回想が入ってくるので、ハッピーエンド頼む!という気持ちもあって結構手に汗握ります。

で…先が書けないんですけど、1巻、「ああやっぱり」と見抜けた感を味わった瞬間、ラストでどん!と展開がひっくり返されます。2巻も同じく。それぞれの巻で伏線を回収しつつしっかりクリフハンガー!を味わわせてくれます。なかなか舌を巻くうまさ。
途中にいい感じに周囲の人間関係も織り交ぜてきていて、当人のロマンスは少なめですが、そこそこ甘い雰囲気はあります。特に2巻以降。そのあたりもスリリング。

クリフハンガー感を味わいたい人、よくできたドラマみたいな展開を読みたい時にぜひおすすめ。おもしろかったです。

★謎の失踪
★ストーカー

スポンサーサイト

Rescued
Felice Stevens
Rescued.jpg★★☆ summary:
Ryder Danielsは心に傷をかかえていた。
愛したはずの男は、彼よりも、ドラッグを選んだ。
今のRyderにとって、弁護士として関わる闘犬の保護活動と、弟の存在だけが支えであった。

だが母親は、Ryderがゲイであることを憎み、Ryderが弟に会うのを許そうとしない。
残ったものは仕事だけであった。

Jason Malloryはもう何年も付き合ってきた女の恋人にうんざりしていた。結婚するか別れるか、と迫られた時、Jasonは初めて自分が彼女を愛していないことに気づく。
別れてさっぱりしたJasonは、しばらく恋などするつもりはなかった。仕事だけで充分だ。
だがある日、工事現場に残されていた傷ついた闘犬たちを保護グループに通報した彼は、応じて駆けつけてきた男に目を奪われていた。

Jasonは一匹の犬の里親となり、それをきっかけにして、彼とRyderは心を許し合った親友になっていく。
親友以上のものになれるはずがないと、Ryderは知っていた。ストレートの男に恋をして何になる?
だがある夜、Jasonは自分がRyderに対して欲望を持っていることに気づき……
.....



犬(ピットブル)の保護活動をしている弁護士と、建設会社の社長(ストレート)の男の話。
カプだけでなく周囲のキャラの感情もよく書かれていて、それぞれの大きな人生の転機をうまく描き出した話です。

闘犬はもちろん違法なんですが、やはり地下で行われているという話は聞いたことがある。また闘犬に使われやすいピットブルは人気の犬種な一方、大きくなると持て余して捨てる飼い主も多いのです。そうすると野良になり、中には人間に対して凶暴になる犬もいる。
そんな、見捨てられた犬たちを保護するのがRyanの属するボランティア組織。Ryan自身も里親のひとりです。

Jasonも、自分の建築現場にいた犬の一頭を飼うことになり、「犬同士がとりもつ縁」で二人の距離が近づいていく。犬かわいいし、犬にめろめろな男たちはいいね!
Ryderは前の男との別れ方がよくなかったので、恋に対しては及び腰です。誰かをまた信じる気にはなれない。犬は裏切らないから、と犬に愛情を注いでいるふしもある。
だからJasonと恋(のようなもの)が芽生えはじめても、どこか信じきれない。ストレートだと思って生きてきたJasonが、家族に、兄弟に、社員に、社会に対して自分の恋人は男だと言えるのか、認められるのか。そしてそれを、Jasonの家族は受け入れてくれるだろうか?

ゲイ×ストレート話のお楽しみ、「カミングアウト」は今回もドラマティックで盛り上がります。でもJasonはいい男だからな!新しい経験にちょっとうろたえたりしつつも、何が自分にとって大事なのかを見失うような男ではない。
だからといって、すべてがうまくいくわけでもないですが。でもこの二人なら乗り越えられそうな雰囲気が話全体に漂っていて、ちゃんといい感じに「大人の恋」なお話です。

Ryderが愛する、でも母から会うことを禁じられた弟との仲も、ちゃんとJasonが取り持ってやる。この「お前の問題は丸ごと俺の問題だ」という包容力というか、地にどっしりと足がついている感じが読んでいて安心できます。
この作家さんは去年デビューなのかな?なんだか新しい人らしいのですが、キャラクターが愛情深くて、ちょっとほっこりしていて、この先も期待大。
大人の、ほろ苦いけれども甘い恋物語(犬つき)を読みたい時に。


