Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

[タグ]ジャンル:YA・NA の記事一覧

Carry the Ocean
Heidi Cullinan
CarryTheOcean.jpg★★★ summary:
The Rooseveltシリーズ1。
Jeremeyは高校を卒業したものの、今の望みはただ、大学に入るまでひたすら眠りたいだけ。誰にも気がつかれたくない。誰のことも気が付きたくない。
だがそんな望みは、Emmetと出会った瞬間に消えたのだった。大学で数学とコンピュータサイエンスを専攻するその少年は、頭が回って前向きで、Jeremeyとつきあいたがってて、高機能自閉症だった。

Jeremeyにはそれを気にする余裕はない。自分の気持ちを持て余し、そんな自分を責めていた。
自分と、両親の作った小さな規範の世界から抜け出せずにもがく彼を、Emmetが救い出し、彼らは共同生活を始める。

それぞれに問題をかかえ、葛藤し、二人のどちらにとっても世界は優しい場所ではない。
でもそんな世界でも、幸せに生きる方法はある。きっと。
.....



これジャンル的にはYA(ヤングアダルト:青少年向けの作品。一般に性描写淡し)のようなのですが、正直どこかのカテゴリに入れてしまうのはもったいないパワフルな作品です。
高機能自閉症で、知能は高いが感情の働き方が他人とは違っているEmmetと、鬱病に苦しみ、自分を受け止めることのできないJeremeyの2人の一人称で、物語は進んでいきます。読者はそれぞれの視線を通して世界を再認識することになる。彼らから見える世界、彼らに届く光と闇を通して。非常に挑戦的な、そして高いテクニックを要求される書き方ですが、お見事。
何に彼らが苦しめられているのか、感情を表に吐き出せないEmmetや、自分の感情に圧倒されてその向こうが見えなくなるJeremey、2人の苦しみや葛藤、不安、そして喜びや愛情がはっきりと伝わってくる。

それにしてもEmmetは偉いな!自分の障害を知り、考え、対処し、何か起きればその起因となることをつきとめてあらかじめ対処しようとする。障害を「個性」として生きていく強さがあり、輝きがある。
彼を支える両親も偉い。戦うこと、戦い続けること。それをしっかりと身につけて、Emmetは今度は初めて見つけた恋のために戦おうとするのです。その道は平坦とは言えないけれど。
その愛は、きっとJeremeyと彼の世界を救う。

繊細な、そしてとても豊かな物語です。文中に出てくるタイトルの由来が本当に美しくて、個人的にタイトル大賞をあげたい。
物語にしっかり浸ってみたい時におすすめの一作。

★共同生活
★YA(ヤングアダルト)

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター