Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

[タグ]シリーズ:TinStar の記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Tin Star
J.L. Langley
TinStar★★ summary:
テキサスの牧場「Tin Star」の経営者であるEthan Whitehallには、古くからの無二の親友、John Killianがいた。
Johnは長男としてKillianの家に生まれ、牧場経営を小さな時から叩きこまれてきた。父親はほとんどJohnばかりを可愛がり、弟と妹は母の愛情のもとで育っていた。そんな母も3年前死に、妹は家を離れて看護師として働く一方、年の離れた弟Jamesは牧場に残って働いている。

その弟Jamesがある日Johnと父親に「自分はゲイだ」とカミングアウトし、父親は即座にJamesを家から追い出した。
狼狽したJohnからその話を聞いたEthanは、Jamesを放置できず、行き場を失った彼に自分の牧場で働くようすすめる。Jamesを保護すればJohnの父親は怒り狂うだろうが、ためらいはなかった。
ただどうしてJamesが黙っていられずにカミングアウトしたのか、そのことにはEthanは賛成できなかった。小さな、そして保守的な町でゲイだとカミングアウトすることは、人から石を投げつけられることを意味する。それもずっと自分を知っている、小さな頃から馴染んできた人々から。
父親の拒否や嫌悪以外に、Jamesはもっと多くの人々からの敵意や妨害を受けなければならないだろう。若いJamesには、自分が向きあわなければならないものがまだわかっていないように、Ethanには思えた。

若く、溌剌としてユーモアにあふれたこの親友の弟を、Ethanは深く心にかけるようになる。
だが悪い予感はあたり、Jamesへの敵意はさまざまな形をとってあらわれる。時にそれは現実の暴力であり、そして、ついにEthanにまで襲いかかる。
また、Jamesには、当人の知らない出生の秘密があった…
.....



J.L. Langleyはすごくしっかりとしたというか安定した筆力の作家で、SFのシリーズの「My Fair Captain」とか「Englor Affair」のレビューを書こうと思ってたんですが、そっちを読み直す前に「Tin Star」シリーズの1作目を読んだので、レビュー。
表紙がちょっと…だったのでこれまで買ってなかったんだけど、SFがおもしろかったんで、がんばって表紙をのりこえてみた。

カウボーイものですが、なんと舞台がテキサス。ほんとずーっと「ワイオミングのカウボーイもの」ばかりにあたってきて、テキサスはこっちがイメージするほどカウボーイの州じゃないのか?って思いかかってましたが、やはりちゃんとテキサスのカウボーイものもあるわけだ。

Jamesが非常に愛らしい。あまり父に愛されず、牧場で働く男から牧場の仕事を学び、母から掃除や料理を学んできた彼ですが、とてもまっすぐな性格をしています。だからこそ「自分を偽ることができず」にカミングアウトに至るわけですが、父から家を追い出されたこと、その後の父からのさまざまな妨害行為に大きなショックを受ける。
そんな中でも頭を上げ、持ち前のユーモアを発揮して、周囲をなごませていきます。
Jamesの兄のJohnも結構ふざけた性格で、EthanがJamesに車を買ってやることを聞くや「いっそお前、俺の恋人にならないか」とか平気でEthanに言っちゃう。「セックス抜きだけど」とか言われて、Ethanはちょっと頭をかかえたりするわけですが、ここの友人同士の仲のよさは笑えます。
ほかにもたくさん笑いどころがある。
全体に重いテーマを扱ってはいますが、楽しい小説です。

家族との葛藤、Ethanとの関係、町の人々の反応や実際の妨害行為など、Jamesは多くのものに向きあわなければならない。
彼は戦うことにためらいはありませんが、自分の愛する者たちにまで害が及んだ時、ついに揺らいでしまう。町を出ていけばすむのかもしれないが、ここで逃げたら一生逃げつづけなければならないのかもしれないと。

この作者の作品の特徴として、「下唇を噛むのが受け」という規則があります。こだわりだ…
受けと言ってもリバ表現もないことはないですが、エロだけでなく、基本的に攻め受けの役割分担がしっかりついている感じです。庇護者と被保護者というような。
攻めは格好よく、強く、たくましく、常に受けのことを一番に考えて溺愛していて、ラブラブ。
格好いい男×素直な受けが好きな人なら、とてもおすすめ。受けっぽいとは言っても、ちゃんと男らしい受けです。
あと、犬がかわいい!!

Ethanが何故わざわざ毎年とても醜いクリスマスツリーの木を買うのか、それが気になる…のですが、クリスマスの続編があるようなので、今度読んでみようと思ってます。

★溺愛系
★エロ多め

スポンサーサイト

The Christmas Tree Bargain
J.L. Langley
TheTinStar
★ summary:
クリスマス前からクリスマスプレゼントを見たがって家中を捜索するJames(Jamie)に手を焼きながらも、Ethanは今年も恋人のために特別なプレゼントを用意していた。それは…
.....