★闘犬
★ストレート

Fish and Ghosts
Rhys Ford
FishandGhostsLG.jpg★★ summary:
Hellsingerシリーズ1。

Hoxne Grangeホテル、それは叔父がTristanに残してくれた遺産だった。
何故叔父が、その財産をTristanにだけ残したのかは親戚の間でもさまざまな憶測と、非難を呼んでいた。ある者は不公平だと言い、あるものはTristanを狂人だと言う。
Tristanはそのホテルを「幽霊たちが泊まりにくるところ」と主張していた。

Wolfは超自然現象を研究し、時にでっちあげの幽霊話の正体を暴いてきた。
今回はTristanの親戚に雇われ、幽霊たちの存在を、あるいは非実在を、証明しにホテルへと向かう。

嘘つきだ、とWolfに言われたTristanは刺々しく彼らに対応する。
人がどう思うかなどどうでもいい。Tristanの望みは、幽霊たちを迎え、送り出すことだけだ。
だが、すべてはひとつの指輪から崩れていく…
.....



幽霊ホテルのオーナーと、超自然現象の研究者(っていうか、イカサマ暴いて回ってる感じ?)のお話。シリーズものの1冊目。
舞台は昔のお屋敷、今はホテル。オーナーのTristanはそこを「幽霊が、最後の三日間だけ泊まるところ」と主張している。その3日が過ぎると、皆、どこかへ行く。
あの世かどうか、そこまではTristanにはわからない。
「幽霊も魚も三日たつと古くなるから」と言っているのがかわいい。

そんなホテルに「幽霊がいるかどうか観測します」とWolfたちが乗りこんでくる。彼らは、Tristanが「正気じゃない」と証明して財産を取り上げたい親戚に雇われているので、実質、敵だな。
Wolfは「客観的に検証する」と言い、いろいろな機器での観測を開始しますが、彼自身はきわめて偏見の塊という感じがします。Tristanを嘘つき呼ばわりしてるし、まったく信じようともしていない。
研究者とか名乗るわりに、そこのところがかなり引っかかったのですが、あとからわかるWolfの家庭事情からして無理もないのかなあ。わりと屈折しているぞ、Wolf。そしてその屈折ぶりを複雑な形でTristanに向けているのだと思う。

あちこちどうも話に「つっこみどころ」があって、最初はマイナス面にとらえていたんですけど、途中から「これはそういう話だ」と思って読んだら楽しかったです。しっとりした幽霊ホテルの話じゃなくて、ドタバタ系ゴーストバスターズなんだな!もうみんなドジというか考えなし。Tristanくらいでしょう、致命的なミスをしてないの。
そこで「貴様ら専門家だろ!」とマイナス点つけてると評価低くなりますが、この話はきっとギャグっぽいテンションで読むのが正しいんじゃないかなと…まあ、文章からそういう雰囲気がいまいち感じられなかったので自信はないんですが、ドタバタ系に分類すると楽しい。そのわりにキャラがちょっと重いので、そのあたりの調和は続編に期待かな。

うっかりと、連続殺人鬼の幽霊を呼び覚ましてしまった皆は、大ピンチ!
一方、その間にもしっかりと恋に落ちていくTristanとWolf。「そんな場合じゃねえだろ」ってシーンもありますが、そこはテンション軽く楽しむべし。この二人の組み合わせはめっちゃかわいい。なんかどっちもどこかしらピュアなところがあって、一緒にいると生き生きしているのがいい。一人でいるより二人でいる方が似合うカプです。
後半に出てくるWolfのママが強烈で、幽霊退治のあたりはもうしっちゃかめっちゃかで愉快。もー色々つっこみたい!

幽霊ホテルとか、ドタバタ系ゴーストバスターズとか、そういう軽いパラノーマルが読みたい人に。
続編も出てます。読むぞー。
でも表紙ほどTristanはオタクっぽくないと思うよ!

★幽霊ホテル
★ゴーストバスターズ

The Royal Street Heist
Scotty Cade
RoyalStreetHeist.jpg★★ summary:
南北戦争時代の高価な絵画が二枚、美術館から盗まれる。
そして、後には死体が転がっていた。

ニューオーリンズ警察の班長Montgomery "Beau" Bissoneは、その事件の捜査にとりかかる。
そこに現れたのが保険会社ロイズから派遣されてきたTollison Cruzだった。

捜査に口出しされるのを嫌うBeauはCruzに冷たくあたる。だがCruzが美術品業界に精通していることは間違いなく、二人は失われた絵の手がかりを追って、美術館を運営する一家の周囲を調べていくのだが…
.....



