Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

[カテゴリ]レビュー の記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Slow Road to Hell
Goodreads-icon.pngGrant Atherton

slow road to hell★★★ summary:
犯罪心理学者Michael MacGregorは、長く会っていない父親の様子を見に帰り、変わり果てた父の姿を発見する。父は死んでいた。
司祭の父親とはかつて縁を切り、それからMichaelはずっと過去と向き合おうとしてこなかった。
だがその過去が今、目の前にあらわれようとしている。Nathan。昔の恋、捨てた筈の思い出。
そのNathanが捜査の指揮を取るという。なんと父の死は殺人事件だったのだ。しかもMichaelはその容疑者。

再会したNathanは昔のことなどなかったかのように、知らない他人に対するような態度でMichaelに接する。
もうなにも取り戻せないのかもしれない。自分に嘘をつき続けてきたMichaelに、それが当然の報いなのかもしれなかった。
.....



作者Grant Athertonさんのデビュー作、のようです。The Slow Road to Hell: A Gay Murder Mystery。これ全部タイトルなのかな。
非常に先が楽しみなミステリ作家さんが出てきたな!というのが感想。

主人公は犯罪心理学者で、人の無意識の動作や表情から嘘を見抜いて犯罪捜査に貢献している。なにやら未解決殺人事件に関するラジオ番組なんかも持っているようで、そこそこ有名人らしい。やや皮肉屋、追いつめられるととりあえず相手を口で攻撃してあとで後悔するタイプ。
洋ドラ好きならなんだかビジュアルが目に浮かんでくるような美味しい設定です。

彼は、少年時代の恋が司祭の父親にばれ、そのまま親子の縁を切ってロンドンへ出ていった。
その時に何も言わずに勝手に別れた相手がNathan、その彼が今回殺人事件の捜査のチーフとしてやってきます。
容疑者と捜査官としての、気まずい再会。これも美味しい!

過去のわだかまりの中、冷たいNathanの態度にMichaelの感情はかき乱され、しかもマスコミが事件を嗅ぎつけて集まってくる。殺人事件と関係のないMichaelのプライベートも彼らの手によって暴露されてしまう。
人生の苦さが漂い、捜査もかなり丁寧に描かれていて、読みごたえがあります。閉鎖的というほどに狭い町ではないようだけれども、そこそこ誰もが誰もを知っている距離感の近さがあって、そんな中での殺人がまた次の殺人を呼んでいく。なんのための殺人なのか。Nathanが思っているように、Michaelが帰ってきたことが何かのきっかけになったのか?

欲を言えば後半、もうひとつ話にひねりがあれば理想的だったんだけれども、前半あまりに私好みの話の進み方だったから気持ちのハードルが上がってしまったのかもしれない。うむ。キャラの微妙なひねくれかたなども読んでいてとても楽しかった。
余韻を残した終わり方が気になるんだけど、シリーズ物になるのかな?それなら楽しみだ!

ミステリ好き、勢いにまかせない再会ものが好きなら絶対楽しいおすすめの一冊。

★再会
★容疑者と捜査官

スポンサーサイト

Before You Break
Goodreads-icon.png K.C. Wells, Parker Williams

BeforeYouBreak.jpg★★★ summary:
ロンドン警察の銃器専門班のメンバー、WayneとEllisは無二の親友であった。
ある日、WayneはEllisの変化に気付く。苛々し、眠れていない様子で、作戦中に判断ミスをする。
これ以上ほうっておけないと判断したWayneは、Ellisをロンドンにできる新しいBDSMクラブのオープニングパーティに招く。

ゲイでもないしBDSMにも興味はないんだ、と言い訳しながら、Ellisは初めてこの親友のDomとしての一面を見る。BDSMという新たな世界を。
そしてWayneは、Ellisにひとつ契約を申し出るのだった。自分のSubにならないかと。
Ellisが人生を立て直すには、それしかないと。
本当に?
.....


