Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

[タグ]K.A.Mitchell の記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chasing Smoke
K. A. Mitchell
Chasing Smoke★★★ summary:
FBI、そして国土安全保障省で働くDaniel Gardnerは、母親が家を引き払う手伝いをするため、渋々クリスマスに休暇をとって生まれ故郷へ帰る。彼は家族と折り合いが悪く、そして故郷にはもう苦い記憶しかなかった。
自分を殴った酒飲みの父親、家庭内での言い争い、苦い恋と失恋の傷。
15年前の恋。彼を誰より惹きつけ、混乱させ、傷つけた年上の少年、Trey。

Treyの父とDanielの父はベトナムでの戦友で、彼らは家族ぐるみのつきあいをしていた。DanielはTreyへの恋に落ち、Treyも時にはそれに応えるようにも見えたが、彼はいつも人前ではDanielなどいないかのようにふるまいつづけ、自分がゲイであることを否定しつづけていた。
Danielは故郷を去る時、Treyに一緒に来てくれるよう懇願した。だがTreyはその願いを一蹴するように軍隊に入り、Danielの人生からそれきり消えたのだった。

あれはもう遠い昔のことだ。その筈だった。

だが戻った実家に空き巣が入り、その捜査に訪れた刑事の顔を見て、Danielは呆然とする。Trey。
彼は刑事になっていた。そしてそれが何のためか、Danielには一瞬でわかった。DanielがFBIをこころざしたのと同じ理由だ。
遠い日の犯罪の正体を暴くため。そしてTreyの父親の無実を証明し、妻殺しの罪を晴らすため。

再び動き出した過去の事件が、彼らを結びつける。
だがそれが解決した時、2人を待つものは今度こそ最後の別れなのかもしれない。
.....



Treyは、かつてのDanielにとって家族よりも必要な、大切な相手だった。Danielは自分を投げ出すようにしてTreyを求め、TreyはDanielに惹かれながらも、その先にあるものが恐しくて彼をつきはなす──
お互い複雑な家庭をかかえた少年同士の、切羽つまった、抑えきれない情動は、結局破綻します。
Danielは今でもその傷をどこかにかかえている。彼は今の恋人にも誠実に対そうとするが、人生や自分自身を彼らと分かちあうことができない。かつてTreyにしたように、自分をひらいてみせることができない。

TreyはTreyで、ゲイであることを恐れ、Danielを恐れ、同時に父親の犯罪によって彼の少年時代は滅茶苦茶になっています。
15年たって、彼は自分にとってDanielがどんなに大切な存在だったかわかっているが、距離を近づけようとしても、Danielがどこかに逃げ道を残していることを感じる。
体だけならいくらでも近づけるのに、Danielは過去の傷にしがみついて、Treyを許そうとしていない。
それでも2人は惹かれあう。

頑固で一途で繊細なDanielと、迷いと怒りに満ちた過去を持つ執念の男Trey。この2人の、緊張感に満ちた、時にもう未来などないかのような関係が読みどころです。
どちらも相手を恋しいと思う。人生の中で、これほど何かをほしいと思ったことはない。だがどちらの男も、相手の人生の中に自分の姿をはめこむことができない。
この事件が解決すれば。そしてDanielの休暇がおわれば。母親の家を売ったら、Danielがこの町に戻ることは2度とない、それはどちらもわかっている。

一方、謎解きの部分もしっかりしています。そして謎解きでも2人は対立する。
空き巣が「何か」を探していたと感じるDanielは、家の荷物の中からベトナム戦争中のポラロイド写真を見つけ、それが何かを意味すると感じる。だがTreyは簡単にはとびつかない。彼は父親が有罪にされた事件について、15年間ずっとかかえこみ、ずっとその重さを感じてきた。袋小路にいることに慣れてきた。その彼にとって、Danielはあまりに簡単に出口を指さしているように思える。

この話は、2人の男が自分なりの「出口」を探すまで、の物語でもあります。Danielにとっては過去の怒り、その過去がつくってきた自分自身の殻。Treyにとっては、父親の事件にとらわれつづけてきた自分からの。
タイトルの「Chasing Smoke」の「Smoke」は、まるで煙のようにとらえどころのない15年前の事件、そしてさらに昔のベトナム戦争でおこった「何か」と同時に、過去の自分自身を表しているようにも思えます。
そして「Smoke」は過去からたちのぼるばかりのものではない。事件を調べ出した2人を、現実の炎が追ってくる。煙の裏に隠れた殺人者を、2人がつきとめるまで。