強面の腕利刑事と、保険調査員の顔をした過去のある男のお話。

刑事のBeauは、実はまっすぐでいい奴なんですが、とある刑事と恋仲になって同棲した挙句、浮気されて別れ、その傷心から立ち直ってない。しかも悪いことに、その相手と同じ現場で働かなければなりません。毎日気まずいなんてもんじゃない。
そんなわけで、どんどん冷たく、どんどん厳しく剣呑な男になっています。

そこに颯爽と現れた保険調査員。当然のようにBeauはこの男の口出しが気に入らないし、相手のCruzはBeauの見下したような態度が気に入らない。
いいですねえ。二人の男がツノ付き合わせて捜査。私の大好物です。
ことあるごとに文句を言い、ことあるごとに反感を抱いて、それでも感情的に二人は段々と近づいていくのです。嫌いな相手のことって四六時中考えてしまうからね。何かと気になるからね。
恋とよく似てるよね!っていうか恋じゃねえか、それ。

そのあたりの反発の感じはよく書かれていて、とてもおいしい。
あとBeauの、過去の恋へのあれこれがグダグダ並ぶのですが、ここも真面目で誠実なBeauの性格がにじみ出ていてよかった。彼は決してパートナーを裏切るタイプではないから、裏切った相手を許すことができない。どんなにその相手が後悔していても、その傷を忘れられない。誠実だけど、その誠実さが今は彼を不幸にしている。でももしパートナーが裏切ったのだとしても、関係の破綻は片方だけの責任なのだろうか?

BeauとCruzは反目の挙句、案の定、なんだか勢いあまってベッドインしますが、簡単にはうまくいかない。
実はCruzには、美術品窃盗の過去があった。今回あまりにも都合よく彼が美術品盗難の現場に現れたのは、偶然なのか、それとも保険調査員の顔こそが偽物なのか。

Cruzとの関係が深まるにつれ、Beauが過去の傷と向き合い、その痛みを手放していく経過がひとつ物語の大きなターニングポイントを作っています。そのあたりも楽しみながら読むと話がちょっと広がる感じ。

捜査の展開も無理がなくて、おもしろかった。
あとは少し、第三者の視点が入ってくるバランスが気になったかな。それとBeauがもう少しCruzの過去に悩んだりしてもいいんじゃないか、あいつ真面目だしさー、もっと良心の問題を問うてもいいと思うよ!とかその辺、私の好みとしてはもう一歩つっこんでほしかった。つっこんだらおいしかっただろうに!
お洒落というか薄味というか、好みで分かれるところかもしれません。でも全体にこなれていて読みやすかったし、楽しかったので、シリーズの次の話も楽しみにしてます。あとこの作家さんのほかの本もちょっと読んでみよう。

真面目で強面の刑事と美形の有能保険調査員の恋、という言葉でときめく人におすすめ。

★美術品盗難
★過去のある男

Listening To Dust
Brandon Shire
listening to dust★★☆ summary:
Stephenは傷心からフランスに逃げ帰っていた自分をふるいたたせ、アメリカへとやってきた。
ロンドンで出会い、愛した男を自分の元へ連れ帰るために。

Dustinは振り払えない影を背負っていて、自分がゲイだとも認めていない男だった。彼とStephenはロンドンで出会い、Dustinは激しい憎しみをStephenにぶつけるが、二人は恋に落ちていく。
だが結局Dustinはアメリカへと戻っていったのだった。
知的障害のある弟を、暴力的な父親のところに残しておくわけにはいかずに。

だがやっとStephenが町にたどりついた時、すでに悲劇は起こっており…
.....


出口のない物語。

ネタバレになってしまうのであまり詳しいあらすじは書けないのですが、ストーリーはDustinの弟のRobbieが語るシーンから始まる。
とても無邪気な、愛らしい口調で話す彼ですが、その言葉遣いも理屈もまるで子供のもので、読み手は段々と違和感を覚えていきます。あっけらかんと語られるその話が、実はとてつもなく重いものなのではないかと。何か、とりかえしのつかないことが起きてしまったのではないかと。

その重さ、そしてRobbieの明るさとのやりきれない対比が、物語の最後までずっしりとのっかってきます。

もうねえ、切ないっていうか苦しいっていうか、つらい。
途中で「何が」起こったのかは大体わかるのですが、それがもうやりきれない。Dustinたち兄弟が育ってきた背景が切れ切れに語られる中、浮かび上がってくるのはほんとうに悲惨な、傷つけ合うしかなかった人々の物語です。
そんな中、事故でRobbieは知能を損ない、そのことに兄のDustinは責任を感じている。暴力的な父親の元から二人で逃げようとも思ったようですが、Robbieは「パパを置いていくわけにはいかないよ」という。

