Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

[カテゴリ]電子ブックリーダー の記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone向けappStoreで7/3〜5にアップデートされたアプリの中に、壊れてるファイルがまざっている模様で(どうもApple側の問題らしい)、アップデートしてしまうと起動できなくなることがあります。

現在、対策が取られつつありますが、iPhoneやiPodTouchを使ってる人は直近のアプリアップデートはひとまず避けておくのをオススメします。
原文記事はこのへん

ちなみにMacのMacAppStoreでも似た現象があるようなので、やはり様子見をオススメ。
もし引っかかって困ってる人がいたら、アプリ製作者ではなくてAppleのポカなので、製作者には同情してあげましょう。

さて、明日はビッグサイトの「国際電子出版expo」をのぞきに行ってきます。
ひょんなことから招待券をもらったので、何かよくわからんけどうろうろしてこようかと。楽天のKobo来てるかな? メインはNookのままにしても、日本語縦書リーダーとしてKoboを押さえといてもいいなあ。もし来てたら、色々と質問してきたいところです。


★★★Appleが、このアプリの不具合問題は解決したと発表しました★★★
あるサーバーが生成したDRMコードに問題があり、それを使用したアプリで問題が発生したとのことです。

スポンサーサイト

Kindleの新型出ましたね!
ついにハードキーボード排除か。やはり時代の潮流かな? 安い&軽いで、さすがなAmazonの底力。
スペシャルオファー(広告表示つき)だと何と79ドル。すげーなあ。ほぼ5000円じゃないですか。
nookやkoboも追いつけ追いこせでがんばってほしいところです。

さて、とりあえず使ってみた段階での、nook touchの使い方解説や感想。
マニュアルは読んだけど、知らない機能とかまだあるかもしれません。
※公式を中心に写真や画像借りてます。


続き...

届いたnookはこんな感じ。
nook1.jpg


続き...

nookを購入。
今回は、nookが日本に届くまでの話。
転送業者を使いましたが、私自身、使うに当たって色々なブログのレポートを見ながら流れをつかんだので、ちょっと詳しく書いてあります。


続き...

nook simple touch(以下nook touch)を買ってみましたよー。
というわけで、購入から使用まで、レポして行こうと思います。

nook-touch.jpg
これがnook touch。
Barns&Nobleのだしている読書用端末です。


続き...

Microsoft社は、自社の読書プログラムである「Microsoft Reader」の開発終了と、専用フォーマットである「lit」の終了を宣言したそうです。
Microsoft Readerやlitを使ってる人は今となっては少数派ではないかと思いますが、お知らせまで。
私は初期はlitで買ってました(当時、iPodTouchのStanzaと相性が一番よかった)。今はePubだけど。

フォーマットの問題は、紙の本にはない電子書籍特有の問題で、特に日本ではこれをクリアしない限り電子書籍の時代は来ないでしょう。今後の流れとしては、おそらく世界的にはほぼePubが共有規格としてひろまっていくのではないかと思います。
ePub3.0でルビや縦書きなども整備される予定で、多言語化も進んでいます。

しかし日本がこの流れに乗れるかどうかはわかりません。
日本ではシャープなどが独自フォーマットを持っていて、日本メーカー開発だけあって組版的に優れた点も多々ありますが、なんせ囲い込みのフォーマットと言うのは弊害がでかい。シャープ以外のリーダーで読めないとか。(そのフォーマットのファイルを作るアプリがバカ高いとか…)
問題をクリアすべく、日本では国策として「中間フォーマットづくり」の会議をやってはいるのですが(フォーマットとフォーマットの橋渡しとなるようなものを作るらしい?)、この会議も事業仕分けの対象にされまして、なかなか難儀しています。どうなるかなー。どっちにしても、あと2年くらいで流れが決まるでしょうね。

Ruby ReaderはiPhoneやiPodTouch用のアプリ。
こないだ発売されてからずっと気になってるのですが、まだ買ってません。英文の上に、レベルに合わせて(難易度設定は自分でできる)ルビを出してくれるアプリなのです。
期間限定50%オフで、1200円が600円になってます。

アプリのリンクはここ
公式サイトはここ。アプリの内容を知りたいならこっちのがわかりやすい。

むしろブラウザで色々読む人向けっぽいので、オフラインで小説を読む時にどんなふうにどのくらい使えるのかなあ、というのが悩ましい点なのですが。
細かく読み解きたいシーンだけクリップして、こっちのアプリに持ち込むとかかなあ。Stanzaから呼べたら最高なんだけど無理だろうしなー。半額だし買ってためしてみるかなあ。

英文に単語や熟語だけルビ振りするという手法はかつて「ルビ読み」と呼ばれて、英語の名作をルビ読みで出版してるシリーズもありました。英語で読みつつ日本語のフォローが入るので、結構お役立ちです。
ちなみに、「ルビー文庫」と言うシリーズだった筈。ふっ…

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

03 | 2017/03 [GO]| 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。