Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

[タグ]キャラ:写真家 の記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Strong Hand
Catt Ford
A Strong Hand★★★ summary:
SMシーンの高名な写真家であるDamianは、予定していたモデルが来られなかったある日、思いついたイメージをためしてみるためにアシスタントのNickを使う。そして、Nickが完全に彼のイメージを再現していることを発見した。

Nickは学費のために仕事を必要としていた。全裸でSMシーンの写真を撮ることにもそれほどの抵抗を感じなかった。Damianはすぐれた写真家で、モデルを大事に扱っているのを見ていたし、カタログの写真はモデルの顔が判別できないよう暗い影にされていることも知っていた。
彼が知らなかったことは、自分がDamianのイメージの中で折り曲げられ、器具に拘束されることにどれほどの興奮を覚えるか──どれほど、Damianの支配の下で昂揚するか、ということだった。
彼は欲情し、驚く。Nickはゲイではなかったし、SMに対するわずかな知識も、興味もなかった。だがDamianの下で彼は服従の喜びを覚えていく。

DamianとNickは、互いの間にあるものを探りはじめ、DamianはNickを自分のSubとして様々なことを教えはじめる。
一度Nickが自分の中の性癖に気付いた以上、無自覚にその世界に入っていくことは危険をともなう。「セーフワード」の存在すら知らないNickを無知なまま放置しておくことはできなかったし、DamianはNickを支配する誘惑には勝てなかった。
だがNickの持つ好奇心が満たされた時、Nickが彼を去るだろうことも、Damianにはわかっていた。彼らは10の年の差があり、Nickを動かしているのはあくまで未知の世界への誘惑でしかない。
そう思いながらも、いつのまにか、DamianはNickに対する気持ちを無視できなくなっていく。支配と愛情の境い目で、彼は苦しみ、主人としての自信も失い‥‥
.....



わりとSMってサディズム/マゾヒズム的な観点からとらえられがちですが、スラにおける(というか欧米における、か?)SMというのは「Slave/Master」の関係性を重視するものが主で、嗜虐的な(だけの)ものは少ないように思います。
BDSM系の名作と言えば「Remastering Jerna」なんかもすごく好きなんですが、このへんを読むと「主人にもスキルが必要」ということがよくわかります。奴隷の欲望と限界を正確に読み、己を律するだけの強さがない人間は、Dom(Dominant=支配者)になる資格がない。
奴隷と主人とは言っても彼らの間には深い信頼が必要で、互いを信頼するからこそ彼らは深くシーンの中へ入っていく。奴隷の服従と屈服を得た主人には、その信頼に応える義務があります。
信頼を基礎として、彼らは互いの限界をさぐりながら、行為を深めていく。痛みや拘束具は、己を通常では感じられない世界へ解放していくための道具であって、目的ではない。

この「A Storong Hand」は、そのへんを見事に凝縮した話で、プレイの物理的な詳細だけでなく、そこにある精神的なつながりやハーモニーを書いています。
初心者で、ゲイでさえないNickを新たな世界へ導こうとしながら、DamianもまたDomとしての資質を問われる。彼は経験の深いマスターですが、Nickとの間にあるものはそれまでの彼の経験だけでは対処できないものです。
NickはDamianの支配を望んではいるが、一方で見知らぬ行為に怯え、途中でセーフワードを口走ってしまうこともある。
この場合、セーフワードを発した奴隷(ってのも何かちがうんだけど、Subをどう訳せばいいものやら…)ではなく、そこまで追いこんでしまった主人に問題がある。それが、即座に行為をやめて反省するDamianの様子からもよくわかります。
話の中でも何度か言及されますが、彼らはDomとSubの関係ではあるが、本質的にその関係を支配し、すべての力を持っているのはSubの方なのです。

Nickは迷い、惑い、Damianはいくつもの間違った手段を取ってしまう。
失敗と葛藤をのりこえ、彼らは互いを信頼することを覚え、相手のリミットを覚え、単なるプレイをこえる人間関係をつくりあげていく。そして、さらに深い感情も。

SMの話というより、信頼と人間関係の葛藤の話です。エロは山盛りですが、特にハードなプレイもなし。痛くもないし、受けもそんなにいじめられたりはしないので、SM読まない人でもおすすめ。
あと、写真を撮るシーンで紡ぎ出されるイメージがとても艶っぽくて美しい。
ラストはちょっとあっさりしすぎた感もありますが、そこまでがとてもおもしろかったし、特殊要素ではあるけれども、人間関係の絡みがよかったので★みっつ。

★BDSM

スポンサーサイト

Take My Picture
Giselle Ellis
Take My Picture★★★ summary:
Aaronは有名な写真家のスタジオに足を踏み入れた時、何の考えも持っていなかった。家賃を払うために職を必要としていただけで、写真家のアシスタントがどういう仕事をするのかも、相手がどんな写真を取っているのかも知らなかった。

職を求めて現れた大勢の前に、若い写真家が顔を見せ、ほかの誰にも目もくれず、Aaronを指さした。
「あれがいい」
その瞬間、AaronはJakeが頭がおかしいかシリアルキラーなのだと思った。何も聞かずにアシスタントを雇うなんて、どう見てもまともではない。

それから5年、JakeのスタジオにはAaronの居場所がすっかりできあがっていた。
JakeはAaronのために陶芸のろくろと窯までスタジオに買い込み、仕事明けの夜中に彼が壺を作るために危険な夜歩きをしなくてもいいようにした。
彼らは怒鳴りあい、下らない悪口と冗談をかわし、気分屋でスタジオを離れないJakeのためにAaronは色々な用事をこなし、奇妙な要求にも応じた。
Jakeが夜中に電話をかけてくればいつでもそれを取り、"I'm still here." と答えて、2人でおだやかな眠りに戻った。
いつのまにか、AaronはJakeの人生の中心になっていた。

大切な、かけがえのない相手。
だからこそ、JakeはAaronのために、彼を自由にしようとする。たとえそれがJakeの心を砕き、彼の残りの人生を抜け殻のようにしてしまうとしても。Aaronが幸せでいるのなら。
.....



笑えて、切ない、ちょっと馬鹿な純愛話。

とにかくAaronが無茶。口がよく回って、発想が無茶苦茶で、無邪気で、衝動的で、溌剌とした力にあふれている。まるで子供。でもとても可愛い。
彼はどんな夜中にJakeが電話をしてきても怒らない。「大丈夫、ここにいる」と安心させてやることが、どれほどJakeにとって大切なことなのかわかっている。電話を取れなかった時、JakeはAaronの部屋までやってきてAaronの帰宅を待つのですが、そのことも普通に受けとめて、たとえ恋人とのデートの最中でもJakeのために相手を帰してしまう。

Jakeは若くして成功した写真家ですが、スタジオをほとんど離れず、気まぐれで、傲慢で、孤独。
彼とAaronは水と油のようだけれども、まるでピースがかっちりとはまるように互いの世界を満たしています。Aaronが泥んこの迷い犬を拾ってくればJakeは文句を言い、冷たくあしらいますが、その一方でこっそり飼い主を探し出して交渉し、Aaronのためにその犬を買い取ってやる。エレベーターの嫌いなAaronが、階段を上る気力のない日に下から電話をすれば、Jakeは彼を迎えに行って一緒にエレベーターに乗ってやる。

そうした2人の日々がユーモラスに書かれていて、何ともお馬鹿さんで見ていて笑えて、しかも切ない。
互いのことを誰よりもわかっている2人は、どう見てもどうしようもなく相手に恋をしているのですが、周囲がいくら言っても2人だけは全然わかっていない。

Jakeの女性アシスタントが彼らをくっつけようとして首をつっこむエピソードがあって、あんまり女の子がマッチメーカーとして動くのが好きではないのだけれども(そのパターンちょっと飽きた)、今回ばかりは動かなきゃ駄目だよ!という気持ちになりました。だって、あまりにもこの2人が恋に盲目で、しかもにぶい。
JakeはAaronによく似たモデルが来ると一夜限りの体の関係を持ち、Aaronは恋人から恋人へうつりながら、夜中にJakeの目の色とそっくりな青い壺を焼く。いくつもいくつも。
運命の相手以外のなにものでもない筈なのに、JakeはAaronの手を離してしまう。それがAaronのためだと信じて。
馬鹿だなあ。

可愛い馬鹿ふたりの話です。ほんとに愛らしい。どんだけ好きすぎだ、お前ら!とつっこみたくなるエピソード満載で、しかもふたりとも気付いていない。
テンポもよく、笑えてほろりとできる実に素敵な話なので、明るい、可愛い読書がしたい時に是非おすすめです。

★5年ごしの純愛

All He Needed
Simone Anderson
All He Needed★☆ summary:
MLRプレスの2011ホリデーラインナップの1冊。

世界で活躍する写真家、Chase Hansenはアメリカへの帰国ののち、ダラスに駆けつける。
妹は死に、まだ妊娠中だった彼女の胎内から救い出されたほんの小さな女の子だけが残された。

Chaseは妹に托された通り、子供を引き取る決心をする。だが長年のパートナーはそれを拒否し、彼を去った。
今まで求めてきた人生はなんだったのだろう?名声?富?仕事?それらをすべて手に入れたと思っていた。でもそれは、「ほしいもの」ではあっても彼にとって「必要なもの」ではなかったのかもしれない。

Eric Zimmermanは、昔から友人のChaseが好きだった。偶然の再会から、彼らは惹かれ合う。
だがEricには不安があった。派手な生活を追い求めたChaseとちがい、Ericは地に足がついた、堅実なタイプだ。Chaseには生き方を変える覚悟があるのだろうか。姪のために、そしてEricのために。
.....



富と名声を追い求めた男、派手好きの元恋人、男に昔から恋していたけなげな友人、とまあ色々な基本タイプが取りそろえられています。
ある程度パターンにはまった感じはある作品なんですが、クリスマスストーリーとしてはそれはそれで正しいと思うのです。今回のホリデーストーリーは、ひとつひねったり重かったりするものが多かったので、素直なホリデーものは読んでいて何だかほっとしたのでした。

Chaseの人生の転機を中心に、話が展開していきます。そんなにスノッブではなくて、それなりに思慮深いいい男なので、読んでいて快適。
引越してきた友達のEricとたまたま同じ建物だった!とか、ちょいっと偶然すぎるだろうって感じもなくはないのですが、まあホリデーものだからよしとする。クリスマスのかみさまのなさることだから!

さて、Chaseはカミングアウトしたことでかつて家族と断絶し、その後、妹が和解しようとするも、それを完全に受け入れたわけではなかった。だから、妹の死の後、彼はもっと何かができたんじゃないかと自責の念を覚えています。
そして、姪を引き取ることに決めた後、人生の変化を見つめて、「自分が求めてきたもの」と「自分に必要なもの」の違いに気付いていくのです。
そのへんの描写は軽いタッチでさらっと書かれていて、Chase本人の変化がもっと出てきた方がよかったかな、とも思いますが、「ほしいもの」と「必要なもの」のテーマには共感できます。追い求めるだけ追い求めて成功したけれども、そこには本当に必要なものはなかったのかもしれないと。

子供の存在とともに、何とも「未来」の明るさを感じさせる一編です。やや引っ込み思案のEricもかわいいし。
スノッブでチャラチャラした元彼との対決シーンは、お約束だけど気持ちがスカッとしますよ。
定番ホリデーものを楽しみたい人におすすめの作品。読みやすいです。

さて、2月も後半になって、ホリデーものレビューもやっとこれでおしまい~!

★残された子供
★再会

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

04 | 2017/05 [GO]| 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。