Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

[タグ]キャラ:学生 の記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Strong Hand
Catt Ford
A Strong Hand★★★ summary:
SMシーンの高名な写真家であるDamianは、予定していたモデルが来られなかったある日、思いついたイメージをためしてみるためにアシスタントのNickを使う。そして、Nickが完全に彼のイメージを再現していることを発見した。

Nickは学費のために仕事を必要としていた。全裸でSMシーンの写真を撮ることにもそれほどの抵抗を感じなかった。Damianはすぐれた写真家で、モデルを大事に扱っているのを見ていたし、カタログの写真はモデルの顔が判別できないよう暗い影にされていることも知っていた。
彼が知らなかったことは、自分がDamianのイメージの中で折り曲げられ、器具に拘束されることにどれほどの興奮を覚えるか──どれほど、Damianの支配の下で昂揚するか、ということだった。
彼は欲情し、驚く。Nickはゲイではなかったし、SMに対するわずかな知識も、興味もなかった。だがDamianの下で彼は服従の喜びを覚えていく。

DamianとNickは、互いの間にあるものを探りはじめ、DamianはNickを自分のSubとして様々なことを教えはじめる。
一度Nickが自分の中の性癖に気付いた以上、無自覚にその世界に入っていくことは危険をともなう。「セーフワード」の存在すら知らないNickを無知なまま放置しておくことはできなかったし、DamianはNickを支配する誘惑には勝てなかった。
だがNickの持つ好奇心が満たされた時、Nickが彼を去るだろうことも、Damianにはわかっていた。彼らは10の年の差があり、Nickを動かしているのはあくまで未知の世界への誘惑でしかない。
そう思いながらも、いつのまにか、DamianはNickに対する気持ちを無視できなくなっていく。支配と愛情の境い目で、彼は苦しみ、主人としての自信も失い‥‥
.....



わりとSMってサディズム/マゾヒズム的な観点からとらえられがちですが、スラにおける(というか欧米における、か?)SMというのは「Slave/Master」の関係性を重視するものが主で、嗜虐的な(だけの)ものは少ないように思います。
BDSM系の名作と言えば「Remastering Jerna」なんかもすごく好きなんですが、このへんを読むと「主人にもスキルが必要」ということがよくわかります。奴隷の欲望と限界を正確に読み、己を律するだけの強さがない人間は、Dom(Dominant=支配者)になる資格がない。
奴隷と主人とは言っても彼らの間には深い信頼が必要で、互いを信頼するからこそ彼らは深くシーンの中へ入っていく。奴隷の服従と屈服を得た主人には、その信頼に応える義務があります。
信頼を基礎として、彼らは互いの限界をさぐりながら、行為を深めていく。痛みや拘束具は、己を通常では感じられない世界へ解放していくための道具であって、目的ではない。

この「A Storong Hand」は、そのへんを見事に凝縮した話で、プレイの物理的な詳細だけでなく、そこにある精神的なつながりやハーモニーを書いています。
初心者で、ゲイでさえないNickを新たな世界へ導こうとしながら、DamianもまたDomとしての資質を問われる。彼は経験の深いマスターですが、Nickとの間にあるものはそれまでの彼の経験だけでは対処できないものです。
NickはDamianの支配を望んではいるが、一方で見知らぬ行為に怯え、途中でセーフワードを口走ってしまうこともある。
この場合、セーフワードを発した奴隷(ってのも何かちがうんだけど、Subをどう訳せばいいものやら…)ではなく、そこまで追いこんでしまった主人に問題がある。それが、即座に行為をやめて反省するDamianの様子からもよくわかります。
話の中でも何度か言及されますが、彼らはDomとSubの関係ではあるが、本質的にその関係を支配し、すべての力を持っているのはSubの方なのです。

Nickは迷い、惑い、Damianはいくつもの間違った手段を取ってしまう。
失敗と葛藤をのりこえ、彼らは互いを信頼することを覚え、相手のリミットを覚え、単なるプレイをこえる人間関係をつくりあげていく。そして、さらに深い感情も。

SMの話というより、信頼と人間関係の葛藤の話です。エロは山盛りですが、特にハードなプレイもなし。痛くもないし、受けもそんなにいじめられたりはしないので、SM読まない人でもおすすめ。
あと、写真を撮るシーンで紡ぎ出されるイメージがとても艶っぽくて美しい。
ラストはちょっとあっさりしすぎた感もありますが、そこまでがとてもおもしろかったし、特殊要素ではあるけれども、人間関係の絡みがよかったので★みっつ。

★BDSM

スポンサーサイト

Str8te Boys
Evangeline Anderson
Str8te Boys★★ summary:
Maverick HolmsとDuke Warrenは同じ大学のサッカーチームに所属し、4年の間ルームメイトであった。
Dukeは陽気で、不屈で、時に騒々しいほどのところがあったが、Mavはこの友人を心の底から大事にしていた。

大学生活、そしてDukeとのルームシェアが終わろうとしている時、2人で払っている家賃の半分をDukeが使いこんでしまう。
金に困った2人に、ゲイの友人が「Str8te Boys」というサイトを紹介してくれた。それは男同士の写真をのせているゲイ向けのサイトだが、タイトル通り「ストレートの」男をテーマにしたもので、あまり「ゲイっぽい」ものではない。ちょっと雰囲気のある写真を取るだけだ。
そのモデルをして、金の穴埋めをしないかと言うのだ。

Mavは少し迷ったが、それほど抵抗があるわけではなかった。MavもDukeもゲイではない──だがたまに2人は、「gay chicken」というチャレンジをして遊んだ。ふれたり、極端に近づいたりして、先に引いた方が負けというものだ。
2人のふざけあいは、時にかなりきわどいところまでいった。どちらも負けまいとして、そのチャレンジはどんどんエスカレートし、キスをしないという暗黙のルールさえもいつのまにかなし崩しになっていた。

それでも、彼らはどちらもゲイではない。
少なくともそれがMavの信じていることだった。そして彼は、Dukeとともに写真のモデルになることを承諾するのだが…
.....



卒業を目の前にした、大学生のルームメイト2人の話。
「Str8te Boys」てのは「Straight Boys」の意味で、ストレートっぽい男たちの、きわどい雰囲気の写真をのせているサイトです。2人はここでモデルをして稼ごうとする。

2人はとても仲がよくて、でもMavはそれをすべて友情だと思っている。
話はMav視点から語られるのですが、彼の視線を通してすら、「お前は鈍いよ」と言いたくなる鈍さというか、かたくなさです。「gay chicken」ゲームでキスをしても問題ない、何故ならそれはゲームで、相手はDukeだから。別に何もおかしなことはないな。Mavの頭の中ではそんな感じで物事が回っています。
気付け。せめて、キスの先にいってしまった時に気付け! ゲームを自分から仕掛けるようになった段階で、気付けよ! 
と、そのへんを楽しむ話でしょう。

陽気な雰囲気があって、全体に何か「大学生っぽさ」というか、荒削りな情熱で進んでいく感じがおもしろいです。話全体のノリがよくて読みやすい。
「gay chicken」とかも実際にあったらどうよ、という遊び方なんだけど、大学生だと思うと悪ノリはありだと思う。青春ぽいというか。
それでまた、気持ちの裏にあるものが段々わかってくるにつれ、Dukeの視点から物事を考え直すとすごく楽しいです。あー、ここで耐えてるな、とか。ここは地獄だなとか。

本当にノーマルだと思っていた、とか、自分との葛藤とか、同級生からの疑いや反射的な否定など、大体一揃い分のドラマが入って楽しく読める一本です。長さもそんなにないし。
友情発展ものが好きな人、言いたくて言えない感じが好きな人におすすめ。

★ルームメイト
★チャレンジゲーム

Seducing Stephen
Bonnie Dee
Summer Devon
Seducing Stephen★★★ summary:
1856年、夏。
裕福な友人の家に招待されたケンブリッジの学生Stephenは、夜中に目を覚まして仰天する。
見知らぬ男が自分のベッドに入ってこようとしていた。

寝室を間違えたその男こそ、Stafford伯爵 Peter Northrupであった。

Stephenは、年上のPeterの遊び慣れた様子に惹かれた。
彼はこれまで同性に興味を持つ自分自身をどうしても許容できずにいたが、Peterのような男ならば、これまでどうしても恐ろしくて入りこめなかった世界を彼に見せてくれるかもしれない。体の欲求に導かれた先にある世界を。

2人は合意の上で、週末だけの行きずりの関係を持つ。
StephenはPeterに強く惹かれるが、Peterにとって、Stephenとの関係は楽しみ以上の深い意味を持たなかった。少なくとも自分にそう言い聞かせていた。
だが、シャイですぐ口ごもるくせに快活で、橋の設計に打ち込んでいるひたむきな若者の存在は、思うより深くPeterの内側に入りこんでくる。

2人の間にあるものを拒否しようとするPeterは、自分が予期したよりも強くStephenを傷つけてしまう。
別れは一瞬ですむ。すぐ互いに忘れ去る。その筈だ。
そう思いながら、夏から時が経ち…
.....



味わい深い歴史物です。
キャラがすごくいい。若く、自分に確信が持てないStephen。彼は厳格な家庭に育ち、自分が同性に惹かれることを後ろめたく思っている。左利きであることもそれと関係あるのではないかと疑い、右利きのふりをしているほどです。
たとえば、どもっていた彼が、段々と確信を持ったたたずまいになっていくところとか、Peterへ気持ちを込めた手紙をいつもの右手ではなく情熱のままに左手で書くところとか、そういう描写からStephenの姿がしっかりと浮かび上がってくる。

Peterも素敵な男で、皮肉っぽい彼は自分のことを「ただ裕福に日々を食いつぶしていくだけ」の男だと思っているけれども、その内側には押し隠してしまったやわらかなところがある。
Stephenの存在が深くくいこんでくるのを快く思わないPererは、とりあえず全力で逃げる。大人って仕方ないねえ。

でも逃げつつ、逃げられないわけで、どうしても気持ちはStephenに戻る。
出会った時には余裕がありあまっていたPeterが刻一刻とその余裕を失っていく姿が、非常に楽しい。
彼は自分がStephenの中に何を見ているのか、何を求めているのか気付き、価値観がひっくり返される。遊び人ですが真摯でいい男だ。

19世紀のイギリス、同性の関係は罪であり、表沙汰になれば未来は閉ざされる。
そんな中で、自分たちなりの真実を探す2人の物語。
青春のような甘さと大人の世界が入り交じった苦さが出ていて、気持ちが引き込まれる話です。

惹かれあったり、拒否したりと、物語もドラマティックで起伏がしっかりしています。
描写もくどくないけれども美しくて、歴史物好きは勿論、「純情で奥手な受けと年上攻め」にぐっとくる人におすすめ。

★遊び人×純情
★イギリス貴族

A Forest of Corpses
P.A. Brown
A Forest of Corpses★★ summary:
Geography of Murder」続編。

殺人課の刑事Alexは、かつて容疑者として出会った青年、Jasonとともに暮らしていた。
JasonはAlexと出会って変わった。かつて迷える青年であった彼は、自分への確信と自信を取り戻し、人生の希望を心に描きはじめていた。Alexと一緒の人生を。

Alexは、Jasonのいない人生など考えられないほど彼に執着しながら、そのことを自分自身にすら認めるのが怖い。
かつて彼は、結婚生活に失敗し、自分と相手の人生に傷をつけた。果たして今度こそ、Jasonと確たるものを築くことができるのだろうか?

休暇を取り、彼らはロス・パドレス国立森林公園へと出かける。山の中で寝泊まりする本格的なハイキングにAlexはかけらも興味がなかったが、Jasonの希望につきあって、山へと足を踏み入れる。
二人だけの、親密な時間をすごしながら、彼らはお互いと、そして自分自身と向き合っていく。

だがその森にいたのは、彼らだけではなかった。二人は死体を見つけ、大きな犯罪の証拠を見つけてしまう。
AlexとJasonは果たして、生きたまま二人で森から出ることができるのか。
.....



支配的なDomのAlexと、独立心を持ちながら、Alexに絶対的な忠誠を捧げるJasonのカプ。
彼らは前作の「Geography of Murder」で出会い、二人で一緒に新たな人生を作っています。

人に弱みを見せるのが嫌いなAlexは、Jasonが自分にとってどれほど大きな存在なのか、言葉に出しては認めようとしない。
でもJasonの存在はAlexを変えています。
何と言っても、完全なる「都会の男」であるAlexがぶつぶつ言いながらも、自然を愛するJasonのために山歩きに出かけるのです。
まあその前に、Jasonにそろえてもらった山用の靴を履いてプレイ、とかお楽しみもしつつ。

よく、「SMでは、実はSubの方が力を持っている」と言いますが、結構このカプもそんな感じで、「強い男×包容受け」って感じです。前作ではJasonがさだまらずにふらふらしてましたが、今のJasonはAlexにひたすら忠誠を見せて、落ちついている。Alexに自分をゆだねることで強くなっている、そんな「Sub気質」がくっきりと描き出されています。

Alexの中には、Jasonとの関係を言葉にできないためらいとともに、一度Jasonを傷つけてしまった(前作で)ことに対する後悔が、残っています。
独占欲がいきすぎて、自分を抑えられなくなった。
その時のようなことを二度とするまいと、セックスの時もどこかで最後のライン(SM的な)を踏み越えない。傷つけたくないという思いが強い。
でももうJasonは彼を許しているし、そういう鉄のような側面を持つかつてのAlexを求めてもいる。その二人のためらいや欲望が、森の中での二人の時間を経て、変わっていきます。

後半は、森の中で死体や犯罪の証拠に出会った彼らの逃走の話。
リアルに書けていておもしろいんですが、ちょっと全体に長い。物理的に長いと言うより、テーマと長さのバランスがちょっと悪いかな。ハイキングに行くまでのAlexの捜査や日常の話も長く感じてしまったし、もう少しすっきりしてたら、森の中での彼らの関係に集中して読めたかも。
Lanyonの「Dangerous Ground」も二人の男がハイク中に犯罪者と出会って山の中を逃走する話ですが、筋立てとしては同じ形態を取りながら、あれとくらべるとやや散漫な印象があるのが勿体ないです。そこを「リアル」と感じるか、「蛇足」のように感じてしまうかは、読む人によるのかもしれません。

でも、「強さ」だけを人に見せようとするAlexと、そういうポーズまで含めてAlexを愛するJasonのカプは複雑に練り上げられていて、リアルなアンバランスさがあります。

プレイを通してだけではない、「人生を分かち合う」SMカプが好きな人におすすめ。色々なものにもがく強くて強情な男に萌える人にも。
前作から読まないとかなりわかりにくいです。

★BDSM
★ハイキング

Dudleytown
L.B. Gregg
Dudleytown★★ summary:
大学2年生のAlexander Straussには、ルールがあった。決してストレートの男とはつきあわない。その男が、憧れの相手で、自分のルームメイトの場合であっても。
いや、そうであるなら尚更。

しかも何故かそのルームメイトShannonは、真っ昼間から、Alexのベッドの中で女と一緒にいたのだった。

その日の遅く、AlexとルームメイトのShannon、そしてもう1人の友達は、一台の車に乗っていた。運転している友人が「近道」と言って取った道は、彼らを「Dudleytown」──かつて人が大勢死んだと言うゴーストタウンへと導く。
町に入るや否や、彼らの車は誰かをはねたが、はねられた筈の男は消え、そしてAlexとShannonが目を離した隙に友人も消えた。

このゴーストタウンで何が起こっているのだろう。
AlexとShannonは友人を見つけ出し、無事にDudleytownを脱出することが出来るのだろうか?
.....



ハロウィン企画ものストーリー。
素直なAlexを、年上のルームメイトのShannonは見るからに可愛がっていて、さり気にあれこれとAlexの世話を焼いてます。
「でもShannonはストレートだし」「でもShannonは俺のベッドで女の子と寝てたし」とごちゃごちゃ考えて、とにかくShannonと距離を残そうとじたばたするAlexの図が可愛い。

Shannonは、リーダーシップがあり、判断が速く、危機に対した時もほとんど怯えを見せない。彼はとにかくAlexを守ろうとする。
彼らは二人で手に手をとって、闇の中を逃げ惑いながら行方不明の友人を探すのですが、その間もShannonがしきりにAlexのことを気にして、同時にAlexの意見をしっかりと聞こうとしているのが格好いいです。
ShannonはすごくAlexのことを認めているんだけど、Alexは「でもこいつ、俺のベッドで女の子と(略)」にしがみついていて、どうしても腰が引けている。

「俺のベッド」疑惑は後からShannonによって説明されますが、「かっこいい×かわいい」系のカプはやはり萌える。
L.B.Greggの受けは、「はねっかえりでやんちゃでうっかりだけど芯が強くてたよりになる」のがほんとに可愛い。活発だけど一途で、読んでいると、幸せになるといいのになあといつも思います。

ハロウィンのサスペンス系の話ですが、ゴーストものではないです。短いドラマみたいな感じで、映像で浮かんでくるようなスピーディなサスペンス。
11月だけどハロウィンものが読みたい人、サスペンスストーリーを楽しみたい気分の時におすすめ。

★ゴーストタウン
★ルームメイト

Sonoran Heat
Katrina Strauss
Sonoran Heat★★ summary:
45歳のTonyは、20年近く暮らしてきた恋人と別れ、人生の芯を失ったような気持ちだった。別れたことそのものよりも、1人でいることの孤独が身にしみる。
そんな時、若いウェイターのJoshと出会ったのだった。

Joshはウェイターのアルバイトをしながら、画家として大成することを目指す学生だった。21歳と、Tonyからしてみれば子供のような彼は、だが年に似合わずおだやかで、Tonyともよく気が合った。
そして2人とも、自分たちの住む砂漠の町を愛していた。Tonyはその町で腕のいい庭師として美しい庭を作り、Joshは砂漠の中から彼が拾い上げた無数の色をカンヴァスに描いた。

2人はたちまちに恋に落ちる。
だが年の差やJoshの将来のこと、Tonyの迷いなど、さまざまなものが立ちはだかって…
.....



砂漠の町Sonoranでの、45歳と21歳の恋。
自然の美しさを存分に盛り込んだ、精緻で美しい話です。

この話で何が印象深いって、砂漠や自然の描写の美しさや、それによせる2人の情熱の繊細さ。
庭師のTonyが自分の仕事に誇りを持っていることや、Joshが絵によせる情熱などが自然に描き込まれていて、話に深い陰影を与えている。
Joshはコーヒーで絵の陰影をつけているのですが、それを読みながら、昔々に私もコーヒーで絵を描いたことがあるのを思い出したりしてました。色はいいけど匂うのだ…
さておき、そういう「追憶」にふっと浸りたくなるような、何とも言えないセピア色の雰囲気が漂っています。

誰もが驚く年の差カップルですが、友人たちの不安や心配をさしおいて、TonyもJoshも幸せです。ふたりの間にあるものはおだやかで、いかにも満ち足りている。
ほのぼのとした幸せカップルなんですが、やっぱりTonyは年のことが気になってしまいます。
今はいい。でも5年後は?10年後は?

