Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

[タグ]キャラ:俳優 の記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Dark Horse
Josh Lanyon
The Dark Horse★★★ summary:
ハリウッドの俳優Sean Fairchildは1年にもわたってストーキング行為を受けていたが、ストーカーPaul Hammondは車の事故で死んだ。少なくともそれが、護衛を担当していた刑事Daniel MoranがSeanに繰り返し信じさせようとしていることだった。
Danと一緒に暮らすようになり、Seanは危機は去ったという恋人の言葉を信じようとするが、またもや彼にポストカードが届きはじめる。Hammondが彼に送ってきたものとそっくりなカード。「miss me?」「soon…」見なれた独特の文字と短いメッセージ。

Hammondは死んだ、とDanは言いつづけ、Seanはそれを信じられなくなっていく。
Hammondが死んだのなら、何故警察は彼の死体を見つけることができないのか? 彼が死んだのなら、誰が一体ポストカードを送ってきているのか?
そしてある日、SeanはついにHammondを見た──少なくとも見たつもりだった。だがそれはSeanの恐怖がつくりあげた幻影なのか? 
Danは彼を守ろうとしている。だが誰から? Hammondからか、それとも少しずつ正常な認識を失っていくSean自身から…?

不安、不信。さまざまな感情が彼とDanの間を蝕んでいく。彼はDanに依存しすぎているのだろうか。友人が言うように、Danに操られはじめているのだろうか。
.....



「Adrien Englishシリーズ」のJosh Lanyonのクライムサスペンス。

Seanはかつて、ゲイである自分とそれに失望する家族や周囲との軋轢にたえかね、自分自身を責めた結果、自殺をこころみたことがあり、そのため自分の心の安定に対して不安をもっている。
そしてその不安を誰かに見せること、見すかされることを恐れています。自分自身の欠陥を人に見せること、人の判断に自分をゆだねることを恐れ、恋人のDanが自分を守ろうとすることに対してもほっとすると同時に、怒りを感じる。自分のテリトリーを侵害されているような怒り、それを許す自分への怒り。
Danの態度に対して不信をもちながら、まず彼は「自分自身が信頼にあたいするのかどうか」をつねに問いつづけなければならない。それは痛みに満ちた問いであり、その不確かな世界でSeanの気持ちは揺らぎ、彼はDanを、自分を恐れるようになる。

なんたって一人前の男ですから、男にたよりきったり守られたりすることに対して当然の反発があるわけで、Lanyonはそういう男の葛藤を書くのがとってもうまいです。どんなに繊細でも基本的に男らしい。
Seanの葛藤を見ているDanの方はちょっと苛々してて、「たよってくれよ!」って思ってるのも何となくつたわってくるんですが(あくまで彼はSeanの意志を尊重しようとしますが)、他人と距離をおくことに慣れているSeanには、Danと近づきすぎていること自体が落ちつかない。近づきすぎていると思う、でもそばにいるのは心地よい、そのへんのぐらぐらしている感じがなかなかに可愛い。
口論や怒りの発露。そういうものの中で、それでもSeanはDanと確実なものを築きあげようともがく。しかしそのやりかたがわからない、みたいなもどかしさがあります。

それでもやがて、彼は自分の本当の望みに気付く。その時にはもう遅すぎたかもしれないけれど。
心情が丁寧に書かれていて、Seanに共感したり苛々したりしつつ、惹きこまれて一気に読んでしまった。Lanyonはやっぱりいいなあ。そしてこの人の書く警官はどうしていつも、こうも格好いいのだ…!

中編なので、わりとさらっと読めるかと。でも読みごたえはあります。「包容攻め×繊細な受け」好きには特におすすめ。

★クライムサスペンス
★トラウマ持ち

スポンサーサイト

Tabloid Star
T. A. Chase
Tabloid Star★★★ summary:
一夜の関係、一瞬、切り取られたシーン──

Josh Bauerは夜はバーテンダーとして働きながら、全部で3つの仕事を掛け持ちしていた。誰かときちんとした関係を持つような時間の余裕はない。
だが1人の男が、彼の心をとらえる。Joshは彼を家につれ帰ると、熱い一夜をすごした。
目がさめた時に相手の姿が消えていたことには、驚かなかった。

行きずりの、一瞬の関係。
その筈だった。

だがタブロイドの一面に出た写真を見て、彼は仰天する。あの忘れ難い一夜の相手は、ハリウッドで売り出し中の俳優だったのだ。
そして思わぬことに、Joshは彼のスキャンダルの相手として巻きこまれてしまったのだった。そんな余裕がある筈がない。3つの職をどうにかこなしながら、彼には守らなければならないものがあった。

Ryan Kellarはついに手ごたえのある役をつかみ、主演映画の成功は約束されているかに思えた。
その間の、一瞬の息抜き。誰にも気付かれないと思っていた。だがまちがっていた。
誰が写真を撮ったのだろう。それともあのバーテンダーが、金のために彼を陥れ、路地へ誘い出したのだろうか?

2人の世界は、タブロイドにのった写真によって引っくり返される。どちらも傷つき、怒っていた。
写真を撮ったのは誰なのか。Ryanのキャリアはこれで瓦解してしまうのか。Joshが守りたい人々は、タブロイドの毒牙から逃れつづけることができるのか…
.....



刺青男×男前ハリウッド若手俳優。素敵な組み合わせです。
2人の間には緊張が残り、糸を引きあうようにして互いのバランスを崩しながら、それでも惹かれていく。その緊張感がいい。
純粋に好意だけでつながっているわけではない、でも離れられない、温度が高いカプです。

スキャンダル、エージェントとの対立、Joshが明らかにしたがらない事情など、色々なことが絡みあって、かなりスピーディな話になっています。
彼らのかかえる痛みがそれぞれはっきりと描かれているので、2人が対立するシーンは見ていて心が痛む。でもRyanを脅すJoshはちょっと格好よかった。
2人は熱い一夜の行きずりとして関係をはじめますが、一連の騒動の中から抜け出すためにともに動きながら、相手を間近に見て、互いの奥にあるものを見出していく。
そこから少しずつ、まっすぐな信頼や人間関係を築いていきます。家族、友人。そんな人たちまで巻き込みながら。
一夜の遊びが、タブロイドのスキャンダルのおかげでより深いものへと進みはじめる。それはRyanも、そして勿論Joshも予期していなかったことだった。

さりげなく、他シリーズのキャラが出てきてますね。
直接出てくるのは、まずバーテンダーのJoshの側には「Home of His Own」のMorganとVance。Brodyの友人&ビジネスパートナーです。
彼らのセリフで「Brodyとそのパートナーが遊びにきてて」みたいな言葉があるので、Tonyも一緒にいるんだなーと、何だかすごく嬉しくなってしまった。Tonyに会いたいなあ。大好きだ。
さらにハリウッド俳優Ryanの側には、「Love of Sports」シリーズの双子の片割れであるGarrettと、彼のパートナー。このシリーズについてはまだレビューしてないですね。押しも押されぬハリウッドスターGarrettも、恋人と一緒に格好いい姿を見せてくれます。この2人も幸せそうでよかった。
ちょっとしたお遊びというかサービスなので、そっちの話やキャラを知らなくても全然大丈夫ですが、世界が広がった気がして楽しい。

T.A.の話で私が好きなところのひとつは、読みおわった後に「Happy ever after」がありそうな気がするところです。かと言って、重さがないわけではない。
どんなに障害があるように見えても、どんなに大変な2人でも、2人で手をつないでさえいればいつか「そして、みんな幸せに暮らしました」がやってくるような気がするのです。

この話もそういう話。まだまだ大変だけれども、きっと最後にはみんな──2人だけでなく、周囲のみんなも幸せになれる。そう感じられるストーリーです。

★スキャンダル
★刺青

The Ghost and Mr. Moore
Ryan Field
The Ghost and Mr. Moore★☆ summary:
元ハリウッドの有名子役Dexter Mooreは、長年のパートナーとの破局を機に、娘をつれて小さな町の屋敷に移り住んだ。
噂によれば、その屋敷には幽霊がいるという。
何人もの持ち主が立て続けに変わったいわくつきの屋敷だったが、Dexterは気にしなかった。一目でその屋敷を気に入ったし、噂のおかげで破格の値段で買えたのだ。
ハリウッドを離れ、娘のそばにずっといても暮らしていける。何も心配はない。その筈だった。

だが彼は間違っていた。
第一に、その屋敷には本当に幽霊がいたのだ。
若い船長、Lang。この屋敷の最初の持ち主。彼はDexterの前に姿を見せる。
第二に、Dexterの元パートナーが投資に失敗し、彼らが築き上げてきた財産をすべて失ったのだ。

Dexterは幽霊と恋に落ちながら、どうにか金を稼ぐ方法を探し出そうとする。彼はもうハリウッドには戻りたくなかった。少なくとも、フルタイムでは。
生活密着のリアリティショーの取材を受けることにしたものの、それだけでは足りない。

意外にも、彼に答えを与えたのは幽霊であった。
.....



