Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

[タグ]キャラ:吸血鬼 の記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Payback
Jordan Castillo Price
Payback★★ summary:
Scary Maryはデトロイトのゴスクラブで行方不明となり、死体となって発見された。

Michaelは、親友が吸血鬼に殺されたと知っていた。
その存在をあからさまにされることはないが、吸血鬼たちは都市の闇に息づき、「吸われたがる」若者たちなどをその餌食にしていた。だがそのことを警察や家族に言うことはできない。
Michaelは家を去り、様々な事件の新聞記事などをもとに吸血鬼を追い、2年かかってその中の1人を発見する。

杭や槌、十字架、聖水、そしてドラッグまで用意して、吸血鬼が立ち寄るバーに出かけたMichaelは、体良くその吸血鬼、Grayとともにバーを出ることに成功する。
だが彼にとって計算ちがいだったのは、Wild Billという男も一緒についてきたことだった。タトゥを入れ、レザージャケットをまとったセクシーな男。
もし狩りに心を取られていなければ、Michaelがデートしたにまちがいない男。

3人の生々しいセックスの最中、Wild Billは何故か、吸血鬼に薬を盛ろうとするMichaelに協力する。
彼は何者なのか。何が目的なのか。そしてMichaelはうまくGrayを「狩る」ことができるのか…

.....


Jordan Castillo Priceによる「Channeling Morpheus」のシリーズ1作目。
短編と言ってもいいような短さですが、シリーズ全体を通して濃厚でおもしろいです。この1作目は導入編という雰囲気がありますが、まずつかみとしても成功している。

Michaelはゴスメイク(主にアイライナーのようです)をしている美しい青年で、まだ若い。21歳。友人の仇の吸血鬼を1人で追っています。
退廃的で、少し疲れたような雰囲気を漂わせる青年だけれども、その内側は親友を失った痛みに満ちています。吸血鬼が元凶だと知った彼は、杭を手にしてそれを追わずにはいられない。勇気があり、向こう見ずでもある。世を投げた厭世的なところも見せる一方で、妙に純情なところもある。
吸血鬼たちは、彼の痛みと孤独に惹かれます。
そしてMIchaelは今回の狩りを通して、自分が持っていた「吸血鬼」の悪鬼のようなイメージをくつがえされることになる。それはScary Maryの死と同じように、彼の人生を変えていきます。

作中に出てくるRohyrnolというのは催眠鎮静薬で、デートドラッグ(レイプドラッグ)としても使われる。
吸血鬼はこれに弱くて「夢の世界へ行ってしまう」そうですよ。シリーズ名の「Channeling Morpheus」というのも、「Morpheus(モルペウス:ギリシア神話の夢の神)とチャネリングする」という意味かと。

このシリーズは、同じようにやや短めの連作で続きまして、今5作目まで出ています。MichaelとWild Billについて書かれたその先の話がおもしろいというか、やはり濃厚で、独特の香りがあります。
話もおもしろいシリーズなんですが、特筆するべきはその雰囲気のような気がする。
Jordan Castillo Priceの文章には不思議な雰囲気があります。ダークで、湿り気がある。かと言って饒舌ではなく、むしろ淡々とした筆致。
たとえばCameron Daneの文章は「温度が高い」といつも思うんですが(…70度くらいかな?)、Jordan Castillo Priceは「温度の低い」作家ですね。温度が低く、耽美な湿り気と、コンクリートの打ちっ放しのようなざらつきとストイックさが同居しています。
この先のシリーズで書かれる2人の道行きもまさにそういう、ダークなものがまとわりついた、どこに行くかわからない不安定さと、互いを求めてしまう激情とがどろどろに入りまじった話です。

