Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

[タグ]A.M.Riley の記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amor en Retrogrado
A. M. Riley
Amor en Retrogrado ★★ summary:
Robert Lemosの15年ともに暮らした恋人、JD Ryanが路地で撃たれて発見される。彼の連れは死に、JDは病院に運びこまれ、保険の書類からRobertに連絡がいく。
Robertは1年前、JDと破局していた。

病院に駆けつけたRobertは、JDが彼のことを記憶していないこと、おそらくは外傷性のショックによって部分的な記憶喪失に陥り、出会う以前の彼に戻っていることを知る。どうすればいいのかわからないまま、Robertは退院したJDを自分の家へとつれて戻る。
自分たちがすでに別れていることを、どうしても彼はJDに告げられない。何より、彼はまだJDを愛していた。
この15年ずっと、愛しつづけていた。
だがJDとの関係は悲惨なものだった。彼らは常に争い、JDはRobertを傷つけ、Robertが仕事に没頭するとJDは酒を飲んだ。JDは誇り高い男だったがいつもどこかに怒りをかかえていて、そんな彼をRobertが守ろうとする、その行為すらJDを傷つけた。
愛はあった。それはまちがいなかったが、彼らの間に信頼はなかった。

記憶を失ったJDはいつになくおだやかで、Robertへの愛情を素直に見せる。もしかしたら彼らはまたやりなおせるだろうか。
そう思いながら、また痛みをくり返すことにRobertは臆病になっている。
そしてまた、JDとその連れを撃った犯人への捜査が進むにつれ、疑いはRobertへと向けられ…
.....



これはおもしろい展開の小説で、「JDが撃たれた→Robertの家へ→事件の捜査進行」という現在の時間軸の間に、フラッシュバックのようにRobertとJDとの関係が挿入されていきます。それによって、彼らの痛みに満ちた日々が浮き彫りになっていく。その構成が非常に巧みです。
JDはもともとゲイではない(というか、気付いていない)。だが彼はRobertに出会って恋に落ち、しかし混乱し、己のセクシュアリティを否定しようとしてできず、怒りに満ちる。その怒りが、後々まで彼に影響を及ぼしていたように見えます。

陽気で美しい恋人を得て、Robertは生涯ではじめて「幸福」というものを味わう。
だがJDは時にシニカルに彼らのことを「セックスにすぎない関係」と言ってのけ、彼らが結婚してからも、「その関係に意味があるのか」と問う。彼はどこか暗いところへ目を向けているようなところがあって、やがてその怒りや、Robertの独占欲が彼を喰いはじめる。そしてJDは酒に逃げ、Robertは仕事に逃げる。
その日々が、エピソードの挿入によって次第に明らかになっていきます。
2人の関係がRobert視点から描かれるため、はじめのうちJDは勝手なふるまいのわがままな恋人に見えますが、段々と、Robert側にも問題があることがわかってくる。
彼らはどちらも弱く、どちらも相手を信頼していない。愛はあるけれども、傷つけあう武器のようにそれを振り回してもいる。
その過去の様子と、今の(記憶を失った)JDのやけに素直な様子との対比が悲しい。
果たして彼らは、思いもかけない形で新しい絆を作れるか。それともただ、かつての失敗をくり返すのか。


小説としてはいくらか弱いところもあって、捜査する側のエピソードがちょっとわかりにくかったり(ていうかあれ必要か?)、いらんところでキャラ視点の移動があったりします。私は視点固定じゃない(同じ章の中で視点があちこち移動する)小説って嫌いじゃないですが、この作者は「固定」のように見せておいて、たまにふらっと視点を動かすので語り口として不安定なのです。
ただ、それを補ってあまりあるほど、2人の感情のほとばしりは見事だと思います。Robertの視点から見ているにもかかわらず、JDの中にある痛みはあきらかで、ねじれていくしかない関係のどうしようもなさが切ない。特に中盤から非常に読みごたえがあります。
スペイン語があちこちに散見されまして(わからなくても読める、つか読んだ)、巻末にスペイン語スラング辞典があるのがちょと楽しい。
タイトルの「Amor en Retrogrado」は機械翻訳だと「後退するiの愛」とか出てくるので(英語だとLove in I Retrogradeとか)、「巻き戻された愛」とかそんな感じ…で、いいのかなあ。