能天気なエロもの、というほどには能天気でもエロでもないんですが、何故かそういう印象の残った一冊でした。いい意味で。
Dexterの呑気さというか、おっとりしたところがそういう雰囲気を醸し出しているのかなあ。
ハリウッドの子役上がりで、かつては知らない者がいないほどのスター、その財産でパートナーとともにのんびり暮らして娘(養女でしょう)を育てているが、そのパートナーが19歳の青年に走って破局、娘と家政婦をつれて隠居。
嫌みなプロフィールなのに、非常になごむキャラです。
ゲイであることを自然に受けとめ、ゲイの多いビーチを散歩しつつ、「そう言えばストリッパーに憧れてたんだよな」と砂浜で彼ら相手にプライベートなストリップショーをしてみせたりする。それも毎日。おさわり禁止。
馬鹿なのか呑気なのか!でもかわいいんですよ。

幽霊が出てきた時も、Dexterは一度は否定するんですが、それにしても船長って格好いいなあと、あっさりエロっといってしまう。相手は幽霊だぞ、よく考えろ。
「金稼がないと」でリアリティショーの取材を受けたものの、「自分の日常なんてつまらないよな」と考え、どうにかならないかと相談した友人によって町の政治的な反対キャンペーンに巻き込まれ、「やるなら頑張らないと」でせっせとインターネットで発信したり、スピーチを暗記。ハロウィンでは気合いを入れて子供のために魔法の大釜(中にドライアイスを入れている)を用意し、自分は海賊の仮装にハイヒールブーツ。
真面目で、呑気で、愛らしい人だと思う。
そんな彼がふらふらと幽霊と恋に落ち、お互いを楽しくたぶらかしている(としか何だか言いようがない)のは何ともかわいい光景です。

もうちょっと幽霊のLangの方に性格とかエピソードがついた方がいいなあと思いますが(海でのエピソードとか聞きたかったな)、紋切り型でも「船長」というだけでとても格好いいし、Dexterにほれ込んでいるのも伝わってきます。
全体に嫌みがなく、楽しく読める話。最後はちょっとほろりときますが、やっぱりどこかおとぎ話っぽくて、後味もきれいでした。
重い話ばかり読んでいるとたまに息が詰まるので、こういう話は大好きだ。やや短めなのでさらっと楽しめます。

★幽霊
★元ハリウッドスター

Somebody To Love
Carolina Valdez
Somebody To Love★★ summary:
Nate Marquetteはヘリの操縦免許を持ち、普段はカナダやアメリカ北西部でで山の木をヘリで運搬しながら、ロス近郊の山火事と戦う消防士としても働いていた。
友人の結婚式に行った彼は、結婚式前のパーティでチッペンデールダンサーズのショーを楽しむ。
ダンサー達は何故か顔を隠すマスクをつけて踊り、その中の一人はステージから客席を走って消える際、Nateにキスをした。そのマスクの奥にあるコニャック色の瞳は、瞬時にNateの心をとらえた。

Kevin Connollyはテレビシリーズで刑事役を演じる、今人気絶頂のスターであった。
彼はゲイであることをひた隠しにしていたが、妹の結婚式の前のパーティでダンサーたちとストリップショーを演じた際、椅子に座った魅力的な男にキスをする自分をとめられなかった。

偶然の出会いは、彼らを思うよりも強く結びつける。
だが2人には障害が多かった。離れた場所で、それぞれに時間の制約の厳しい仕事をしている。
そしてNateは、学生時代に傷ついた経験から、どこかで裏切られるのではないかと言う不安が拭えないでいた。
.....



スターと山の消防士。
まあ消防士ってアメリカではある意味スター職業なので、お似合いと言えばお似合いです。

ホットな2人がホットな出会いをして、そこからきちんとした関係を作り上げようともがいていく。
彼らが出会うきっかけになったチッペンデールダンサーズは男性ストリップのグループで、非常にエロくも洗練されたショーを披露するので有名です。
見事な体の男たちなので、そこにまざって踊れると言うことはKevinも相当なもんなんだろうなー。

どちらも誠実で、正直な男で、互いに相手を大切に思うようになっていきます。いい男2人の恋模様はいつ読んでもいいものだ。
しかしKevinは誰かにNateのことを気付かれるわけにはいかず、2人は滅多に会えないし、NateからKevinに連絡をとることもできない。長い間の音信不通、不在、時おりの秘密の逢瀬。

Nateにはいくらか恋人付き合いに関するトラウマがあって、どこかに「俺は相手にされないだろう」という諦念があります。Kevinが連絡できないまま、約束の日に現れなかった時、彼は「やはりな」と思って傷つきながらあきらめ、でもKevinが現れれば怒ることもなく、疲れた恋人にマッサージをしてやる。
とても優しい、包容力のある男なのに。
でも彼は、Kevinの撮影現場で男がKevinにキスをしているのを見てしまった瞬間、自分のすべてが裏切られたと感じて、完全にKevinをシャットアウトしようとするのです。それが本当はどんなシーンなのか見極めようともせずに。

山火事の仕事の現場なども生々しく書かれていて、はなやかな設定の割にNateやKevinの存在感はリアル。NateはKevinにカミングアウトを求めないし、まだまだ彼らの関係は入り口って感じですが、そういう初々しい感じも読んでて楽しい。
個人的にはオチのシーンがちょっと唐突だったけど。Nate、そんなにチッペンデールダンサーズが好きか…
真夏の気楽な読書におすすめ。わりと短いので単純にアップダウンを楽しんで読めます。

★スター×消防士

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

06 | 2017/07 [GO]| 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。