吸血鬼ものが好きだとか、ダークっぽいものが好きな人におすすめ。まずは好みにあうかどうか、このシリーズ1を読んでみるというのもいいと思います。

★吸血鬼
★短編

スポンサーサイト

Vertigo
Jordan Castillo Price
Vertigo★★ summary:
Channeling Morpheusシリーズ2作目。

MichaelとGrayとの邂逅から2ヶ月。Wild Billは吸血鬼の集団とともに、吸血鬼グルーピーの連中の血を吸い、セックスし、それなりに平和にすごしていた。
だがそこに、ついに彼の居場所をつきとめたMichaelが現れる。
Michaelはここに「吸血鬼を狩りにきたわけではない」と言う。彼はWild Billに会いに来たのだ。「杭のことは心配しなくてもいい」と言われるが、Wild Billが心配しているのは杭のことなどではなかった。

彼はMichaelに惹かれていた。強烈に。
だがMichaelは吸血鬼を狩る人間で、Wild Billはもう何十年も前に人間であることをやめ、吸血鬼となっている。どれほど惹かれても、Michaelに近づくのがいい考えだとは思えなかった。

そしてMichaelは、Wild Billの思った通り、その手の中にひとつふたつ、巧みな仕掛けを準備していたのだった。
.....



前作「Payback」に続く、今度はWild Billの視点から書かれる再会話です。やはり短編。
退廃的で、重く湿った、その一方でストイックなJordan Castillo Priceの雰囲気は健在。

MichaelとWild Billとをつなぐものは、そういう重く湿った「何か」であるように見えます。欲望なのか、それともそれが欲望以上のものなのか。互いにそれがわからないまま、Wild Billは逃げようとするが、Michaelは彼を追う。
2人の関係は、「Payback」の出会いからはじまり、この「Vertigo」で決定的な変化を迎えます。

ひどく微妙な、闇のふちをMichaelは歩きはじめているようにも見える。彼をつき動かすものはきっと孤独で、Wild BillもまたMichaelの孤独に惹きつけられる。
深い、暗い予感を含んだ物語です。
「Payback」を楽しんだ人なら絶対におすすめ。

★吸血鬼×人間
★短編

Channeling Morpheus: Manikin
Jordan Castillo Price
Channeling Morpheus:★★☆ summary:
Marushkaという女の吸血鬼が、Michaelに永遠の命を囁いて彼女の部屋へと誘う。レースやベルベット、磁器、真珠──陽光の入らない一室はそれらのものであふれていた。
「人形」たちに美しい衣装を作ることに情熱を注ぐこの女吸血鬼は、Michaelを新たな獲物にしようとしていた。
見目のよい、ちょっとした小物をふやすように。もう一体の人形をふやそうと。

Michaelは吸血鬼たちが長く生きれば生きただけ性質が悪くなるのではないかと疑ってはいたが、彼らがどれほど常軌を逸脱するのかまではわかっていなかった。自分がどんなことに足をつっこもうとしているのかも。

吸血鬼を眠らせることには成功したものの、にっちもさっちもいかない危機に陥ったMichaelの最後の希望は、Wild Billだった。吸血鬼の男。
彼はMichaelを救ってくれるだろうか。それとも、2人の間に「何か」が存在すると思っているのはMichaelだけなのだろうか。セックスよりも、血よりも深い何かが。
.....



Channeling Morpheusシリーズ」3作目。
前2作ではキャラクター同士の邂逅と関係の深まりを書いていましたが、このあたりからまさにJordan Castillo Priceの本領発揮というか、暗い、湿った、ざらついた世界を思うさま楽しむことができます。
年経たヴァンパイアの暗い部屋でBillとMichaelは再会し、Michaelは浴室の床に倒れたままのヴァンパイアの首を切り落とさなければと思いながら、闇の中でBillの愛撫を受ける。暗い情熱が2人をつないでいる。

Wild Billは生きていくために人の血を吸わなければならず、彼が誰かを殺しているわけではないと知りつつも、彼とのキスに他人の血を味を感じたMichaelの感情は乱れる。BillがMichaelだけの血で生きていけるわけはない。だが、それでもMichelは耐えられない。それは嫉妬です。
恋人というわけでもなく、名前のつけられない関係に溺れるように、2人は互いを求めていく。未来がそこにあるのか、多分2人のどちらもわからない。

