Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

[タグ]シリーズ:Hellsinger の記事一覧

Fish and Ghosts
Rhys Ford
FishandGhostsLG.jpg★★ summary:
Hellsingerシリーズ1。

Hoxne Grangeホテル、それは叔父がTristanに残してくれた遺産だった。
何故叔父が、その財産をTristanにだけ残したのかは親戚の間でもさまざまな憶測と、非難を呼んでいた。ある者は不公平だと言い、あるものはTristanを狂人だと言う。
Tristanはそのホテルを「幽霊たちが泊まりにくるところ」と主張していた。

Wolfは超自然現象を研究し、時にでっちあげの幽霊話の正体を暴いてきた。
今回はTristanの親戚に雇われ、幽霊たちの存在を、あるいは非実在を、証明しにホテルへと向かう。

嘘つきだ、とWolfに言われたTristanは刺々しく彼らに対応する。
人がどう思うかなどどうでもいい。Tristanの望みは、幽霊たちを迎え、送り出すことだけだ。
だが、すべてはひとつの指輪から崩れていく…
.....



幽霊ホテルのオーナーと、超自然現象の研究者(っていうか、イカサマ暴いて回ってる感じ?)のお話。シリーズものの1冊目。
舞台は昔のお屋敷、今はホテル。オーナーのTristanはそこを「幽霊が、最後の三日間だけ泊まるところ」と主張している。その3日が過ぎると、皆、どこかへ行く。
あの世かどうか、そこまではTristanにはわからない。
「幽霊も魚も三日たつと古くなるから」と言っているのがかわいい。

そんなホテルに「幽霊がいるかどうか観測します」とWolfたちが乗りこんでくる。彼らは、Tristanが「正気じゃない」と証明して財産を取り上げたい親戚に雇われているので、実質、敵だな。
Wolfは「客観的に検証する」と言い、いろいろな機器での観測を開始しますが、彼自身はきわめて偏見の塊という感じがします。Tristanを嘘つき呼ばわりしてるし、まったく信じようともしていない。
研究者とか名乗るわりに、そこのところがかなり引っかかったのですが、あとからわかるWolfの家庭事情からして無理もないのかなあ。わりと屈折しているぞ、Wolf。そしてその屈折ぶりを複雑な形でTristanに向けているのだと思う。

あちこちどうも話に「つっこみどころ」があって、最初はマイナス面にとらえていたんですけど、途中から「これはそういう話だ」と思って読んだら楽しかったです。しっとりした幽霊ホテルの話じゃなくて、ドタバタ系ゴーストバスターズなんだな!もうみんなドジというか考えなし。Tristanくらいでしょう、致命的なミスをしてないの。
そこで「貴様ら専門家だろ!」とマイナス点つけてると評価低くなりますが、この話はきっとギャグっぽいテンションで読むのが正しいんじゃないかなと…まあ、文章からそういう雰囲気がいまいち感じられなかったので自信はないんですが、ドタバタ系に分類すると楽しい。そのわりにキャラがちょっと重いので、そのあたりの調和は続編に期待かな。

うっかりと、連続殺人鬼の幽霊を呼び覚ましてしまった皆は、大ピンチ!
一方、その間にもしっかりと恋に落ちていくTristanとWolf。「そんな場合じゃねえだろ」ってシーンもありますが、そこはテンション軽く楽しむべし。この二人の組み合わせはめっちゃかわいい。なんかどっちもどこかしらピュアなところがあって、一緒にいると生き生きしているのがいい。一人でいるより二人でいる方が似合うカプです。
後半に出てくるWolfのママが強烈で、幽霊退治のあたりはもうしっちゃかめっちゃかで愉快。もー色々つっこみたい!

幽霊ホテルとか、ドタバタ系ゴーストバスターズとか、そういう軽いパラノーマルが読みたい人に。
続編も出てます。読むぞー。
でも表紙ほどTristanはオタクっぽくないと思うよ!

★幽霊ホテル
★ゴーストバスターズ

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (312)
★★★ (88)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

08 | 2017/09 [GO]| 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター