Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

[タグ]キャラ:獣医 の記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Without Reservations
J. L. Langley
WithoutReservations★★★ summary:
ネイティブアメリカンの血を引く獣医のChayton Winstonは、実は人狼でもあった。満月になると狼に姿を変えて狩りに出かける。
ある時、彼の群れの仲間が撃たれた狼を──それも人狼を──Chayのもとに運びこんできた。白い狼を一目見た瞬間、いや見るまでもなく近づいた時から、Chayはそれが彼の「mate」であると知る。
狼には運命の相手がいる。それはただの恋ではなく、どこか大きな力で運命づけられたただ一人の相手。否応なしに惹きつけられ、一生を分かちあう相手だ。
Chayはまだ4つの時から、ずっと自分のmateを夢に見てきた。白い肌と青い目のパートナー。ついに出会ったことにChayは喜ぶが、同時に予期せぬ驚愕にもとらえられていた。彼の運命の相手は、雄狼──男だったのだ。

Keaton Reynoldsは傷から回復して目をさまし、自分がmateとともにいることを悟る。一瞬で、彼は惹かれ、とらえられるが、次の瞬間に相手がストレートの男であることを知って、その喜びは砕け散る。
昔の恋人が「自分はゲイではない」と周囲にふるまう態度に傷つけられたことのあるKeatonは、「ゲイではない」男とまたかかわりあう気はなかった。mateであれ、何であれ。

Keatonは彼らの出会いをなかったことにしようとするが、Chayは後に引かない。はじめのうちこそ驚いたが、Chayはずっと望んでいたmateを前にして後ずさりするような男ではなかった。そしてKeatonと少しずつ関係を積みかさねながら、Chayは心の底から、この美しく、強情で癇癪もちの、小柄な狼を好きになっていく。まさしくKeatonは、彼の求めるmateだった。
Chayの心を信じながら、それでもKeatonは彼らの未来を信じられない。いつか、Chayはやはり女の子の方がいいと思いはじめるのではないだろうか。それにChayの家族や友人が、彼のmateが男であると知ったらどう思うだろう? 自分の存在や、自分たちの関係はChayの未来や幸せを傷つけてしまうのではないだろうか。

そんなある日、Keatonの車のブレーキホースが切断されて、事故をおこし…
.....



J.L. Langleyの人狼もの。
ここの人狼は、興奮すると目だけ狼になります。狼の目で見つめあったりして、大変エロい。
んでもって、女性の人狼はいないそうです。だからChayは、白い狼が自分のmateだ!と気付いた時、まず「女の狼がいるんだー」と感心する。まちがってるぞお前。でもまちがってることにびっくりしてなお、Chayはひるみません。小柄なKeatonを「Little Bit(ちっこいの)」と呼び、他にもKeatonを苛立たせるいろんな渾名を勝手につけながら、彼はどんどんKeatonの生活に入りこんでくる。ためらわないし、迷わない。
Keatonは希望と自制の間で揺れ動きながら、どうにかしてChayを自分の生活から押しやろうと思うけれども、一度「これは運命だ」と決心したChayをどうにかできるわけもない。

ゲイとストレートのカプの話ってのはそんなに珍しくないですが、ゲイ側(Keaton)がとにかく逃げよう逃げようとしているのがおもしろい。逃げると言ってもただの及び腰ではなく、「女じゃなくってすいませんね、こっちに気を使ってくれなくても全然結構ですよ」みたいな、ちょっと攻撃的な逃げ方です。
J.L. Langleyの受け(タイプ)はみんなそうなんですけど、Keatonも小柄で敏捷で、ユーモアと反骨精神に満ち、愛らしい癇癪もちでもあります。この受けを、包容で強引な攻め(タイプ。たまにリバやるので)が溺愛するという、まさに鉄板カプ。しかもすごい可愛い。
Keatonはとても強い狼で、Chayが属する群れの中でもおそらく最強の狼ですが、戦いや主導権争いを好まない。16歳の時に家族や仲間にゲイであることをカミングアウトし、拒絶された彼は家をとびだして自力で学費を稼ぎ、自分だけの力で生きてきた。その彼がはじめて自分を預けられるほど信頼した相手が、Chayです。逃げよう逃げようとしながら、Keatonは頑固で誠実なChayにふれるにつれ、彼に傾いていく。

2人が飼っている子犬(ChayからKeatonへのプレゼントです)がまた可愛い。いいムードになったところでChayの爪先をかじり、Chayが狼に変身すれば「遊んで!」とばかりにChayの耳をかじる。どうにかしてくれ!と狼のまなざしでKeatonにうったえるChayが笑えます。狼なのに。
Chayの友人や母親など、障害は多けれど、彼らは互いとともに新しい生活を作りはじめる。
その一方、誰かがKeatonを狙っていることが段々とあきらかになります。はたして彼らはすべてのトラブルを無事のりこえられるのか?

