Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

[タグ]シリーズ:AdrienEnglishミステリ の記事一覧

Fatal Shadows & A Dangerous Thing
Josh Lanyon
AdrienEnglish1★★★ summary:
Fatal Shadows(1作目)
LAでミステリ書店を営みながら小説を書くAdrien Englishは、友人のRobertが滅多刺しにされて殺された事件の嫌疑をかけられる。Adrienはゲイ、Robertはバイセクシュアルで、学生時代からの古い友人同士だったが、彼らは恋人であったことは一度もなかった。だが他人から見れば奇妙に近しい彼らの関係、そしてこの9ヶ月RobertがAdrienの書店で働いていたこと、Robertが死ぬ前に最後に会った相手がAdrienであったこと、口論をして別れたこと、Robertが何故かレストランにAdrienを探しに戻ってきたこと──などがLAの殺人課刑事、Jakeの疑いを呼ぶ。
同時にAdrienの周辺で奇妙なことがおきはじめ、本屋への侵入事件や無言電話などからAdrienは自分がストーキングされていると感じるが、刑事たちはAdrienの思いすごしか、なお悪いことに、疑いを自分からそらそうとする陽動であると思っているようだった。
Adrienは逃げ場のない状況からの出口を探すためにやむなく事件を調べはじめるが、そこには彼とRobertの学生時代にまで根を遡る、深い、深い憎悪と狂気の物語が隠れていた。
古い、自分の知らない罪と恋のせいでAdrienは命の危険にさらされる。次は自分が殺される番だと気付きながら、誰がその凶器を握っているのかわからない。それでも彼は出口を探して闇を掘るしかない。

A Dangerous Thing(2作目)
Adrienはうまくいかない恋人(未満?)との関係にいささか苛立って、祖母の遺産である牧場へと車をとばす。子供の頃から一度も帰ったことのない、今は誰も住んでいない、誰も友人のいない場所へと骨休みと執筆を兼ねて出かけたものの、そこで彼が見たのは謎の死体と、その死体の消失、そして自分の敷地に生えるマリファナの青々とした茂みや、何故か敷地の山奥を掘り返している謎の集団だった。
トラブルが次々と襲いかかり、Adrien自身の身にも危険が及んだ時、恋人が駆けつけて彼を救おうとする。だがAdrienはただ救出されるにはあまりにも頑固で、山と積まれた問題を残してその場から逃げ出す気などさらさらなかったのだが…
,,,,,


Adrien Englishミステリシリーズ1&2が1冊に入っています。
このシリーズは人気作家Josh Lanyonの中でも一番人気のシリーズで、本当に何というか…いい小説です。謎解きがあり、人と人とのドラマや葛藤があり、どうにもならない運命の出会いや別れがある。
あえて言ってしまえば、これは「Adrien Engiishの人生」の断片のような話なのです。

Adrien Englishはとても魅力的な主人公で、この話は一人称で語られるのですが、Adrienがどういう人間なのか、会話や彼のややシニカルな独白の中から鮮やかにたちのぼってきます。32歳、父親はアメリカ人で母親はイギリス人、父とは早くに死別。16歳の時に生死にかかわる大病をわずらって以来心臓の弁に異常があり、薬を服用。敏感な時期をいつ死ぬかもわからないという状況下ですごしたためかやや人生にさめた視点をもっていて、他人に対してはさらりとした人づきあいをする方です。5年間暮らした恋人が去っていったことがいまだに深い影をおとしているようにも見えます。
だが人なつこくもあり、ユーモアに満ち、率直で、Adrienと話すと人はたいてい自分の内面を正直に見せる。そしてAdrienは非常にするどい目で、他人の内面を読む。ミステリ好きではあるが犯罪に関しては素人の彼が、そうして彼独特の視点から様々な断片をひっくり返しながら真相を掘り出し、実は自分のすぐそばによりそっていた狂気の存在に気付く──その瞬間まで、緊迫感のある展開が続きます。