★記憶喪失
★破局した恋人との再会

スポンサーサイト

Immortality is the Suck
A. M. Riley
Immortality is the Suck★★☆ summary:
犯罪者とつるみ、潜入捜査の内に薬物に手を染め、潜入捜査官のAdamの身辺は、決してきれいなものではなかった。
そんな彼をいつでも暗闇から引きずり出そうとするのが、友人のPeterだった。

Peterは模範的で優秀でクリーンな警官だった。
ただひとつ問題があるとするなら、彼がAdamと寝ていること──このどうしようもない男に、恋をしているということ。
自分の腕の中で血まみれのAdamが息を引き取った瞬間は、Peterにとって人生最悪の時だった。

だが、Adamは死んではいなかった。いや、死んではいた。しばらくの間。
死体安置所で目を覚ました彼は、自分を「殺した」犯人を捜し出そうと動きはじめる。

何故Adamは生き返ったのか。何故こうまで空腹なのに、普通の食べ物で腹を満たせないのか。
何故、血の匂いを甘く感じるのか。何故、陽の光で火傷をするのか──

闇の中をもがくように、血と死体の跡を残しながら、Adamはこの混乱の元を探して戦う。
暴力、殺人、裏切り‥‥何もかもがめちゃくちゃだった。
自分の人生の闇と混乱がPeterを引きずり込んでしまうことを恥じながら、AdamにはPeter以外に頼る相手がいない。

だが彼らの絆にも、そしてPeterの忍耐にも限界があった。
.....



殺されて、起きたら吸血鬼になっていた悪徳刑事の話です。
最近この手の現代吸血鬼もので、「後天的に吸血鬼化した」話が流行ってるような気がするなあ。

Adamは悪い奴なんだけど、破天荒な魅力があって、彼と離れられないPeterの気持ちもよくわかる。
どんなに無謀でも、身勝手でも、たとえ犯罪者すれすれのモラルしかなくても、PeterはAdamが好きですが、このどうしようもない友人が今回はまりこんだ悲惨な状況を、さすがの彼もどうしたらいいかわからない。

Peterはすごくいい人で、もう彼の欠点といったらAdamを好きなことくらいでしょう。
最大にして最悪の欠点ですが。
Peterの中には、かつて自分が栄転の誘いに乗ってAdamとのコンビを解消しなければ、もしかしたらAdamの転落をとめられたのではないかという思いがあるんじゃないかなあ。
Adamを救おうとして、救えない。その歯がゆさが彼の心を侵食していく。

一方のAdamの中にも、Peterに関してだけはやわらかな部分があって、時おりAdamはそんな自分から逃げ出そうとする。Peterと決定的な何かを築くまいとしている。
Peterを求めながら、彼はどこかで自分がそれに値しないとも思っています。愛しいと思いながら離れようとする。
Adamは傷ついた孤独な獣のようで、そういうAdamの姿も切ない。Peterがいくら手をのばそうとしても、Adamは時にその手を振り払うしかない。

あれだけしたたかで、人を疑い、利用するAdamが、とある男にだけは手もなくだまされてしまうシーンがあります。理由をAdamは語りませんが、Peterがその男を信じているからAdamもただ信じた、そうとしか思えない。
切ないなあ。
A. M. Rileyの小説には読んでいると心臓を絞られるような切ない瞬間があって、それがたまらない。
主人公たちの行き場のない感情が複雑に交錯してどちらも動けなくなる、どうしようもなさというか、やるせなさが満ちていて、読んでいるととても痛い。