吸血鬼の血で血まみれになったMichaelをBillは抱きしめ、MichaelはBillの口の中にある他人の血の味を消そうと、自分を噛むようせがむ。
2人をつなぐ不気味なほどの情動と、そのテンションが見事です。長さとしてはちょっと長めの短編という程度ですが、色々なものが凝縮されていて濃密に楽しめると思います。

ダークな雰囲気が好きな人に是非おすすめ。

★吸血鬼×人間
★吸血プレイ

Enthralled
Laura Baumbach
Enthralled★★ summary:
Colin Dobsonがホテルの窓から身を投げたまさにその瞬間、夜空を飛来した何かが、彼を部屋の中へ押し戻した。

Rowland Campbellは3人の吸血鬼ハンターに追われ、矢で貫かれたまま人間の部屋にとびこむ。
そこで出会ったのは、自殺願望を持つ端麗な青年であった。

彼らは完璧な取り合わせであった。Colinは死を歓迎し、Rowlandは傷を癒やすために人間の血が必要だった。
この暗い闇を生きる日々はRowlandの望んだものではない。だがそれでも彼は千年以上の長きにわたって、生きるために戦いつづけてきた。それが人間の命を奪うことを意味しても。この先も戦い続けることに迷いはなかった。
Colinの血を啜ることにも。

はじめは獲物と捕食者。だが2人は互いの中に、自分に欠けていたものを見出す。ColinはRowlandに守られ、必要とされ、欲されることに満たされ、Rowlandはこのひ弱な人間の中にある純粋さに惹かれた。それは彼の中にある、決して埋められない筈の空隙を満たす光。
.....



Breathing(Enthralled2)
Laura Baumbach
Bleathing★★☆ summary:Colinは、それまでの、外界から切り離されたような人生では考えられないような日々を送っていた。
Rowlandとともに旅をし、独占欲の強いこの恋人から、信じられないような快楽と情熱を教えられる。RowlandはColinを守り、すべてを与えた。

だが同時に、すべてを分かちあおうとはしなかった。どこへ行くのか、何のためなのか。常に彼は判断を自分で下し、Colinを従わせた。そのことにColinが不満を持っているわけではなかったが。
ただひとつ、Colinが恋人と分かちあいたいと望むものは、呼吸──生きている恋人のように、Rowlandの息とそのあたたかさを分かちあいたかった。彼はRowlandを愛していたが、闇の中で息をしない肉体とともに横たわっているのは、想像以上に彼の気持ちを波立たせた。

RowlandはまたもやColinに何も言わないまま、彼を刺青師のところへつれていく。
そして彼らの背後には、執拗にRowlandを追うハンターの影も迫っていた…
.....



短編なので、2本まとめて紹介。
「Enthralled」シリーズの1と2です。

吸血鬼と人間で、わりとテンプレというか王道ですね。
Rowlandは古く力の強い吸血鬼で、強く、たくましい肉体と、不屈の精神を持つ。Colinは子供の頃からの病、それにともなって外界から隔絶されて育ち、家族とのふれあいも少なかったようで、繊細というかちょっと壊れやすい感じ。それだけに、無邪気でかわいいところもある。
2人が運命のように互いに落ちていく様子が語られています。

Rowlandがまさに「闇の支配者」然としていて、傲慢で美しく、いい吸血鬼っぷりです。
獲物として見ていたColinに惹かれるものを覚え、飽きるまでそばに置いとくかと思って手を出してみる。しかし気付いてみれば、相当がっつりColinにハマってしまっているようです。
「俺様」な人が(というか吸血鬼が)恋に落ちた相手を守るの図ってのは、とにかく読んでいて楽しい。守ろうとしながら支配する、その感じがよく出ています。

