Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

[タグ]LilahPace の記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

His Royal Secret
Lilah Pace
HisRoyalSecret.jpg★★★ summary:
2012年5月。イギリス王室の王位継承権第一位のJames王子の恋人、Cassandraの火遊びの写真が新聞にすっぱ抜かれる。不実な恋人として世論に叩かれるCassだったが、Jamesにとってはかけがえのない友人で、そしてJamesを守ってくれる存在だった。
ただし、恋人ではない。一度も。これからも。

新聞社勤務のBenは、本来は経済担当だったが同僚の代打でケニヤの北方、王子のサファリ訪問の取材に行く。
部屋でのんびりしていたBenは、土砂降りになった雨の中を走ってくる人影を見て、こっちに来いと怒鳴る。ためらって、それから走りこんできたのは、James王子その人だった。

世界に二人だけしかいないと錯覚するような厚い雨のカーテンの中、二人はお互いの秘密を語り合い、チェスを始める。濃厚に、互いの距離が近づいていくのを感じながら。
二度と会わない筈だった。
もしふたたび、次は新聞記者と王子として出会っても、なにも起こる筈のない二人だった。起きてはならない二人だった。
.....



続編の「His Royal Favorite」と合わせた二冊シリーズ。

王子と新聞記者の恋!って、じつに古典的というか伝統技の感すらありますが、それを真正面から、きわめて現代的なテーマも絡めて書ききったシリーズです。
Jamesはゲイである自分を恥じているわけではない。ただ、自分のカミングアウトは無理だろうとあきらめています。
イギリスの王は英国国教会の首長でもある。その宗教との兼ね合い。国教会が認めてくれなければJamesは王になることはできない。
そして何より、彼には妹のIndigo(あだ名)がいる。繊細な彼女は人前に出るのを極端に恐れ、プレッシャーに負けて自傷行為に走っては自己嫌悪に陥る。Jamesがもし王位の責任を放って逃げれば、次にそれを背負わなければならないのはIndigoだ。そんな真似ができるわけはなかった。
2012年が話の舞台というところも肝で、イギリスで同性婚を認める法案が成立したのは2013年。だから「話は出ているけれどもまだ決まっていない」くらいの頃なんですね。こんな時期に「王子のカミングアウト」というのは政治的な影響を持ちかねない行為でもある。国民の反発も怖い。

そんな微妙なバランスの中で、それでもJamesはBenに惹かれるし、BenもJamesに惹かれます。
Benは非常に独立心が強く、人に縛られることに耐えられない。Jamesとの秘密の関係は、そんな彼には丁度いい筈だった。なにしろBenとのことを知られたくないJamesはBenを独占する権利もなければそんな関係に発展する心配もない。
でも、だんだんとBenの心がとらわれていき、それにBenは自分で反発してしまう。自分という存在を失いたくない。Jamesの添え物にはなりたくない。

様々な政治的要素も取り込みながら、ロマンスとしての骨格は外さず、二人の恋が時に美しく、時に痛々しく描かれています。
Jamesには王位を捨てられない。Benには「王子のパートナー」として自由を失った生活など考えられないし、耐えられない。パパラッチに四六時中追い回され、一挙一動をあらゆる人間に見張られて? それは普通の人間にはできない暮らしです。
なら、恋を捨てるしかないのか。捨てられるのか。

周囲の人々もそれぞれ生き生きと描かれていて、特にIndigoの存在が物語に深みを出していると思う。人の視線が恐ろしく、自傷して長袖やタイツをまとい、公式の場でうっかり挙動不審になれば新聞やネットで「ラリっているか酔っているか」と叩かれる彼女の逃げ場のなさは、現代的な問題の象徴でもある気がします。
Jamesは彼女を守りたい。でも、スキャンダルを恐れて治療を受けさせることすらできない。

皆が、何かをのりこえなければならない。そののりこえる力を描くのも「ロマンス」のひとつの美しさなのだなと、噛みしめることのできた物語でした。
おすすめの一作です。特に身分差好きならたまらないですよ!

★身分違いの恋
★王族(現代)

スポンサーサイト

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

03 | 2017/03 [GO]| 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。