読みおわって気付いたのですが、K.A.Mitchellを読んだのは2冊目でした。
Collision Course」を読んだことがあって、これずっとレビュー書こうかどうか迷ってるんですよね。すごくおもしろかったんですが、1つどでかく腑に落ちないところがあって、それがまた、自分の英語力でニュアンスを読みおとしたせいじゃないかという疑いが抜けず。
んで何度か読み返している作品です。どっちも多少ボリュームがありますが、エロ満載で(この人はエロのテンションを高めるのがうまいと思う)、ベタ惚れなんだけど甘々ではない、読みごたえのある話です。ほかのも読んでみよう。

話も人間関係もがっつりと読みたい、という人向け。
相当に自我の強いキャラ同士ですが、大体において受け攻めの分担ははっきりしてる感じなので(100%ではない)、やっぱりカプは固定が落ちつくよね!という人にも。

★エロ多め
★再会

スポンサーサイト

Diving In Deep
K. A. Mitchell
Diving In Deep★★ summary:
Cameron Lewisは水難救助のインストラクター兼トレーナーとしての自分の仕事を気に入っていた。
あちこちの町から町へ講習を行うためにとびまわり、30歳に近くなった今も決まった恋人はいなかったが、寝る相手に困ることもなく、人生に満足していた。いた筈だった。

Noah Winthropは兄の幼馴染にずっと恋をしていた。それは初恋だった。だが16歳の時に思いきって打ちあけても、Cameronは彼を相手にしなかった。
Noahが19歳の時、兄の結婚式でCameronが介添役をつとめる。そしてその夜、NoahはCameronと一夜をともにした。
目がさめるとCameronは姿を消していて、それから6年間、NoahはCameronの姿を見ることはなかった。

のりこえたつもりでいたが、いつもNoahの心の中にはCameronがいて、あの一夜を忘れることができずにいる。
そんなある時、水難救助の研修の概要に、NoahはCameronの名前を見つけ、6年ぶりの再会を果たした。Cameronは大人の男になったNoahに強く惹きつけられるが、Noahは2度とかつてのまちがいを繰り返すつもりはなかった。
これを一夜の関係にはできない。NoahはCameronのただのセックスの相手ではなく、もっと意味のある関係になりたかった。
そしてそれは、まだCameronにとって心がまえのできない関係でもあった。
.....



親友の弟に迫られて、うっかり寝てしまった。しまったと思って背を向けて、6年たって近くの町まで戻ってみたら、その相手はとんでもなくゴージャスな男になっていた、さてどうする。というような話。
NoahはCameronの「特別」になりたいけれども、6年前にCameronが何も言わずに消えてしまったことはトラウマになっていて、Cameronに強く踏みこむことができない。また逃げ出されたらどうしようかと思って、何だか自分にとって曖昧なまま関係を続けてしまう。

一方のCameronは強い男で、つねにTop(攻め)です。
だがNoahはいわゆる「Bottomタイプ」ではなく、そのことがCameronを悩ませたりする。自分はTopでいたいけれども、Noahは一体どうなんだ、とか。あんまり本当は相性よくないんじゃないか、とか。
「リバ上等」が多いスラの中で、ここまでTopがBottomがと悩みつづけるのは珍しい。でもそれはただの嗜好ではなく、Cameronの性格というか、Cameron本人にとって大事な立脚点です。コントロールを握りたい男。だがNoahは彼を揺さぶる。ほかの誰にもできないような深みから。
それが余計、彼にNoahとの間に一線を引かせる。

NoahはCameronを愛していて、こうやって関係を持てるだけで充分だと思っていますが、それだけでは駄目かもしれないとも思う。
好きでも。好きだからこそ。
そのあたりでぐるぐるするNoahが、ちょっと馬鹿馬鹿しいくらいかわいいです。でかいゴージャスな男が捨てられたことのある犬みたいにうろうろしながら、それを隠そうとたまに意地を張っている。初恋だから仕方ないな!

K.A. Mitchellの話の特徴としては、人と人を結ぶ力関係の複雑さと、それに翻弄される感情描写の強烈さです。そのあたりの表現が非常に細かい。「細かいことは気にするな」というタイプの人には向かないくらい、細かい。キャラが強烈なだけに読んでいておもしろいんですが。
人間関係のあれこれを読みたい、という人におすすめ。情動、緊張感、期待、失望、息苦しさ。時に争い、時に言ってはならないことを言ってしまったりもする激しい2人です。
エロも相当に濃厚。

で、私はこの話を読んでやっと「Collision Course」の内容が腑に落ちました。Joey(この話ではNoahの元彼)が主役なのですが、この「Diving In Deep」の彼を見ると、あっちの話での言われようが理解できます。たしかにJoey、問題あるな。そう思って読み返すとわかる。ああ、半年かかってすっきりしました。
やっぱシリーズはちゃんと順番に読むものですね。この本を読むまでシリーズだったことも認識してませんでしたが。
そのうちあっちもレビュー書こうと思います。

★初恋(再会)
★エロ多め

Regularly Scheduled Life
K. A. Mitchell
Regularly Scheduled Life★★ summary:
SeanとKyleは、6年の間、友人から冷やかされるほど甘く幸せな関係を続けていた。
だが、10月のある晴れた火曜日の朝の出来事が、彼らのすべてを崩してしまう。

理科の教師であるSeanは、校内にひびく銃声を聞いたのだ。
駆けつけた彼は発砲者を取り押さえたが、足を打たれて傷を負った。

傷はいずれ治る。だがSeanの中には治せない物が残った。救えなかった生徒。彼がもしもっと早く走っていたら、あの生徒は死なずにすんだのではないだろうか?

Kyleはその事件をラジオで聴いてから、Seanが無事であるとわかるまで、生きた心地がしなかった。
無事ならいい。
ほかのことは2人ですべて乗り越えていける。その筈だった。

何もかも、元には戻れない。Seanの罪悪感は彼をさいなみ、自分の中に生まれた虚無を埋めるように、彼はさまざまな活動を始める。公的な場所に顔を出し、演説をし、エージェントを雇い、マスコミのインタビューに応じた。
突然、自分たちが人々の目にさらされはじめたことに当惑しながら、Kyleはできる限りSeanをサポートしようとした。だが、それは正しい恋人同士の形だろうか? 1人の心に巣くった罪悪感に振り回され、ほかのことはすべて後回しになってしまう。
Seanの「一番」はもうKyleではない。
そのことに傷つくのは、あまりにも自分勝手なことだろうか?
.....



これは読んでいてとにかく気持ちのおさまりが悪い話で、何だかうまく言えませんが「気持ちの悪い」話でした。ほめてるんだが。

学校での銃乱射事件と、その時犠牲になった生徒に衝撃を受けたSeanは、とにかく「世の中をかえたい」という気持ちで「正義の人」になるわけです。Kyleはそのことに反対しているわけではない。でも自分たちの時間もほしいし、プライバシーもほしい。
ある種の「ヒーロー」となったSeanにはエージェントがつき、そのエージェントが2人の生活の中にまで入りこんでくるけれども、Seanはそのことに対しても鷹揚。でもKyleには耐えられない。
耐えられないが、笑顔で「大丈夫」と請け負ったりする。Seanのためだから。Seanはさすがに恋人の中にある不満に気付くけれども、「ほかにどうしようもないし、Kyleはわかってくれている」と自分の気持ちをKyleの気持ちの上に置いてしまう。

それでも彼らの生活はうまくいかず、Kyleは元のような2人に戻りたいと思う。Seanにとってはすべてはもう変わってしまったことで、戻りたいと言われてもわからない。
そして彼は何故、Kyleが今の状況を理解してくれないのかわからない。
Kyleが言うのは「2人」のことばかりで、でもSeanには今や、自分たちより優先されるべきことがある。それが正義だと思うから。
でも愛は前の通りそこにあるし、Seanはそれでいいと思っている。

KyleはSeanの新しい生き方に添ってみようとしたり、耐えられなくなって態度が悪くなったり、Seanとぎくしゃくしたりします。「お前は自分中心すぎる」とSeanは言うけれども、Kyleは「自分を大切にしてほしい」のではなく(それもあるけど)「2人を大切にしてほしい」のです。
2人の認識のずれがものすごく詳細に書かれていて、これ結構怖い話だと思います。些細な言葉、些細な態度から色々なものが溜まっていく。ほんとに些細なことで、些細だから口に出してみると馬鹿馬鹿しく、それだけに気持ちの持って行きどころがない。
ほんとは、もっと根本的なところで彼らの立ち位置は間違っているのです。