Secretsシリーズの1。
親友、BDSM、契約、と心ときめくワードがあるお話です。
珍しいのはこの二人に恋愛関係や肉体関係が(少なくとも契約の時点では)ないこと。Wayneはゲイだということを隠していないし、Ellisとそうなれたらなーと思ってますが、そのために自分のSubになれと言い出したわけじゃない。
彼はただ、親友の人生を救いたい。大好きなEllisが人生の足を踏み外しつつあることに気付き、そしてこの強情な親友を救うには彼をDomとして支配するしかないと思っている。
それが本当かどうかはともかく、Wayneがそれを信じているのはたしかで、クラブのオーナーの片方が言ったように「Domは何でも治したがる」というDomの生態のような気もします。

そんなわけで、彼らはBDSM契約を結ぶ。契約書が細かい細かい。何に同意し、行為の中でどこまで許せるか。一項目ずつ検討し、確認していく。えらいぞBDSM界。非常にホワイト。
でもセックスは契約の中には入らない。WayneはそれをEllisに強いるつもりはない。おしおきにひっぱたくのはいいとして。
Domも大変だな…

Ellisの中には根深い自分への不信感や、植え付けられてきた家族への義務感がある。
歪んだ価値観を、Wayneは断ち切ろうとするし、Ellisはもちろんそれに反発しながら、それでもDomに仕え、支えられていくことの悦びを知っていく。
でもへらず口を叩き、Domへのリスペクトには欠けているけどね!そんなEllisと一緒に、WayneもまたDomとして学んでいきます。
だがそんな時、Ellisに事件が起きる。二人の関係を決定的に壊しかねない物事が。のりこえられるのか、そしてEllisは本当にWayneにたよることができるのか。

二人の関係性やDomとSubの意味にかなりしっかりフォーカスが当てられているので、BDSM初心者にもたいへんオススメの一冊です。Ellisの「それなに?なんで?」が色々な疑問を解いてくれそう。
BDSMは人を救えるか。誰かのSubであるというのは人に従いつづけることを意味するのか?
クラブのほうにはまた別の人間関係があって、この本だけ読むと少しついていきにくいんだけど(本筋には関係ないレベル)、これは多分Collars and Cuffsのシリーズの人たちではないかな。こっちも読めばたぶん一粒で二度美味しい。そのうち読むー

人間関係重視のBDSMを読みたい人、口の減らない生意気Subにときめく人におすすめ。

★親友
★BDSM

The Layover
Goodreads-icon.pngRoe Horvat

layover.jpg★★☆ summary:
8年前、Ondro Smrekは決してゲイと公表できない故国スロバキアを逃げるように去り、スチュワードとして世界中を旅してきた。
だがうつろな心をかかえたまま、彼は選挙結果次第ではゲイが激しく弾圧されそうな状態の故国へ帰ることにする。

理想などではない。ただ後悔があるだけだ。

乗り継ぎのスイスの空港で、飛行機が遅れてホテルに滞在になった夜、彼はやはり飛行機待ちのJamieという若いアメリカ人と出会う。純粋で脆さを漂わせる彼にOndroは強く惹かれるが、どうせ一夜しかない関係だ。
その筈だった。
.....



作者さんはチェコスロバキアで生まれ、それがチェコ共和国となったのちにそこを去って、ドイツとスペインに住んだ後スウェーデンに住んでいるそうで、その視点が色濃く投影された中編だと思います。
結構評価に悩むところがあるお話で、それはもう読んだ時の気分次第かもしれない。始めのうちの、空港での最終便逃しから相手の存在に気づくあたりなんかはちょっとリズム悪いかなと思うんですが、後半のOndroの気持ちやどうしてスロバキアに帰るのかの本音がむき出しになっていくあたりはひりひりしていて読みごたえがあります。

そしてなにより、普段アメリカやせいぜいイギリス辺りの話を読むことが多いので、スロバキアという正直なじみの薄い国の事情を読むのは非常に新鮮だった。開かれていない国、宗教というものの存在が濃密で閉鎖的。その息苦しさが、逃げ出したOndroの視点から密に描き出されていきます。
色んな国でゲイの権利が確立され(少なくとも制度の上では)ていく今、それでも世界のすべてがそういう場所ではない、ゲイとして生まれたこと自体が呪いのように人生を支配してしまう場所がたくさんあるのだということは、こうして物語として読むと余計に鮮烈に染み込んでくる気がします。
そして、それこそが物語という形のもつひとつのパワーなのではないかと。人に違う世界の見方を分けてくれる。この話は、たしかにそういう話でした。

痛みや閉塞感を出しつつも、全体には希望のある話です。
タイトルのLayoverという言葉は「乗り継ぎ」とか「乗りかえ」という意味ですが、実際に空港で飛行機便を乗りかえようとしていた二人という以上に、この出会いが彼らにとっての人生の乗り継ぎポイントだったんじゃないかと思います。

