Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

[タグ]シリーズ:Whyborne&Griffin の記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Widdershins
Jordan L. Hawk
Widdershins.jpg★★★ summary:
Whyborne&Griffinシリーズ1。

Percival Endicott Whyborneは力のある父親を持ちながら、家から離れ、静かに研究に没頭している学者であった。
同僚の中には彼を馬鹿にして見下す者もいたが、Whyborneはただ静かに生きていきたかった。

そんな時、Griffin Flahertyという探偵が現れ、Whyborneに書物の解読を依頼する。それは、謎の死を遂げた青年が死の寸前に家族にあてて送ったものだという。
銀の杖を手にしたGriffinの存在は、Whyborneの心をかき乱す。だが知られてはならなかった。同性愛が知られれば社会的に抹殺される。そんな時代だ。

しかし段々と捜査に巻きこまれていくWhyborneは、謎の秘密結社と、暴かれた墓のことを知る。
そして彼の手にあるものがただの本ではなく、別の世界への鍵であることも……。
.....



今かなり人気のヒストリカル・ホラー・サスペンスシリーズの第一作。
この作家さんは初めて読みましたが、これはちょっと毛色が変わっていておもしろかった!
そしてクトゥルーものだったりしますよ。昔少し読んだだけであんまり詳しくないのですが、ヨグ=ソトトって(ヨグ=ソトースが多いようですが、私が読んだ本の訳語はそうだった)Yog-Sothothって書くんだ……実に邪悪そうな綴りです。

主人公、Whyborneのキャラクターがとにかくいい。奥手で、引っ込み思案で、おどおどとどもったりするのですが、その奥には頑強な意志の力を持っている。誰にも見せないけれども、心の奥には火のようなものを持っている男です。しかもけなげだ!
そしてそれを、Griffinは見抜き、惹かれていく。
私はこういう文系/探偵の組み合わせの時って、基本的に探偵側がお気に入りになるのですが、今回はWhyborneが一番のお気に入りだった。Griffinもいいけど、Whyborneには本当に「お前はいい子だよ!がんばれ!」って言ってあげたいぞ。

Griffinは元ピンカートン探偵社の調査員です。このピンカートン探偵社というのはアメリカではとても有名な私立探偵社のこと(同名のアラン・ピンカートンが創設)で、最盛期が19世紀後半なので、この話の舞台もそのあたりかと思います。
ピンカートン探偵社は小説でもたまに出てくるので、覚えておくといい単語。

さて、Griffinはそのピンカートンの元で働いていたが、何かあってから探偵社を去り、今は一人で調査を行っている。
彼の過去にも深い傷があり、夜にうなされたり、何か語りたくないことがある。その過去もまた、今回の謎めいた事件と関係があります。
謎めいた秘密結社、解き明かされていく神秘の力。

Whyborneの数少ない友人である同僚の女性学者が非常にきっぷがよく、気持ちのいい女性です。富裕な家に背を向けた学者、十九世紀の女学者、ピンカートン探偵社を去った探偵と、時代や社会背景から行くと「異端者」である三人が力を合わせて謎の敵と戦っていく。
今、六巻かな、そのくらいまで出ているので読むのが楽しみ!

かわいい奥手の文系青年に萌え萌えしたいなら是非おすすめ。
ホラー風味とはいえ怖いわけではないので、読む人はあまり選ばないと思います。

★クトゥルー
★初めての(略)

スポンサーサイト

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

03 | 2017/04 [GO]| 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。