優しくて判断力にあふれたSeanはいい男で、癇癪もあるが活発なKyleとは本当にいいカップルです。
その2人が、大きな一瞬の暴力によって、これまで築いてきたすべてが危険にさらされる。2人の愛情がはっきり書かれているだけに、彼らの関係がいびつになっていく様子がつらい。
派手なエピソードもありますが、大半が暮らしの中のリアルな物事を通して描かれていて、ディテールがすごくしっかりしています。
またK. A. Mitchellが日常の繰り返しの中で歯車が狂っていく様子を書くのがうまいので、読んでいてとても面白いし、気持ちがざわざわします。

心理描写や日常描写の詳細な話が好きな人におすすめ。

★発砲事件
★ヒーロー

The Christmas Proposition
K.A. Mitchell
The Christmas Proposition★☆ summary:
Melの住む町は、この数年で急激な変化を遂げつつあった。ガス採掘の大規模な開発がはじまり、土地を貸した者は大きな富みを得て、労働力が流れ込む。
だがMelはかわらず、頑固に両親からの牧場を守り、クリスマスシーズンには注文を受けて木を切り倒していた。
それだけではやっていけないため、彼は町のレストランでウェイターのシフトも持ち、クリスマスは、彼にとってもっとも忙しい季節だった。

彼にはひとり、恋人と呼べる存在がいた。
Bryce Campion。億万長者のくせに、身分を隠して労働者の中で働く気まぐれも持ち合わせている男。
Bryceは3年前、Melに一緒に来ないかと言った。だがMelはそれを断った。牧場を切り盛りする重荷は肩にずしりとのしかかり、Bryceと行くことを夢見ないでもなかったが、それでも彼にはその1歩が踏み出せなかった。

クリスマスの休暇の予定は寸前で壊れ、友人がMelの牧場で結婚式を挙げると言う。
久々に町を訪れたBryceは、またMelに対して新しい選択肢を示そうとするのだが…
.....



MenUnderTheMistletoe.jpgCarina Pressのクリスマスアンソロジー「Men Under the Mistletoe」に含まれている1篇。

これはK.A. Mitchellらしい、心理描写のきめが細かいクリスマスストーリー。
田舎の小さな町で頑固に暮らそうとしているMelは、でも心からその生活を愛しているわけでもない。
3年前、Bryceと一緒に行ったらどうだったのだろうと、今でも思っている。


全体の感じは、億万長者に口説かれてる!といういかにもなシンデレラストーリーなんだけれども、このシンデレラがちょーめんどくさいプライドの持ち主です。町から出ていけない、でも町が嫌いなわけではない、牧場を切り盛りする日々にも閉塞感があって、どこにも行き場がない感じに悩まされている。
でも、そこから逃れるために男にたよるっていうのもどうだろうと意地が先に立つ、そんなパラドックス。
Bryceの言葉にうなずいたら、自分の人生に主導権が持てなくなるのではないかという、そういう不安もMelにはある。まあ考えすぎる男で、考えすぎて身動きが取れない様子がとにかくリアルです。この作家はそういうシチュを描くのがほんとにうまい。現実がひしひしと足元にせまってくる感じが、ちょっと怖いくらい。

Melのプライドをのりこえてどうにか恋を成就させたいBryceと、うろたえつつつっぱねようとするMel。強い男ふたりの意地と根性の心理戦です。
周囲はとうにわかってて、どうにか彼らがくっついちゃえばいいよ!と思ってるんだけども、Melはほんとに一歩を踏み出せないのです。
踏み出せない彼にBryceはほとんど最後の手段を使うけれども、玉砕。クリスマスマジックは彼らには働かないのだろうか、というところがひとつのクライマックス。楽しいです。

あまりにも堂々めぐりの心理戦がちょっとくどいかなあ、と思ってしまったところが個人的なマイナスポイント。環境汚染の話や、お互いへの信頼の問題なども盛られていて、うまいんだけど、これだけうまいんだから、もうちょっとあっさりめにしてもいいんじゃないかなーと思う。

迷える男が好きならツボ。エロシーンがたくさんあってどれもホットなので、「エロ+心理描写+クリスマス」という濃密さてんこ盛りです。
じっくり読むもよし、エロに萌えたりシンデレラストーリーにときめくもよし。

★億万長者
★プレゼント

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

03 | 2017/03 [GO]| 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。