戦闘シーンや刺青のシーンなどもしっかり書かれていて、一気に盛り上がって読めます。
吸血鬼や王道好きの人におすすめ。
体格差、保護者/被保護者、支配者/従属者など、わりとスラの中でも「BLっぽい」感のある話なので、「スラッシュを読んでみたいけど、あんまりガチムチっとしたのは…」という人にも入りやすい1本だと思います。

★吸血鬼/人間
★タトゥー

Nick Of Time
T. A. Chase
Nick of Time★★ summary:
吸血鬼Gryphonは、かつてないピンチにいた。人間にとらえられ、武器や陽光を使って拷問され、動物の血だけを与えられてぎりぎり生かされている。
もう少し人間の血があれば、自分を癒やし、そこから逃げられる。だがもうその望みはないように思えた。

Nickは、この世界に人間以外のものが生きていることを知っていた。人狼、吸血鬼、そのほかの神話や伝説の生き物…
恋人のためにその調査に関るうちに、Nickはいくつかの秘密を探りあて、そのために殺されそうになる。恋人だと信じたその相手から。
叩きのめされ、死にかかった彼は、ぼろ屑のようにGryphonのいる場所へと放りこまれた。

死を覚悟したNickはGryphonへ自分の血を差し出し、Gryphonは逃げ出すチャンスのためにNickの犠牲を受け入れる。
命をかけたその絆が、Nickと自分との、そして人外のものたちの存在すべてを巻き込む、大きな戦いのはじまりなのだと、知らないままに。
.....



「Nick Of Time」というのは主人公のNickの名前でもありますが、それ1つのセンテンスで「あやうい時、際どい時(に間に合った)」という言い回しなんだそうです。

NickとGryphonは暗闇の中で血を介して出会い、その絆は一瞬で固いものとなる。GryphonはNickの血を吸い尽くさずにとめる自信がない。Nickは死を覚悟しているので、それでもいいと言う。
Nickの自己犠牲と、血が、彼らを結びつけます。自分たちが想像していたよりも遥かに強く。2人を巻きこむ感情の強烈さ、鮮やかさがひとつの読みどころです。

Gryphonは1000年以上を生きてきた吸血鬼ですが、人の世のことにはあまり興味がない。でもNickに一瞬にしてとらえられ、彼の命を救うために神々へ祈る。まあその祈りがちょっとしたトラブルを呼ぶのですが。
Nickは人と接することがちょっと苦手で、シャイだけれども、興味のあることになると質問がとまらなくなる、ちょっとオタクな部分も持っている。そして、そんな自分に自信がない。
そんなNickがGryphonのそばでしっくりと馴染んで、2人のどちらも相手なしではいられないような様子がなかなか愛らしい。Nickははじめて、自分を本当に受け入れてくれる相手に出会う。それが吸血鬼であったということは、彼にとって問題ではないのです。

とにかくやっぱり吸血鬼ものってのはエロいよね! 大変にエロ多し。
素敵だけど、大丈夫か、ちゃんと世界を救えるか!

ところでこの話はTAのブログで連載されていたもので(後半は出版にあたって書き足されてます)、「Allergies」とつながっています。
「Allergies」では人狼と人が恋に落ちますが、最後の方で、どうやら人狼を襲っている人間たちがいるらしい…というネタ振りがあった。この「Nick Of Time」では、その人間たちが人狼だけでなく人外の存在すべてに対して敵意を持っていることが判明し、彼らに渡してはならない「本」の存在があらわになります。
吸血鬼と人間のカップル、GryphonとNickが、危機を戦うために立ち上がる。
話の途中で、「Allergies」のLouとRayも出てきます。「Nick Of Time」だけで独立してますが、あっちも読んでおくと、あの人狼一家が出てきた時に愉快です。特に噂のママがついに登場!だったしね!
Rayは相変わらずかわいいなあ。「人狼にノミはつく?」と、Louに隠れてこそこそ聞いているのも彼らしい。クリスマスにはノミとり首輪プレゼントか? Lou大ピンチ。