ほんとにねえ、Robbie、お前は…!
その愛情にあふれた、無邪気で優しい言葉は全編を明るく支えてくれるのだけれども、彼のその愛がなにをもたらしたものか。
そして、Dustinを愛し、ついに迎えにいったStephen。彼の愛が、なにをもたらしたのか。
愛は決して、明るい運命へと続くわけではない。愛や情熱は、時にその純粋さゆえに重い鎖となる。

読んでいる間もしみじみ苦しかったんですが、読み終わってからも「もし」や「何故」につきまとわれてしまう話です。
何がDustinたちをそこまで追いつめたのか。出口はどこにもなかったのか。

タフな一冊ですが、悲劇好きならこれは読むといいと思う。この重さと緊張感は読みごたえがあります。
過去と現在の語りに、途中から手紙の中身も織りこまれてきて少しだけ語り口が入り組んでいますが、話全体の流れはわかりやすいので難易度は高くはないです。
Robbieはthemとtheirを間違えたり、areを使うべきところにisを使っていたりと、典型的な子供の語り口をしています。かわいいんだけど、いや、Robbieのことを考えるのもやりきれない。
胸がぎゅっとなるお話でした。この作者の話を読んだのは二冊目ですが、閉塞感に満ちていて、気になる作家さんです。

★切ない
★自己否定

Training Season
Leta Blake
training season★★☆ summary:
Matty Marcusはすべてを犠牲にして──自分のすべてを、そして家族のすべてを──オリンピックの夢にかけてきた。
だがその夢はかなわず、負傷によってフィギュアスケート選手としてのキャリアすら終わりかねないところにいた。

支援者の好意により、Mattyはモンタナの牧場で冬をすごすことになる。だがMatty当人は不満で一杯だった。何故、なにもないモンタナなどに彼が行かねばならないのか。

だが行ってみると意外と居心地がいい。そして、隣の牧場主Rob Lovelyはまさに理想のカウボーイという様子だった。

そう時間のたたないうちに、二人はベッドを共にするようになる。その中でRobはMattyを導き、感情をコントロールしてそこから力を得るすべを教えてくれる。
二人の関係は完璧なものに見えたが、Mattyはたとえ恋のためでもスケートをあきらめることなどできず…
.....



フィギュアスケートもの。
Mattyのキャラに好き嫌いが分かれるかな、と思います。こう、非常に自分中心でひけらかし系で、リップ塗ったらグロス塗らなきゃ!と騒ぐタイプ(文字通り)。
私も最初ちょっと腰が引けたのですが、この作者は筆が巧みで、そのMattyの態度が己の自身の中を隠す鎧であることや、Mattyの奥底に弱さが隠れていることをRobとの関係の中から暴き出していきます。
そうなると、かわいいやつじゃないか。やっぱり服とか化粧に小うるさいのはどうかと思うけど、でもまあ美を競う競技だしな、フィギュア。

Mattyの家族は疲れ切っている。フィギュアはとても金のかかるスポーツで、夢だけでは続けていけないのです。Mattyの親はすべての金や引退後のたくわえを切り崩し、弟たちの大学へ行く金も使い果たしている。
その夢を背負いながら、Mattyは挫折できない。彼はわがままに、一人よがりに夢を追っているように見えますが、実は芯のところで家族の期待を背負って、それに心を折られまいとあんなに生意気な態度で世界へ挑んでいるのではないかと思うのです。ほんとに生意気だけど!
そのあたりを読んでいくとフィギュア好きはなんかそれだけで泣けるぞ!!ほんと!

Robがまた、いい奴。いい奴!彼もまたあきらめてきた夢がある。挫折がある。でもすべてを受け入れる、まさにモンタナの自然のような包容力の深さがあります。
それと同時に彼はセックスに関しては強い支配欲があり、Mattyを甘やかしながらどんどんとセックスの中で新たな主従関係を築いていく。
BDSMシーンはなかなか濃い。普通のマスター/サブともちょっと違いますが、支配の中でMattyを支え、弱さを暴きたてて、解放していく様子はドラマティックです。
プレイも一部マニアックでな。窒息プレイとか、トイレプレイ(軽めです)とかあって、びっくりしたよ正直。