一夜の運命の出会い(ちょっとリアルバージョン)ものスキーとか、異国の雰囲気を感じたい人にオススメの一本。
あとみんなOndroの名前が発音できなくて「Andrewでいいよ」と言ってるのに、正しい発音にこだわるJamieがかわゆす。

★帰郷
★一夜の関係

Runner
Parker Williams
runner.jpg★★☆ summary:
Matt Bowersの人生は16歳の時に崩壊した。それ以来、人を信頼することも近づけることもできずに、彼はひとりきりで屋敷の中に住んでいる。家族すら寄せ付けず。
彼だけの世界、すべてのものがあるべきところにある世界。

だがそんな時、一人の男が彼の敷地近くまで毎日ジョギングしてくるようになり、Mattはパニックに陥る。
弟の保安官にどうにかしてくれと電話で泣きつくが、相手がなにもしてこない以上無理だとはねつけられる。ただひとつ、Mattが外に出てその男の名前を聞けたなら、打つ手を考えてもいいと。

日常。世界。注意深く築き上げてきた彼の世界。
ジョギングランナーはそれをおびやかす存在なのか、それとも……
.....



トラウマもの、引きこもり主人公。
この手の話はそこそこ成り行きが読めたりするんですが、ある意味で「予想外」な話でもありました。

Mattは彼の世界に入ってきた一人のランナー、Charlieに惹かれていきます。彼のそばにいると怯えずにすむ自分を知って、驚きながらも少しずつ心を開くようになっていく。
Mattは非常にナイーブで、それは16歳の時に人への信頼を打ち砕かれたことからきているのですが、こわれた世界を自分なりに寄せ集め、人から見れば「異常な」世捨て人の生活をしながらも、彼は少しずつ自分を癒してきた。そのたくましさが意外でおもしろい。
人と会いたくないからって野菜を自分で育て、釣りに出かけて魚を釣る。冬の間は雪に閉ざされて雪かきもこない場所で、たくわえた食料でひとり冬をこす。
なかなかたのもしいじゃないか主人公!

一方で、彼は他人という存在にひどく過敏です。16歳の時に起きたことに対して、その後の彼の反応はちょいと行きすぎな感じもあるんですが、たぶんあれは行為そのものよりもその後の他人や家族との食い違いがもたらした自分への拒否感なのだと思う。
家族はMattを支え、「いつか正常に」なる日を待つのだけれど、Mattにとって世界も自分ももう壊れてしまったものであってそれを「いつか正常に」「元通りに」と期待されることは重すぎることだった。
彼にとって必要だったのは「変わってしまった」自分を見て、受け入れてくれる存在だった。それを自分でも気がついていない。まだ。

特に弟Clayとの関係はおもしろい。兄を大事にしているあまりちょっとやりすぎたりもするんだけど、いい弟です。
うまく兄の支えになれなかったかもしれないけれど、彼の存在なくしてMattは世界の存在を感じつづけることはできなかったと思うよ!世界に残してきたもやい綱のような存在でしょう。ブラコンすぎる。

Mattのトラウマ重すぎないかとか甘すぎないかそれでいいのかとかで評価が分かれているみたいなんですが、それはわかるなあ。私も最初そう思いながら読んでいたけど、でもやっぱり壊れた世界を取り戻すっていうのは大変なことなんだと思う。もっとうまくやることはできただろう、でも最善の道なんてその時にはわからない、それも読んでいるうちに感じられたことでした。
なので、個人的にはとても優しくよく描かれた世界だと思うよ!
それはそれとして、金の心配せずにあんな生活できるMatt超うらやましいじゃないか……と少々のやっかみは感じましたけどもな。あれはうらやま。

きつすぎないトラウマもの好きな人なら是非。悪人いないので、色々あるけれども優しい世界です。

★PTSD
★ブラコン

His Royal Secret
Lilah Pace
HisRoyalSecret.jpg★★★ summary:
2012年5月。イギリス王室の王位継承権第一位のJames王子の恋人、Cassandraの火遊びの写真が新聞にすっぱ抜かれる。不実な恋人として世論に叩かれるCassだったが、Jamesにとってはかけがえのない友人で、そしてJamesを守ってくれる存在だった。
ただし、恋人ではない。一度も。これからも。

新聞社勤務のBenは、本来は経済担当だったが同僚の代打でケニヤの北方、王子のサファリ訪問の取材に行く。
部屋でのんびりしていたBenは、土砂降りになった雨の中を走ってくる人影を見て、こっちに来いと怒鳴る。ためらって、それから走りこんできたのは、James王子その人だった。

世界に二人だけしかいないと錯覚するような厚い雨のカーテンの中、二人はお互いの秘密を語り合い、チェスを始める。濃厚に、互いの距離が近づいていくのを感じながら。
二度と会わない筈だった。
もしふたたび、次は新聞記者と王子として出会っても、なにも起こる筈のない二人だった。起きてはならない二人だった。
.....