さて、GryphonとNickは(いちゃいちゃしつつも)彼らの目的を果たすために戦いますが、そのラストで、やはり次の戦いの気配が出てきます。
おそらくそれは、今回出てきていたJessとPavelの2人、人狼と吸血鬼である彼らが次の話で受け継ぐのでしょう。今後もこうやって、カプを変えながら全体の話が進んでいくんじゃないかな、と思います。
すべてがどこに向かって進んでいるのか、とても楽しみ。いずれはLouの兄貴のRoverとかBanditも幸せになれると思うんだけど。Roverってどこか苦労性っぽくて、群れのために色々犠牲にしてそうで、幸せになってほしいですよ。

甘々人外もの好きにおすすめ。カプ同士がクロスオーバーしつつ進んでいくので、そういう構成が好きな人にも。
ちなみに8/31発売でしたが、ここのパブリッシャーの「8月売り上げベスト1」です。すごいぞTA!

★吸血鬼×人間
★超能力

Immortality is the Suck
A. M. Riley
Immortality is the Suck★★☆ summary:
犯罪者とつるみ、潜入捜査の内に薬物に手を染め、潜入捜査官のAdamの身辺は、決してきれいなものではなかった。
そんな彼をいつでも暗闇から引きずり出そうとするのが、友人のPeterだった。

Peterは模範的で優秀でクリーンな警官だった。
ただひとつ問題があるとするなら、彼がAdamと寝ていること──このどうしようもない男に、恋をしているということ。
自分の腕の中で血まみれのAdamが息を引き取った瞬間は、Peterにとって人生最悪の時だった。

だが、Adamは死んではいなかった。いや、死んではいた。しばらくの間。
死体安置所で目を覚ました彼は、自分を「殺した」犯人を捜し出そうと動きはじめる。

何故Adamは生き返ったのか。何故こうまで空腹なのに、普通の食べ物で腹を満たせないのか。
何故、血の匂いを甘く感じるのか。何故、陽の光で火傷をするのか──

闇の中をもがくように、血と死体の跡を残しながら、Adamはこの混乱の元を探して戦う。
暴力、殺人、裏切り‥‥何もかもがめちゃくちゃだった。
自分の人生の闇と混乱がPeterを引きずり込んでしまうことを恥じながら、AdamにはPeter以外に頼る相手がいない。

だが彼らの絆にも、そしてPeterの忍耐にも限界があった。
.....



殺されて、起きたら吸血鬼になっていた悪徳刑事の話です。
最近この手の現代吸血鬼もので、「後天的に吸血鬼化した」話が流行ってるような気がするなあ。

Adamは悪い奴なんだけど、破天荒な魅力があって、彼と離れられないPeterの気持ちもよくわかる。
どんなに無謀でも、身勝手でも、たとえ犯罪者すれすれのモラルしかなくても、PeterはAdamが好きですが、このどうしようもない友人が今回はまりこんだ悲惨な状況を、さすがの彼もどうしたらいいかわからない。

Peterはすごくいい人で、もう彼の欠点といったらAdamを好きなことくらいでしょう。
最大にして最悪の欠点ですが。
Peterの中には、かつて自分が栄転の誘いに乗ってAdamとのコンビを解消しなければ、もしかしたらAdamの転落をとめられたのではないかという思いがあるんじゃないかなあ。
Adamを救おうとして、救えない。その歯がゆさが彼の心を侵食していく。

一方のAdamの中にも、Peterに関してだけはやわらかな部分があって、時おりAdamはそんな自分から逃げ出そうとする。Peterと決定的な何かを築くまいとしている。
Peterを求めながら、彼はどこかで自分がそれに値しないとも思っています。愛しいと思いながら離れようとする。
Adamは傷ついた孤独な獣のようで、そういうAdamの姿も切ない。Peterがいくら手をのばそうとしても、Adamは時にその手を振り払うしかない。

