Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

[タグ]キーワード:幼なじみ の記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chasing Smoke
K. A. Mitchell
Chasing Smoke★★★ summary:
FBI、そして国土安全保障省で働くDaniel Gardnerは、母親が家を引き払う手伝いをするため、渋々クリスマスに休暇をとって生まれ故郷へ帰る。彼は家族と折り合いが悪く、そして故郷にはもう苦い記憶しかなかった。
自分を殴った酒飲みの父親、家庭内での言い争い、苦い恋と失恋の傷。
15年前の恋。彼を誰より惹きつけ、混乱させ、傷つけた年上の少年、Trey。

Treyの父とDanielの父はベトナムでの戦友で、彼らは家族ぐるみのつきあいをしていた。DanielはTreyへの恋に落ち、Treyも時にはそれに応えるようにも見えたが、彼はいつも人前ではDanielなどいないかのようにふるまいつづけ、自分がゲイであることを否定しつづけていた。
Danielは故郷を去る時、Treyに一緒に来てくれるよう懇願した。だがTreyはその願いを一蹴するように軍隊に入り、Danielの人生からそれきり消えたのだった。

あれはもう遠い昔のことだ。その筈だった。

だが戻った実家に空き巣が入り、その捜査に訪れた刑事の顔を見て、Danielは呆然とする。Trey。
彼は刑事になっていた。そしてそれが何のためか、Danielには一瞬でわかった。DanielがFBIをこころざしたのと同じ理由だ。
遠い日の犯罪の正体を暴くため。そしてTreyの父親の無実を証明し、妻殺しの罪を晴らすため。

再び動き出した過去の事件が、彼らを結びつける。
だがそれが解決した時、2人を待つものは今度こそ最後の別れなのかもしれない。
.....



Treyは、かつてのDanielにとって家族よりも必要な、大切な相手だった。Danielは自分を投げ出すようにしてTreyを求め、TreyはDanielに惹かれながらも、その先にあるものが恐しくて彼をつきはなす──
お互い複雑な家庭をかかえた少年同士の、切羽つまった、抑えきれない情動は、結局破綻します。
Danielは今でもその傷をどこかにかかえている。彼は今の恋人にも誠実に対そうとするが、人生や自分自身を彼らと分かちあうことができない。かつてTreyにしたように、自分をひらいてみせることができない。

TreyはTreyで、ゲイであることを恐れ、Danielを恐れ、同時に父親の犯罪によって彼の少年時代は滅茶苦茶になっています。
15年たって、彼は自分にとってDanielがどんなに大切な存在だったかわかっているが、距離を近づけようとしても、Danielがどこかに逃げ道を残していることを感じる。
体だけならいくらでも近づけるのに、Danielは過去の傷にしがみついて、Treyを許そうとしていない。
それでも2人は惹かれあう。

頑固で一途で繊細なDanielと、迷いと怒りに満ちた過去を持つ執念の男Trey。この2人の、緊張感に満ちた、時にもう未来などないかのような関係が読みどころです。
どちらも相手を恋しいと思う。人生の中で、これほど何かをほしいと思ったことはない。だがどちらの男も、相手の人生の中に自分の姿をはめこむことができない。
この事件が解決すれば。そしてDanielの休暇がおわれば。母親の家を売ったら、Danielがこの町に戻ることは2度とない、それはどちらもわかっている。

一方、謎解きの部分もしっかりしています。そして謎解きでも2人は対立する。
空き巣が「何か」を探していたと感じるDanielは、家の荷物の中からベトナム戦争中のポラロイド写真を見つけ、それが何かを意味すると感じる。だがTreyは簡単にはとびつかない。彼は父親が有罪にされた事件について、15年間ずっとかかえこみ、ずっとその重さを感じてきた。袋小路にいることに慣れてきた。その彼にとって、Danielはあまりに簡単に出口を指さしているように思える。

この話は、2人の男が自分なりの「出口」を探すまで、の物語でもあります。Danielにとっては過去の怒り、その過去がつくってきた自分自身の殻。Treyにとっては、父親の事件にとらわれつづけてきた自分からの。
タイトルの「Chasing Smoke」の「Smoke」は、まるで煙のようにとらえどころのない15年前の事件、そしてさらに昔のベトナム戦争でおこった「何か」と同時に、過去の自分自身を表しているようにも思えます。
そして「Smoke」は過去からたちのぼるばかりのものではない。事件を調べ出した2人を、現実の炎が追ってくる。煙の裏に隠れた殺人者を、2人がつきとめるまで。

読みおわって気付いたのですが、K.A.Mitchellを読んだのは2冊目でした。
Collision Course」を読んだことがあって、これずっとレビュー書こうかどうか迷ってるんですよね。すごくおもしろかったんですが、1つどでかく腑に落ちないところがあって、それがまた、自分の英語力でニュアンスを読みおとしたせいじゃないかという疑いが抜けず。
んで何度か読み返している作品です。どっちも多少ボリュームがありますが、エロ満載で(この人はエロのテンションを高めるのがうまいと思う)、ベタ惚れなんだけど甘々ではない、読みごたえのある話です。ほかのも読んでみよう。

話も人間関係もがっつりと読みたい、という人向け。
相当に自我の強いキャラ同士ですが、大体において受け攻めの分担ははっきりしてる感じなので(100%ではない)、やっぱりカプは固定が落ちつくよね!という人にも。

★エロ多め
★再会

スポンサーサイト

Pinky Swear
Lynn Lorenz
Pinky Swear★★★ summary:
LaneとMattは10歳の時から分かちがたい親友同士だった。
馬鹿げた、だがわくわくする冒険を一緒にくぐりぬけ、互いを支えてきた。

LaneはいつもMattの勇気に憧れ、彼の強さを羨望のまなざしで見つめていた。
それがただの友人にたいする気持ちでないことに気付いたのは早かったが、Laneには気持ちを言葉にできなかった。Mattのような生き生きと輝いた少年が、どうして引っ込み思案でどもりのあるLaneを恋人にしたいと思うだろう?

2人はいつも、互いの秘密を小指で誓ってきた。
大人に知られたくない物事、Mattがゲイであるというカミングアウト、そして家出しようとするMattをLaneは小指の誓いで引きとめる。大学を卒業するまで去らないと。
彼らはいつも、その誓いを守った。

2人は一緒に大学へ行き、ルームメイトとしてすごす。
一度としてMattがLaneに友情以上の気持ちを見せたことはなく、Laneは彼らの関係をあきらめていた。
だが、小指の誓いが切れてMattが去っていく寸前、2人の関係は大きく変わる。
そしてMattはLaneの心を砕き、彼の人生から姿を消した。

2人が新たな小指の誓い──「pinky swear」を立てるまでには、長い時間が必要だった。
.....



pinky swearっていうのは、wikipediaによると日本で言う「指切り」のようです。
古来、約束を破った者は小指を切り落とされた。その故事が子供同士の約束となって今に残っているのだとか。
この話の中では、さらに互いの小指を引っぱりあい、指切りが外れるまでのカウントを「約束を守る年数」として互いに誓う。バリエーションかな?
そのpinky swearが、とても効果的に使われている話です。

何せこういうネタは萌えます。
幼なじみ、子供の憧れ、友人として距離を保とうとする緊張感、ルームメイト。うーん。列挙してるだけで盛り上がる。

子供時代のLaneは、墓場にしのびこんで骨を拾ってくるようなMattの豪胆さを崇拝し、その気持ちはそのまま愛情へと変化していく。
でも彼はMattに言うことができない。大学でルームメイトとして一緒の部屋ですごしながら、Mattが色々な男をひっかけてやりたい放題やっているのを見るしかない。

一方のMattは、いつもLaneの強さに支えられてきた。彼にしてみれば強いのはLane、誓いを守り、いつでもそこにいてMattを支えてくれたのはLaneなのです。MattはいつでもLaneの輝ける部分を見ていた。
そのことが後半になって彼の視点から物事を見た時に、しみじみと語られていて、2人の間にある絆が見えてくる。もっとも、2人にはどちらもその絆が見えていないわけですが。
そんな彼らのすれちがい、相手への気持ちがじれったくも可愛い。
2人ともそれぞれに相手に真心を抱いているのだけれども、行き違って、離れてしまうのです。

彼らが育ったニューオーリンズをカトリーナが襲う、その時にまた2人の運命は変わります。
最近カトリーナの話を読んだな、と思ったらつい数日前にレビューした「Breakfast At Tiffany's」ですが、これ作者が同じです。この人、ニューオーリンズ出身なんですね。

幼なじみネタに萌える人は鉄板。
話に意外性はあまりないけれども、キャラがきちんと練り込まれていて、ほのぼのと読めます。Mattの父親に関してその後のフォローがないのがちょっと気になりますが(読み飛ばした可能性もあるが…)、ほかの周囲のキャラも全体によく書けていて、バランスがとてもいい話です。
目新しい話もいいけど、丁寧に書かれた話はやはり読んでいて気持ちがいい。

★幼なじみ
★片思い

Finding Zach
Rowan Speedwell
Finding Zach★★★ summary:
Zach Tylerは5年の間行方不明だった。
救出された時、彼は犬として誘拐犯に飼われ、人に口をきこうとしなかった。

精神的にも肉体的にもひどいダメージを負ったZachは、それから2年の治療がすぎてもなお不安定な日々をすごしていた。
恵まれているのはわかっている。裕福な両親とともに毎日セラピストと話しあい、家族ぐるみでZachのための出口を探している。
だがZachは、自分の苦しみが愛する家族の心に重い負担をかけていることに耐えられなかった。
もしかしたら、彼は戻ってくるべきではなかったのかもしれない。あのまま、ベネズエラの森の奥で死んでいた方が、皆のためだったのかもしれない。

そんなある日、Davidが町に戻ってきた。
Zachの少し年上の幼なじみで、Zachの初恋。だが2年前、救出されたZachにDavidが会いに来た時、Zachは取り乱し、叫んだ。
それ以来DavidはZachに近づかず、NYに去った。彼は何故Zachにそこまで憎まれるのか理解できず、深く傷ついていた。

Zachは、Davidとの再会にどうしていいのかわからない。
誘拐され虐待を受けていた間、Davidは唯一のZachの聖域だった。
今、のばせばふれられる距離にいながら、Zachはどうしても動けない。心も体も傷だらけの彼を、誰が望むだろう。
Davidの知らない暗い秘密を山ほどかかえた彼が、どうしてDavidを望めるだろう。
.....



かなり痛々しいトラウマの話です。
が、Zachの痛々しさとともに、彼の生来のたくましさ、生きようとした意志、彼がかつて持っていたユーモアのセンスなどがあちこちにかいま見えて、強さに満ちた話でもあります。
もっともそのユーモアや強さは、誘拐される前の彼がどれほど溌剌として希望にあふれた少年だったのかも浮かび上がらせて、それがまた痛いのですが。それは、永遠に失われてしまった少年の姿です。

Davidは、Zachが誘拐されて半狂乱になり、助け出されたと聞いて歓喜する。でも会いに行った彼を迎えたのはZachの心の底からの恐怖の悲鳴で、それは彼をうちのめします。
その恐怖がDavidに向けられたものではないことを、Zach以外の誰も知らない。

そうしてZachに背を向け、去ったDavidですが、それでも彼はZachの元に戻る。
彼とZachの間に生まれる関係は、脆く、痛みと混乱に満ちていて、Zachのねじれた気持ちは彼にねじれた言葉を吐かせる。DavidはZachを守りたいのですが、Zachはそれを望んでいるわけではないし、そもそも何から守ったらいいのかわからない。
手探りで、ぶつかりあいながら、2人は関係を築いていかねばなりません。
Zachのトラウマだけでなく、Davidの混乱や怒りもあらわで、相手の気持ちを探りそこねて迷える2人の様子は、シンプルで根本的なラブストーリーでもある。
愛はある。でもそれで充分なのか。それで足りるのか。

少しずつ追憶を織りまぜていく話の展開が練れた感じでうまいですね。深刻な話なんだけれども、痛々しさばかりに焦点を当てず、動きのある話の展開になっています。
Zachの気持ちの揺れ、同じところをぐるぐる回ってしまう彼の逡巡や自己嫌悪、心の奥に植え付けられた恐怖──そういうものが、Davidの存在によってひとつずつ薄らいでいく(魔法のようになくなったりはしないわけですが)、その様がきちんと描き出されている。

凄惨な描写がある話なので、痛いのが苦手な人は要注意。文章は "matter of fact" という感じでそれほど湿っていません。笑えるエピソードも織りまぜられていて、テンションのめりはりがきいている。
トラウマもの、立ち直っていく話が読みたい人におすすめ。

★人質
★初恋

The Boy Next Door
Kate McMurray
The Boy Next Door★★ summary:
Lowellは高校生の時、自分がゲイであるとカミングアウトした。その小さな町で初めてのことで、彼と父親との不仲を決定的なものにした。罵倒、暴力。母も彼の盾にはなれなかった。
18になった彼は町に背を向け、両親に背を向けて去り、二度と戻らなかった。

だが父が死に、ひとり残された母の面倒を見るために、Lowellは生まれた町へ戻り、家を買う。
すべての手続きが済んだ時、隣人が幼なじみだったJaseだということを知ったが、それをどう思えばいいのかわからなかった。昔は仲がいい友だった。だがいつしか離れた相手だ。

Jaseは、Lowellが隣に越してきたことに嫌な予感を感じていた。結婚に失敗して離婚し、6歳の娘を引き取って面倒を見ながら、彼は二度と誰かと深い関係を結ぶまいとしていた。
ゲイであることを隠して、ここまで生きてきた。
この先もそうやって生きられる筈だ。娘を守り、成長を見守るために。

しかし、JaseにとってLowellの存在はあまりにも大きくなり…
.....



子持ちの隠れゲイと、かつて学生時代、堂々とカミングアウトするだけの勇気を持っていた男の話。
「The Boy Next Door」の「Boy」は仲のいい友達だった子供のころの彼らを表しているのかも。

とても仲が良かったふたりは、しかし段々と別々の道をゆくようになる。Jaseが野球の道を選び、Lowellがアーティスティックな方面へ進んだから、というように見えていますが、それは表面的なものだった。少なくともJaseは、Lowellに惹かれる自分を感じて、距離を取った。Lowellはそのことを知らないけれども。

大人になったふたりには、色々な人生がのしかかっている。Lowellは老いてきた母の面倒を見なければならないし、Jaseには娘の面倒と、そして最近やたらとトラブルを引き起こしている元妻との摩擦もある。
特にJaseは人生の色々な面に行き詰まっていて、娘の存在は彼に取ってほとんど唯一の光です。

はじめのうちは、Lowellの帰還とともに静かに深まっていく人間関係が、かなり淡々と書かれています。すごく盛り上がるというより、すぎていった時間の重さと、新たに作られる彼らの関係が積み重なっていく感じ。
でもJaseはLowellとの間に体以上の関係が生まれるのを望まないし、元妻は「隣に引っ越してきたホモを娘に近づけたら承知しないからね」と言い放つホモ嫌いです。まあ、彼女としては、結婚した旦那が「実はゲイだった」ということで離婚をしなければならなかったので、今でもその傷が彼女を攻撃的にしているのかもしれません。

淡々とした話の中で、そういった複雑な状況が折り重なっていって、ついに破綻する。
その瞬間の盛り上がりはボルテージ高くて、痛々しいです。
それはJaseを傷つけ、Lowellを傷つける。

全体によく書かれた話だと思うんですけど、ちょっと気になる点もなくはなくて、ひとつは元妻。かつてJaseの本当によき友人であった(らしい)元妻が、この話の中ではただの性格の悪いビッチちゃんにしか見えないもので、そこはもうひとつフォローがほしかったなあと思う。Jaseの語る元妻の記憶と、現在の彼女がうまく重ならないのが気になります。
あとラストへの集約の仕方も、複雑に絡み合ったキャラの気持ちをまとめるにはちょっと安易かもなあ。もうひとつふたつ、そこは工夫がほしかったところ。

とは言え、人生を背負った「大人」の、恋だけでは何も解決しないけれども恋を手放してしまうと自分の気持ちがからっぽになってしまう、という複雑なところは味わい深く書かれていて、読んでいると2人を応援したい気持ちに駆られます。色々と根の深そうなサブキャラも出てたので、もしかしたらシークエンスものに発展するかもしれないですね。
子持ちや、隠れゲイという色々な問題をかかえた男が苦悶する様子が好きな人におすすめ。

★隣人
★ゲイ×子持ちストレート(隠れゲイ)

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

03 | 2017/03 [GO]| 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。