話としてはクライムサスペンスで、暴力と流血に満ちています。
前半は色々な名前を追っかけるのがちょっと面倒かもしれませんが、そのへん読みとばしても後半にちゃんとまとまってくるので大丈夫。
あとスペイン語がとびかってますが、これもまあ流して問題なし。巻末にスペイン語解説ありです。

複雑な痛みをかかえた絆の話。
悪い男にぐっと心をつかまれてしまった身ぎれいな男、というシチュが萌えならすごくおすすめ!
後日談として短編の「What to Buy for the Vamp Who has Everything」があって、こちらはPeterの視点からの短いクリスマスストーリー。やはり甘さと痛みが絡み合った、気持ちの奥に入ってくる話です。

★吸血鬼(後天性)

The Elegant Corpse
A.M. Riley
The Elegant Corpse★★☆ summary:
Roger Corsoは警官として働きながら、ゲイであることは隠していなかった。
だが、彼がBDSMのシーンに深く関わっていること、根っからの「Master」であることまでは明かしていなかった。

長年のパートナーを失い、馴染んだクラブの相手とたまの楽しみを共有する日々が続く中、誰かがRogerの秘密に土足で踏み込む。
何者かが、美しく布に包まれた死体を、Rogerの家のソファに安置したのだ。その死体は革の鞭を手にしていた。
明らかに、Roger個人に当ててのメッセージ。
誰が、何のために?

殺人事件として捜査にかかったRogerは、被害者の弟に会う。
Sean。どこか落ちつかない若者は何かを隠していたが、Rogerに話そうとはしない。

Seanの何かが、Rogerをひどく苛立たせた。青年の中にある混沌、ためらい、怒り。欲望。
彼は自分が何者か、何を求めているかわかっていない。
Rogerは自分ならその答えを彼に与えられると知っていた。だが、Seanはそれを望むだろうか?
そしてRoger自身は?
.....



BDSMシーンを中心としておこる連続殺人事件と、その中で翻弄される、迷えるDomとSubの話。
警官のRogerは愛したパートナーを失い、迷っている。
被害者の弟Seanは自分の中にあるものを凝視できず、無視もできず、揺れている。

彼らは相手の中に、今の自分に欠けているものを見るけれども、どちらも最後の最後まで迷いを振り切れていない。
その迷いどころ、支配しながらためらうRogerと、反発し、怒りを見せながら切迫した欲望に揺らぐSeanとの、切れ切れの交錯が鮮やかに書かれています。

捜査はBDSMのシーンにも深く入りこみ、Rogerの知り合いたちが大勢顔を見せる。クラブで働いている友人、Domとして高名だが今は車椅子で闘病生活を送る男(でも根っからの「主人」。Rogerですら頭を低くしなければならないほどに)、道具のコレクター。
アングラな社会が、都市の日常に薄くかぶさるように、すぐそこに横たわっている。そのあたりの雰囲気もおもしろいと思う。

ちょいっと捜査の部分は冗長かなーと思わないでもないんですが、実はこの作者はどの作品もそういうきらいがあるので、作者的萌えなのでしょう。それはもう仕方ないな。つまらないわけじゃないんですが、個人的にはバランスがもうちょっと。
その一方で、2人の人間が見つめあう時の、いびつで濃密なテンションの高さはさすがです。一瞬の温度がすごく高い。誰でもいい相手を好きになったわけではない。この相手でなければ駄目で、それゆえにそこには純粋な痛みがある。

迷い、憤るSeanと、彼に揺さぶられるRogerの対比は強烈で、何回か再読するにつれ、そこにある感情の駆け引きがより深く見えてくるのがおもしろい。噛めば噛むだけ味が出てくる話でもある。
Seanは誰かに支配されたいのだけれども、そんな自分が異常ではないかと思い、もがいている。自分を否定するのも、認めるのも苦しい。その苦しみにRogerは惹きつけられ、動揺する。
彼らの痛みはもつれあっていて、それが複雑な感情の形を描き出す。