あれだけしたたかで、人を疑い、利用するAdamが、とある男にだけは手もなくだまされてしまうシーンがあります。理由をAdamは語りませんが、Peterがその男を信じているからAdamもただ信じた、そうとしか思えない。
切ないなあ。
A. M. Rileyの小説には読んでいると心臓を絞られるような切ない瞬間があって、それがたまらない。
主人公たちの行き場のない感情が複雑に交錯してどちらも動けなくなる、どうしようもなさというか、やるせなさが満ちていて、読んでいるととても痛い。

話としてはクライムサスペンスで、暴力と流血に満ちています。
前半は色々な名前を追っかけるのがちょっと面倒かもしれませんが、そのへん読みとばしても後半にちゃんとまとまってくるので大丈夫。
あとスペイン語がとびかってますが、これもまあ流して問題なし。巻末にスペイン語解説ありです。

複雑な痛みをかかえた絆の話。
悪い男にぐっと心をつかまれてしまった身ぎれいな男、というシチュが萌えならすごくおすすめ!
後日談として短編の「What to Buy for the Vamp Who has Everything」があって、こちらはPeterの視点からの短いクリスマスストーリー。やはり甘さと痛みが絡み合った、気持ちの奥に入ってくる話です。

★吸血鬼(後天性)

Blood Slave
Kim Dare
Blood Slave★☆ summary:
Keatsは吸血鬼がいないということを認めたくなかった。友人のLelandに、超自然的な存在を探してうろつき回ったり変なパーティに出たりするのはやめると約束したものの、彼はまだそういうものに惹かれていた。
吸血鬼のふりをした人々が集まる、無害なパーティ。それに出るのは約束破りにはならないだろう。
そう思って参加したパーティで、彼はまさに、ばったりと友人のLelandに出会う。

Lelandはもう何ヶ月も、Keatsを噛みたい欲求をこらえてきた。
だが、ハロウィーンの夜、まさに吸血鬼たちが獲物をむさぼろうとするその宴の場所で、好奇心のまま呑気にさまよっているKeatsを見た時、その自制心も吹き飛びそうだった。
Keatsは何を考えているのだ? Lelandが彼を下僕として認めなければ、Keatsは多くの吸血鬼の欲望のままにむさぼられる。だが下僕として宣言すれば、Keatsを自分の物として保護はできるが、それは完全にKeatsがLelandに従わなければならないと言うことを意味した。

吸血鬼と人間は、主人と下僕。それ以外のものではあり得ない。
だが陽気で不屈で、度し難いユーモアのセンスを持つKeatsを、この愛しい友人を、Lelandは下僕として慣らすことが出来るのか?
.....



吸血鬼もの、そしてBDSM、というカテゴリにもかかわらず、ユーモア小説です。
なんつーか、Keatsがかなりぶっとんでるというか、肝が据わりすぎていて、自分を守ろうとしているLelandの鼻っ面を引き回しているようなところがあって、それが度をすぎると笑えてきます。
いやもう、奔放というか、欲望に忠実というか。

Lelandはいい男で、吸血鬼としての風格も、主人としての威厳も備えていますが、Keatsはそんなものには縛られません。言いたい放題、やりたい放題。
それを上から押さえつけようとするLeland。LelandはKeatsを守りたいのです。だが、Keatsはしたたかに、彼の支配をやり返す。

Keats自身はBDSMが好きで、Lelandが好きで、Lelandと主従の関係になるのに否やはありませんが、それが自分の人間性を無視した一方的な関係になるのは受け入れられない。彼はただLelandと楽しみたい、そしてそのためならわりと恥を知らない男でもあります。

シチュが耽美で、吸血鬼と人間の支配関係なのに、内面は「もう勘弁してくれ」の主人と「わああ楽しい」の下僕の話。結局ラブラブだけど。
わりと短くテンション高め、ややトンデモ。
ユーモア系が好きで、何か困ってる主人とか見ると萌える!の人におすすめです。

★吸血鬼×人間

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

06 | 2017/07 [GO]| 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。