「ミステリ風味のスラッシュ」というよりは「ミステリでもありスラッシュでもある小説」と言った方がいいか。ミステリとして充分おもしろいですが、スラッシュとして見るなら1作目はシリーズの「導入」です。本当の展開はその先にある(その2作が1冊に入っているのは、本当にかしこいと思う)。
1作目で彼は思わぬ相手と関り、2作目ではその関係が彼の予想した以上に深まる。だがそれは色んな意味において未来のない恋で、その関係のいびつさと思いの激しさがAdrienと彼の人生を悩ませつづけます。
そんな中でもがきながらも、いつもAdrienはフェアで、毅然としている。そのことが自分を傷つける時でさえ。決して声高でもなく、弱くもありますが、こんなにたたずまいの潔い男というのはあまりいないんじゃないだろうか。
ドラマティックに語られるわけではありませんが、淡々と、皮肉とユーモアをまじえたAdrienの語り口には胸にせまるような繊細さがあって、はじまってしまった関係の先にあるものをAdrienが見すえたり、目をそらしたりしている様を読むのが時おりつらい。そして彼の語り口から浮き上がってくるのは彼の人生だけではなく、望みのない恋人の、複雑で痛みに満ちた人生でもある。

駄洒落とか謎解きとかあって英語としては私の手に余るところもあるんですが、難解なわけではないので、長文読み慣れてる人なら本筋は普通に楽しめると思う。
現在はシリーズ4作目まで出ています。これがまた胸がしめつけられるような話だったりするのですが、そっちのレビューはまたいずれ。
Lanyonはミステリとはちょっと毛色のちがう暴力的なクライムサスペンスも書いていて、そっちも本当におもしろい(強い男同士のカプが好きな人にはたまらん!)。「m/m小説の書き方」というハウツー本も書いています。今度読んでみようかな。キャラクターの際立ち方が本当に強くていいのです。
彼の作品に「ホームズ&モリアーティシリーズ」ってのがあるのは心底気になる…

いろんな意味でおすすめのシリーズですが、エロ以外の部分重視の人には特におすすめ。非常に自我の強い2人の向き合う話でもあるので、「男同士の恋愛」(ガチムチって意味じゃないぞ)を求める人にも。

★ミステリ・サスペンス

The Hell You Say
Josh Lanyon
The Hell You Say★★★ summary:
Adrien Englishが経営する書店のアルバイトは、悪魔教のような集団から嫌がらせの電話を受けつづけていた。彼は怯えていて、その理由を言おうとしない。Adrienは大学生同士のいじめのようなものだと思い、彼にボーナスをやって一時的に町を去らせた。
町では奇妙な儀式による殺人死体が発見されはじめ、Adrienの隠れた恋人Jakeは、その捜査にあたっていた。

Adrienが書店のイベントに招いた人気作家は、とあるカルト集団について次回作を書くべく調査している──とイベント中に宣言し、失踪した。
そしてAdrienの書店の入口にも、悪魔教の模様のようなものがペンキで書かれる。
何かがおこっていた。Adrienは大学教授に会って悪魔教についての話を聞きはじめる。

その一方、Jakeとの関係は一見うまくいっているようだったが、そこにはいつも緊張感が横たわっていた。Jakeはホモセクシュアルである自分を嫌っていて、自分の性癖が明るみに出ることを恐れている。それは、Adrienが永遠に隠れていなければならないことを意味していた。
彼はJakeの日常の一部にはなれない。そしてJakeはAdrienを求める一方で、それ以上に「普通の」人生を求めていた。
.....



Adrien English ミステリシリーズ。2冊目ですが、3作目(1冊目に2話入ってるので)。
悪魔カルトによる殺人や、人の失踪で騒がしい町で、Adrienはいつものように事件に首をつっこんでしまいます。

JakeとAdrienの関係は複雑で、2人の複雑なキャラクターがそれをさらに入り組んだものにしています。Adrienはとても知的で、繊細で、Jakeの置かれた立場をわかっていますが、それが彼らの関係の痛みを減らしてくれるわけではない。
Jakeは強靭で苛烈なところを持つ男ですが、その一方でAdrienに対しては優しい。2人きりの時は。
ほかに何もいらないかのようにJakeがAdrienを求める一瞬からは、Jakeもまた、人生の中でもがいていることがわかります。

互いに互いの空虚を満たす、とても素敵なカプなんだけれども、破綻は足元まで迫っている。Adrienはそのことを知っているけれども、Jakeの方がそれを受けとめきれていないかのようです。
どちらも求め、どちらも苦しんでいる。互いに言葉に出して内面をさらけ出すことは少ないけれども、そのテンションがいつも互いの間にある。読んでいるとその複雑で切ない人生模様に引きこまれます。