そんなわけで、全体におもしろかったし、Mattyが傷だらけになりながら夢を追っていく様子は痛々しくて本当につらかった。いくつか私の趣味からそれた部分もあるんですが、それがちゃんとこの物語を構成する要素として成り立っているのもわかるので、マイナスがプラスを相殺しない感じの、希有なお話です。
フィギュア好きな人は特に、実にあちこち痛いので、心が元気な時に読むように。オリンピックのシーンとか本当に涙が出たよ。
Mattyの夢はどうなるのか。Robもまた、一度は手放した夢を取り戻せるのか。

ちょっと変わったBDSM好き、生意気な受けがひとつずつ落ちていくような話が好きな人にオススメ。

★フィギュアスケート
★包容×小生意気

The Bucket List
Douglas Black
db_thebucketlist.jpg★★ summary:
Kade Dohertyは恋人にこっぴどく振られ、「お前は退屈だ」と言われる。
それを友人に泣きつきにいったが、そこでも近いことを言われてしまい、己に絶望していた。
そんな彼に、友人が「Bucket List」を押しつけてきた。「死ぬまでにしたいことリスト」だ。そのリストはめちゃくちゃだった。サメと泳ぐとか、スカイダイビングとか……

だがKadeはしぶしぶと、リストをこなしていく。「アジアの食材専門スーパーで買物をする」。
ドキドキしながら店内に入ると、オーストラリア訛りの実にいい男がいた。
そのBlakeは、Kadeを魅力的と感じているようで、Kadeは驚くが、彼もまたBlakeと一緒にいるのが楽しかった。

Blakeは活動的な男で、まさにアウトドアタイプ。そんな彼がKadeの「リスト」を見つけて「こりゃ凄い!」と感心し、Kadeは咄嗟にそのリストを自分が作ったものだと、そしてリストのほとんどをこなしてきたと言ってしまう。
どうしてそんなふりをしたのか。だが、もしKadeが本当はとても退屈な人間なのだと悟ったら、Blakeはもう彼を相手にしてくれないだろう……。
.....



振られた男がもっといい男と出会って人生の楽しみを発見する話。
意外性はあまりありませんが、展開は気持ちがよく、特に途中のアウトドアシーンがとても楽しそう!
さて、Kadeは自分でも「おもしろみのない男」だと自分を思っていますが、それにしても長年の恋人から手ひどく捨てられたのはショックだった。
自信を完全に失った彼は、ある時出会ったBlakeののびのびとした、あけっぴろげに生きているその自由さに惹かれていく。

この「bucket list」というのは前述のように「死ぬまでにしたいことリスト」です。スラングでは「kick the bucket」というと死ぬことで、これは首を吊る時に踏み台にしているバケツを蹴飛ばすところからきているブラックなスラングですが、その派生としてこの手のリストをbucket listと呼ぶようになりました。2007年の映画で有名になったようですね。ネットでもよく見かけるスラングなので、もうすっかり一般化した言葉だと言っていいでしょう。
最近では「死」というイメージはあまりなく、とにかく「一度でいいからこれやってみたいよね」くらいの軽い感じで使われています。

Blakeはアウトドアの指導員で、どうも過去にちょっとした傷のありそうな男です。彼に引きずられるように、Kadeはそれまでやろうと思ったことのないカヌーなど、自然の中に出ていく。自分にできるともやりたいとも思っていなかったけれども、Blakeといると出来そうな気がしてくるし、とても楽しいのです。
Kadeがいわれのない劣等感から解放されていく様子は読んでいてかわいいし、応援したくなります。いちいち自己評価が低くなってしまうKadeは、自分の中で囁く「お前なんか……」という声を振り払いながら、せっせと自然の中へとびこんでいくのです。萌えるというより、「がんばれ!」という気持ちにさせられる。

かわいい話なのですが、いくらか校正が甘くて、キャラ名の逆転などが数ヶ所見られたのが残念かなー。LooseIDは校正ちゃんとしている方だと思ってたんだけど。
それと、Kadeを振った彼氏が嫌な奴すぎる……「元彼が嫌な奴」ってよくあるパターンですが、やりすぎると「何でこんな奴とつき合ってたんだ」という気持ちになるので、さじ加減が難しいところです。まあロマンスの文法的にはまちがってないんだけど、ほんとに、本当に!嫌な男だったよ……

中編くらいでさらっと楽しく読めるので、気軽に楽しみたい時におすすめ。自然もきれいだし、キャラの性格も裏表がなくて(元彼以外は)、ほのぼのしてます。

★したいことリスト
★劣等感

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

03 | 2017/03 [GO]| 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。