ほんとーに愛らしい、笑えるカプです。
いくらか残った問題が気になるのですが、何故ChayがKeatonの狼としての強さを嗅ぎとることができないのかとか、銀の弾丸が最後に効かなかったのはどうしてかとか、あれは裏設定があるのかないのか。
まあでもそれはさておいて、とても楽しめる一冊。気になる友人のRemiの話は、続編が出てるので読んでみるつもりです。

★人狼もの
★運命の相手(mate)

スポンサーサイト

When The Bluebird Calls
Leiland Dale
When The Bluebird Calls★☆ summary:
獣医師のDevon Reidは、母の病の悪化に心を痛め、看病を続けていた。2年間ともにすごした筈のパートナーは、彼が家をあけて母親の看病をすることに文句を言い、彼らの関係は終わりを迎える。
母がついに息を引き取った時、Devonは自分に必要なものがよくわかっていた。
新しいスタート──かつての恋人に顔をあわせる心配のない、痛みの記憶がよみがえってこない、どこか離れた場所での人生だ。

Greg Elliotは、生まれ育った牧場から、父親にライフルを持って追い払われた。父は息子がゲイであることを許せず、身ひとつで無情に放り出したのだ。
モンタナの牧場に行きついたGregは、そこで働きはじめる。少なくともここでは、自分を偽らずに暮らすことができる。
日々に満足していたが、牧場に残してきた弟がどうしているか、彼はずっと気になっていた。

そんなある日、Gregは町に新しくやってきた獣医に出会う。

それは、互いにとってこれまで経験したことのない出会いであった。
強く相手に惹かれる彼らだが、Devonの元恋人がDevonを追って町に姿を見せた夜から、彼らの関係はその形を大きく変える。
.....



「元恋人と別れてクリーンなスタートをしようとした土地で、運命の男と出会う」という割と典型的な展開の話です。
キャラクターの感情はよく書かれているし、ドラマも練り込んであり、読む方はあまり深入りせず気軽に楽しんで読める感じ。

ほのぼのした出会いと恋に落ちた2人に、元恋人やら、家の火事やら、災難が降りかかってきます。そんな中でも揺らがない彼らの互いに対する愛情と、「雨降って地固まる」的な展開が読みどころ。
Devonの優しい性格がはしばしににじみ出ていて、彼が最後にGregの弟に会いに行くところなんか、とてもいいシーンになっています。
自立してるんだけど、愛らしい感じの獣医さんです。初対面の男と話すのが苦手だから医者じゃなくて獣医になったんだ、とか。(アメリカだと獣医も「Dr.」なので、かなり尊敬されてるみたいです)
小さなエピソードが効いています。

Gregは絵に描いたように格好いいカウボーイです。保護欲高そうなところがポイント。
この2人だったら幸せになるだろうなー、という感じが全編にほのぼの漂ってる感じがいいです。しかし最初にDevonが見てた「運命の男」の夢は何だったんだろう。ただの予感?

群像劇系のシリーズらしくて、はしばしのサブキャラがちょっと思わせぶりな言動を匂わせています。
まったりと幸せな短編を読みたい人におすすめ。わかりやすいし、気楽に読めます。

★牧場

Mistletoe at Midnight
L.B. Gregg
MistletoeAtMidnight.jpg★★★ summary:
獣医のOwen McKenzieは、恋人と別れ、家族の住む場所に近いVermontに住まいと仕事場を移すことにした。
家族とのクリスマスパーティが行われるロッジに出向きながら、彼は、母親が息子のための「気づかい」を用意していないことを願っていた。どの集まりでも、どのパーティの時も、彼の母はOwenに誰か「いい人」を引き合わせようとしてきた。

だが今年のクリスマス、彼を待っていたのはこれまでとは比べものにならない驚きだった。

Caleb Black。高校の同級生。彼の初恋。そして何も言わずに彼の前から消えていった少年。
そのCalebが、15年たった今、ロッジの部屋に立っている。

久々に会った父親は病で具合が悪そうで、Owenは罪悪感と心配とで心が揺れる。さらに、Owenを捨てた筈の恋人までもが何故かクリスマスパーティに招待されていたことが判明し、このクリスマスは彼にとって史上最悪のクリスマスとなりつつあった。
.....



HisForTheHolidays.jpg今年できた電子出版社Carina Press(大きな出版社のスピンオフらしい)の、「最初のクリスマス」を記念して出されたクリスマスストーリーのひとつです。ほかにもJosh LanyonやZ.A. Maxfield、Harper Fox(この人は私は初読み)といった有名作家をそろえています。
ばらでも買えますが、4人全員のストーリーがそろったアンソロジーとして「His for the Holidays」でまとめ買いできます。

←こっちの方がちょっとお得。

Owenは、ちょっと不器用で、シャイで、非社交的な獣医。ただのシャイというより、「あーもう、くそう!」と内心のたうち回るタイプの、気持ちが活発なシャイです。外側から見てると楽しそう。
彼の家族、特に母と兄は活発でおせっかいで、お母さんはどうしようもないくらいのずば抜けたおせっかいママ。彼女があけすけに色々なことに口を出すたびに、Owenは内心のたうち回ったり、テーブルの下に隠れたくなるのです。

その家族、さらに15年前に見失った筈の初恋の男、そしてちょっと前に彼を捨てた男と一緒にロッジでクリスマスをすごすことになって、Owenは自分の立ち位置がもうわけわからなくなっちゃっている。
でも、病気がちな父親のために、「いいクリスマスにしなくちゃ」という決心はしている。そうでなければ逃げ出していそうです。30すぎた男に何ですが、実に可愛い。

彼の気持ちはいまだにCalebにあるし、Calebだって彼に色々な誘いを仕掛けてくるのですが、Owenはどうしても一歩が踏み出せないのです。
彼がその壁を破るには、やはりクリスマスの魔法とおせっかいな家族が必要なのかもしれません。

15年前の彼とCalebの恋の情景が入り混じりつつ、Owenの気持ちや妄想の暴走も入り混じって、なかなかにカラフルな話です。楽しいし、笑えるし、ロマンティック。ホリデーストーリーとして三拍子そろっています。
最後のちょっとしたひねりもよく効いていて、クリスマスの読書におすすめ。気持ちが明るくなります。

★クリスマス
★再会(初恋)

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

10 | 2017/11 [GO]| 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。