続編の「His Royal Favorite」と合わせた二冊シリーズ。

王子と新聞記者の恋!って、じつに古典的というか伝統技の感すらありますが、それを真正面から、きわめて現代的なテーマも絡めて書ききったシリーズです。
Jamesはゲイである自分を恥じているわけではない。ただ、自分のカミングアウトは無理だろうとあきらめています。
イギリスの王は英国国教会の首長でもある。その宗教との兼ね合い。国教会が認めてくれなければJamesは王になることはできない。
そして何より、彼には妹のIndigo(あだ名)がいる。繊細な彼女は人前に出るのを極端に恐れ、プレッシャーに負けて自傷行為に走っては自己嫌悪に陥る。Jamesがもし王位の責任を放って逃げれば、次にそれを背負わなければならないのはIndigoだ。そんな真似ができるわけはなかった。
2012年が話の舞台というところも肝で、イギリスで同性婚を認める法案が成立したのは2013年。だから「話は出ているけれどもまだ決まっていない」くらいの頃なんですね。こんな時期に「王子のカミングアウト」というのは政治的な影響を持ちかねない行為でもある。国民の反発も怖い。

そんな微妙なバランスの中で、それでもJamesはBenに惹かれるし、BenもJamesに惹かれます。
Benは非常に独立心が強く、人に縛られることに耐えられない。Jamesとの秘密の関係は、そんな彼には丁度いい筈だった。なにしろBenとのことを知られたくないJamesはBenを独占する権利もなければそんな関係に発展する心配もない。
でも、だんだんとBenの心がとらわれていき、それにBenは自分で反発してしまう。自分という存在を失いたくない。Jamesの添え物にはなりたくない。

様々な政治的要素も取り込みながら、ロマンスとしての骨格は外さず、二人の恋が時に美しく、時に痛々しく描かれています。
Jamesには王位を捨てられない。Benには「王子のパートナー」として自由を失った生活など考えられないし、耐えられない。パパラッチに四六時中追い回され、一挙一動をあらゆる人間に見張られて? それは普通の人間にはできない暮らしです。
なら、恋を捨てるしかないのか。捨てられるのか。

周囲の人々もそれぞれ生き生きと描かれていて、特にIndigoの存在が物語に深みを出していると思う。人の視線が恐ろしく、自傷して長袖やタイツをまとい、公式の場でうっかり挙動不審になれば新聞やネットで「ラリっているか酔っているか」と叩かれる彼女の逃げ場のなさは、現代的な問題の象徴でもある気がします。
Jamesは彼女を守りたい。でも、スキャンダルを恐れて治療を受けさせることすらできない。

皆が、何かをのりこえなければならない。そののりこえる力を描くのも「ロマンス」のひとつの美しさなのだなと、噛みしめることのできた物語でした。
おすすめの一作です。特に身分差好きならたまらないですよ!

★身分違いの恋
★王族(現代)

Carry the Ocean
Heidi Cullinan
CarryTheOcean.jpg★★★ summary:
The Rooseveltシリーズ1。
Jeremeyは高校を卒業したものの、今の望みはただ、大学に入るまでひたすら眠りたいだけ。誰にも気がつかれたくない。誰のことも気が付きたくない。
だがそんな望みは、Emmetと出会った瞬間に消えたのだった。大学で数学とコンピュータサイエンスを専攻するその少年は、頭が回って前向きで、Jeremeyとつきあいたがってて、高機能自閉症だった。

Jeremeyにはそれを気にする余裕はない。自分の気持ちを持て余し、そんな自分を責めていた。
自分と、両親の作った小さな規範の世界から抜け出せずにもがく彼を、Emmetが救い出し、彼らは共同生活を始める。

それぞれに問題をかかえ、葛藤し、二人のどちらにとっても世界は優しい場所ではない。
でもそんな世界でも、幸せに生きる方法はある。きっと。
.....