「The Tin Star」のクリスマス外伝。
本当に短いのでほぼストーリーはなく、いちゃいちゃっとして終わり、という話なのですが、大変にJamieが愛らしいので「The Tin Star」を楽しんだ人におすすめ。(本当はJamesですが、誰もがJamieと呼ぶ)
「The Tin Star」から4年たっていますが、Ethanはまだ醜いクリスマスツリーを買ってきて飾りつけているようです。毎年どこでそんなに醜い木を買ってくるんだ、というくらいやばいっぽい。
「何故そんなに醜い木が好きなのか」の答えが話にあるかなーと思いましたが、それはなし。別に大した理由はないのかなあ。気になってるんですが。


ここのところ、ちょっと読むものにハズレが多いので、ここは「固い」作者の話でも買って気晴らしするかーという動機で買ってみたけど、楽しい話でした。
同じ理由でLanyonも買ってしまったので、これから読みます。
「The White Knight」とか「Allergies」とかレビュー書きたいもの自体はたまってるので、ぼちぼちとー。

★短編
★エロ

The Broken H
J.L. Langley
The Broken H★★★ summary:
The Tin Starシリーズ(独立して読めます)

保安官Grayson Hunterは、かつてあれほど愛した両親と、彼らの経営する牧場から遠ざかって久しかった。
いや、Grayが避けていたものは、両親でも牧場でもない。
彼が向き合うことのできない相手は、両親にとって「もう1人の息子」とも言うべき存在であり、牧場を切り盛りしているShane Cortezであった。
Grayの初恋の相手。そしてその初恋を砕いた相手。

Grayは傷心に追いたてられるように故郷を去ってロデオのカウボーイとなり、特殊部隊にくわわり、やがて故郷に戻って保安官となった。だがあれから12年たってまだ、Shaneへの思いと傷は彼の中で生々しいままだった。

ShaneはGrayがそんなふうに傷ついているとは知らなかった。両親に蹴り出されるように故郷を離れるしかなかったShaneは、Grayの父親に拾われて牧場に転がりこんでから20年、ずっと牧場のために働いてきた。もはやGrayの親は彼にとっての両親であり、ここが彼の故郷であった。そして彼をこの牧場につなぎとめるものはそれだけではなかった。

打ちひしがれて飢えた少年として、未来への希望もなく牧場にやってきたあの遠い日。Shaneを、大きな緑の目で見上げた子供がいた。憧れと尊敬に満ちたまなざしで、彼はShaneに聞いたのだった。
"Are you a war chief or a peace chief?"
そのあどけない問いとまなざしが、Shaneを暗闇から救い出した。
それからずっと、ShaneはGrayを守ろうとしてきた。たとえShane自身からでさえ。

どちらも互いを求めながら、どちらもそれぞれの理由で互いの間に壁を築いた。
そして時がたち、その壁は崩れようとしていた。
.....



The Tin Star」でちょこっと出てきた保安官、Grayの話です。
Grayは複雑な人間で、理知的で、考えすぎるが、それは彼の思慮深さをあらわしています。物事を見た目で判断しない。いつも、その裏にあるものを見ようとする。
その彼が唯一直視できなかったものは、過去のShaneからの「拒否」。
Shaneが、ゲイであるGrayを拒否したのだと感じたGrayは、いてもたってもいられず、故郷を去る。愛する両親、愛する牧場、そして何よりも愛する相手に背を向けて。その裏にあるものを見ようともせず。

Shaneには一方で、複雑な思いがあります。彼は子供のころのGrayを愛し、甘やかし、Grayがほしいというものは何でも与えた。Grayが「あの馬がほしい」と言えば、まだ人に慣れていないその馬を牧場につれ帰り、自分の体を張ってその馬を人に慣らした。
だがあれから時がたち、もはやGrayは少年ではなく、1人の大人の男としてShaneと向き合う。

意地っぱりな男2人の、でもめろめろな愛の話です。めろめろなエロ話でもあります。13歳の年の差。年上はそれを気にして距離をあけようとするし、年下はその態度を拒否だと思う。でも2人はちょっとしたきっかけで互いの求めるものに気付き、後戻りのできない道へと入っていくのです。
ただ、保守的な小さな町ではゲイだということは非常に大きな意味をもち、Grayの保安官再選を目の前にして、Shaneは自分の存在がGrayへの足枷にならないかどうか悩む。その問題は、彼らの間に新たな亀裂を生んでしまう。
Shaneは今でもGrayを守りたいし、Grayはもはや守ってもらいたくなどない。それが互いの思いを犠牲にするのなら。
どちらも強い、誇りをもった男同士の話です。

この作者特有の幸福感があって、とても楽しく、一方で人生の長い時間をかけた恋としても味わい深く読めます。
「保護者」ネタが好きな人なら絶対!
エロは濃厚かつ、感情にあふれていて、読んで楽しい。互いの互いへの信頼がエロを通して見えてくる、それがいい。
それにしてもGray、眼鏡萌えにもほどがある…!

ところで、LanyonDark Horseなんかでも出た「Chief」って何なのかと思ってましたが、目上・年上の人に対する親しみをこめた呼びかけみたいですね。
しかし和英辞書だと「だんなさん」とか訳してありますが、ちょっとそれはなあ…
どう解釈すればいいんだろう。たとえば訳すなら「おやっさん」とか?「おやっさん、愛してる」とか…萌えないことおびただしいのですが。
これに萌えてこそ一人前なのか。何の一人前かはともかく。

いやまあ、英語のまま読むのが一番いいってことですね。

★保護者
★エロ濃い目

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

03 | 2017/03 [GO]| 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。