そしてJoshも、選択を迫られる。何を取るのか。何をあきらめるのか。

まったりとして情緒的で美しい話ですが、評価はわりと読む時の気分によってわかれるんじゃないかと思う。
大きなドラマが少なくてテンポがゆったりとしているので、少しずつ深まっていく年の差カップルの心の動きや、ストーリーと絡み合った自然描写の美しさが存分に楽しめます。家でくつろぐ2人の様子なんか、本当に家庭的でほのぼのしているし。
一方で、スパイスやパンチの利いた話を読みたい時にはもどかしく感じてしまうかもしれない。エロは結構濃いめだけどね!
でもその感じが、この話のいいところです。

自然や砂漠の描写、2人の砂漠デートの情景などが本当に美しくて、のんびりとした読書にはおすすめです。気持ちがなごむ。2人とも人間性が豊かでいいカプだし、友達など周囲のキャラの表情も豊か。
年の差カプが好きな人、じっくりと読書したい気分の時におすすめ。

★砂漠
★庭師

Special Delivery
Heidi Cullinan
SpecialDeliveryLG.jpg★★ summary:
Sam Kellerは母が死んでから、叔父夫婦に引き取られて彼らの店で働きながら、ゲイであることを隠し、自分の性的なファンタジーを押し込め、ひどく息苦しい思いをしていた。
そんなある日、店の倉庫に荷物を届けにきたトラック運転手、Mitchと出会う。二人は即座に惹かれて体の関係を持つが、Mitchは常に街から街へ荷物を運ぶ根無し草だ。

だが、追いつめられてついに家出したSamの声に答えて、Mitchは彼を助手席にすくい上げてくれた。
二人はそのまま旅に──Mitchにとっては仕事の移動だが──出る。

Mitchとの関係を深めながら、Samは自分自身のことを前より深く知っていく。自分の中にある欲望、恐れ。
彼はMitchのことも知りたいと思うのだが、Mitchには語りたがらない過去のシーンがあり…
.....



性の目覚めというか、自立や自分探しのお話です。基本はBDSMで、3Pとかもあり。
迷える青年Samと、自由なようでいて過去に影を持つトラック野郎Mitchの話です。

なかなか味わい深い部分がある話で、Samが母の遺灰を持って家出したり、母親のために美しい景色のところに灰を少しずつまきながら旅をする部分など、彼の繊細さを映していていいシーンだと思います。
性を通した自己発見の話でもあるので、かなりエロだく。
心理描写と性描写を細かく絡ませた、一風変わった話でもあります。

私は、話の前半部分では何だかのれなかったんですが、二人がラスベガスにいってからの後半はかなりおもしろかったですね。もう一人メインキャラがそこでくわわるんだけど、彼が思いの外によかった。
のれなかったのはおもしろくないからというより、個人的にSamの視点にどうにも同調できない感じがあったからだと思う。とにかく迷える青年なので、彼は至るところで迷います。Mitchの手ほどきでかなりディープな世界に踏みこみつつ、一歩ずつ迷う。
で、その感じがちょっと苦手でした。あんまりびくびくしてるから、読んでて居心地悪いと言うか。ただ、それだけ迷っていたSamが後半に成長しているところは、逆に見ごたえがあったので、物語の陰影としてはよかったと思う。ちょっと評価が難しい気分です。気持ちを動かされるシーンもあったし、Mitchとの人間関係は濃密で読みごたえもあり、読んでよかった一冊ですが。

アメリカの広大な景色や、ひとつの家のように設備が整ったトラックを何日も走らせていくその「広さ」の感覚は、よく描き込まれていて充分に味わえます。広い広い、ほんとに広い!
旅ものが好きな人、年上の男にほにゃららと陥落していく迷える青年シチュが好きな人におすすめ。
キャラクターにリアリティがあって、それとセックスシーンがよく絡んでるので、「エロはあった方がいいけどエロだけじゃ」という時にも。何だかんだ言いましたが、読後感はかなり充実していて爽やかです。

★BDSM・3P(ライト)
★トラック野郎

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

03 | 2017/03 [GO]| 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。