これジャンル的にはYA(ヤングアダルト:青少年向けの作品。一般に性描写淡し)のようなのですが、正直どこかのカテゴリに入れてしまうのはもったいないパワフルな作品です。
高機能自閉症で、知能は高いが感情の働き方が他人とは違っているEmmetと、鬱病に苦しみ、自分を受け止めることのできないJeremeyの2人の一人称で、物語は進んでいきます。読者はそれぞれの視線を通して世界を再認識することになる。彼らから見える世界、彼らに届く光と闇を通して。非常に挑戦的な、そして高いテクニックを要求される書き方ですが、お見事。
何に彼らが苦しめられているのか、感情を表に吐き出せないEmmetや、自分の感情に圧倒されてその向こうが見えなくなるJeremey、2人の苦しみや葛藤、不安、そして喜びや愛情がはっきりと伝わってくる。

それにしてもEmmetは偉いな!自分の障害を知り、考え、対処し、何か起きればその起因となることをつきとめてあらかじめ対処しようとする。障害を「個性」として生きていく強さがあり、輝きがある。
彼を支える両親も偉い。戦うこと、戦い続けること。それをしっかりと身につけて、Emmetは今度は初めて見つけた恋のために戦おうとするのです。その道は平坦とは言えないけれど。
その愛は、きっとJeremeyと彼の世界を救う。

繊細な、そしてとても豊かな物語です。文中に出てくるタイトルの由来が本当に美しくて、個人的にタイトル大賞をあげたい。
物語にしっかり浸ってみたい時におすすめの一作。

★共同生活
★YA(ヤングアダルト)

In the Middle of Somewhere
Roan Parrish
In-the-MIddle-of-Somewhere.jpg★★★ summary:
Middle of Somewhere1

Danielは理解のない父親と兄たちとの軋轢の中、自力で大学へ、そして大学院へ行き、アメリカ文学を学び、やっとのことで辺鄙な町での教職をつかむ。
決して理想の地でも理想の職でもなかったが、ひとまず次へのステップには充分だ。そう思った。
北ミシガンの、ホリデイという町。

その町で彼が思わぬ出会いをしたのが、朴訥でまっすぐな巨漢のRex。
緊張のあまりあれこれと失礼なことを口走るDanielにひるんだ様子もなく、彼は、Danielが防御としてまとう攻撃性の下を見抜いているようだった。

だが、Danielはいつも自分を自分で守ってきた。父親から。兄から。世界から。
一瞬でも気を緩めれば、必ず悪いことが起きる。必ず、その隙に何かに足をすくわれる。
その恐れのあまり踏み出せない、踏み込ませない自分を、いつか変えられるのだろうか…
.....



かなり読みごたえのある長編で、しかも結構ぐさぐさっとくる感じのお話です。
特にDanielの描写が非常に良くて、彼が身につけてきた攻撃性や、兄たちや父親から受けてきた仕打ちによる自己評価の低さ、世界に自分の居場所などないと感じているような根の深い孤独が、その行動や言葉を通して見えてくる。知識欲を笑われ、質問を笑われ、ゲイであることを憎まれてきた彼にとって、家族も世界も安心できる場所ではない。
ときに、決して「いい人」ではないDanielですが、彼の必死さと誠実さは(それをどこにどう向けたらいいのかわかっていないにしても)伝わってきて、それが話に厚みを与えています。

Rexのほうにも秘密があり、彼なりの深い傷がある。
傷を隠し合う二人は時にどえらくコミュニケーション不足ですが、それにしてもRexはまっすぐでいい男だな!その忍耐と、Danielに根っからぞっこん(まさにぞっこん、て感じ)な気持ちが、どんどんDanielを包み込んでいくのがまさにロマンス。
エロも濃厚で、最近こういう「濃い」ドラマ派みたいな一派が確実に勢力を強めてきている気がするんだけど、その中でもうまい書き手さんだと思う。
特に兄貴のとの軋轢がなー、兄ちゃん本当に痛々しいなっとしみじみしてしまった。

いろんな人間のいろんなドラマが織り込まれていて、一部はまだ解決していないのでこの先でもさらに何か起こるだろうなー。
人間は簡単には変えられない。たとえ恋に落ちても。でも、もしかしたら。
というわけで、ずぶずぶ濃い目に「浸りたい」時におすすめのシリーズ第1作。口の悪い人間がたくさん出てきてはしばしでニヤッとさせられます。
★家族との軋轢
★孤独

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

10 | 2017/11 [GO]| 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。