最後の最後、彼らが自分たちの壁を越えようと2人でもがく、そのシーンは本当に美しかった。
2人で鏡をのぞきこみ、そこにふたつ頭のある怪物──自分たちの姿──を見る瞬間は、BDSMものの中でも屈指の印象的なシーン。

BDSMというシーンの裏にあるもの、そこで己の存在を模索する人と人の心のかかわりの形。そういったものがシャープに書かれています。
このジャンルに興味のある人や、強気な態度と裏腹に心が揺れ動く、口の悪い受けが好きな人におすすめ。攻めもパワフルでいい男です。

★シリアルキラー
★支配的な攻め×強気受け

No Rest for the Wicked
A. M. Riley
No Rest for the Wicked★★★ summary:
Immortality is the Suckの続編。

元殺人課の刑事で、誰かの牙で吸血鬼とされたAdamは、今は社会的には存在していない。彼は死んだことになっていて、そしてAdam自身、自分が生きていると言えるのかどうかわからなかった。
一度は死んだ。今は吸血鬼として生きている。
だがそれは「生きている」と言っていいのか?

Adamにとって、この世界で唯一意味があるのはPeterの存在だった。元同僚であり、恋人であり、Adamが吸血鬼になってからも彼らの関係は続いていた。
PeterはAdamのためにパック詰めの血液を調達し、Adamに家の鍵を渡した。
だがAdamはいつからか、彼ら2人の現状にも疑問を感じていた。
自分の存在はPeterにとってなにももたらさない。
そしてPeterに近づき、Adamに立ち向かう若い男の出現が、Adamの気持ちに重くのしかかる。
PeterはAdamを選んだ。だがいつまでだろう。そしてそれは正しいのだろうか。

天才ネットワーク技術者の死の真相を追いながら、Adamは事件の深みにはまっていく。
そしてPeterが己を限界まで追いつめて働き続ける、その理由がAdam自身の存在であると知った時、彼の中で何かが崩れた。
.....



A. M. Rileyは独特のテンションといびつな情熱や痛みを書くのがうまくて、大好きな作家ですが、いつも小説として少しバランスが悪いところがあると思っていた。それが読む気持ちを削ぐわけではないんだけど。
今回は、そういう観点からすると非常にバランスはよく取れた話になっていると思います。うれしいな。

元悪徳警官で性格の歪んだ吸血鬼のAdamと、エリートコースまっしぐらでモラリストの警官Peterという異色の組み合わせで、一見AdamにPeterが振り回されているかのようですが、Peterも実際にはかなりの力を握っている。
そりゃ、吸血鬼になった恋人のために血液パックを冷蔵庫にストックしておくような心臓の持ち主です。モラリストで義務感旺盛だけれども、キレたら怖いに決まっている。

彼らの、どこか身勝手で純粋な愛情が積み重なっていく様子が、美しくもいびつです。
AdamはPeterの生活を振り回しつつ、彼自身も深い罪悪感と絶望をかかえていて、Peterはそんな彼の行く末を案じている。Adamは年を取らない。ならばいつかPeterと離れる日が来る。
それが明日か、それとも30年後かはわからない。
でもいつか必ずAdamはひとりになってしまう。
Adamの中にある絶望が彼を食い尽くさないように、Peterは解決法を探している。

独特の湿ったテンションで事件が展開していきます。Adamの吸血鬼仲間との奇妙な関係や、吸血鬼たちがのさばるLAのアンダーグラウンド。
PeterとAdamが互いに向ける情熱は激しいけれども、暗い。
その暗さや絶望をのりこえて、時おり訪れる調和が切ないです。いつもどこか崩壊の予感を感じさせながら、どちらももがいている。

少し変わった吸血鬼ものが読みたい人、愛情がありながら緊張感の漂うカプが好きな人におすすめ。
前作を読まないとかなりわかりにくいと思います。

★吸血鬼×人間

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

10 | 2017/11 [GO]| 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。