一方でAdrienは事件を掘りつづけ、死体に行きあたったり、脅されたりと相変わらず忙しい。さらに身内の再婚やら、相手の家族とのつきあいなど、本当に忙しい。
あまり社交的なタイプではありませんが、彼の見せる繊細さと皮肉屋の一面を、人々は大抵好きになります。Adrienの中には拭えない影があって、彼は時おり扱いにくいけれども、大抵は優しくてフェアで、誰に対してもいい友人に見える。
だからこそ幸せに暮らしてほしいんですが。
騒がしい「日常」の中で、AdrienとJakeとの関係はもつれ、Adrienに好意を持つ男が現れ、だがその男がカルトに関っているかもしれない?と、物事は彼の周囲で混沌としていく。Adrienの人生そのものも、混沌としつつあります。他人といることが好きなわけではないが、外でにぎやかにすごした後、1人で書店の2階の住まいに帰るのは気がすすまない。で、事件を掘ってみるものの、それはさらなるトラブルやJakeとの対立を呼んでしまう。

読んでいると、何だかちょっとAdrienが可哀そうになる。彼はとても魅力的なんだけど、時おりあまりに孤独に見えます。
Adrienが求めているものが何なのか、それはやはりJakeと一緒の人生だろうと思いますが、それは決してAdrienの手が届くところにはない。そのことが、彼を余計に孤独にしている。

ミステリとしてもおもしろいと思うんですが、やはり読みどころはJakeの強烈なキャラクターと、それがAdrienの人生にもたらす津波のような力でしょう。
作者のLanyonは芯の強い強靭なキャラを書くのがとてもうまいけれども、その中でもJakeは群を抜いて強烈で、私は彼が好きですが、それでも読んでいて本気で怒りを禁じえないところもあったりします。あああ、殴ってやりてえ!
それくらい、物語として強いキャラです。彼はAdrienを傷つけるけれども、きっと彼自身も傷ついているのです。

決して甘い話ではありませんが、Adrienの人生の複雑さが凝縮された、濃密な一冊。
一度、腰を据えて読んでみるに値する物語だと思います。おすすめ!

★ミステリ
★対立

Death of a Pirate King
Josh Lanyon
Death of a Pirate King★★★ summary:
Adrien English Mysteriesシリーズ4。

ミステリ書店を営むAdrien Englishは趣味でミステリを書いていたが、デビュー作がハリウッド俳優Paul Kaneの目に留まり、映画化の話まで舞い込んできた。
Adrienは招待されたパーティに出かけて、ハリウッドの人間を映画化の味方につけようとする。

だがそこで殺人事件が起こり、その捜査にやってきたのはJake Riordan──Adrienの昔の恋人だった。
2年ぶりの再会は、Adrienの気持ちをかき乱す。

Adrienをパーティに招待した俳優Paul Kaneは、どうやらJakeと古い知り合いらしい。Adrienが事件に首をつっこんできた話も知っている様子の彼は、Adrienにこの殺人事件を調査してくれないかと依頼してきた。
驚いたことに、Jakeまでそれに同意したのだった。かつて、Adrienが事件に関わることを何より嫌がった男が。
Adrienは気が進まないが、Paulは映画化の話を彼の鼻先にちらつかせ、仕方なくAdrienはJakeと協力して事件を調べ始める。

それはいい考えではなかった。2年たってもAdrienとJakeの間にあるものは何も変わっていなかった。
そしてAdrienは、JakeとPaul Kaneの間に秘密があることを知る。ずっと前、まだAdrienがJakeに出会う前からの暗く深い秘密は、Adrienへ闇のようにしのびよって‥‥
.....



Adrien Englishミステリシリーズ4作目(3冊目だけど)。
Adrienは相変わらずシニカルで、独特のユーモアセンスから世の中を斜めに見ていますが、「Jakeと別れてからますます孤独に、ますますきつくなった」と母親やみんなに言われてうんざりしている。
新しい恋人とはなじんでいて、特に相手に不満はない。だが何かが足りないような気がしてならず、どこか決定的なものが欠けたまま、そんな日々の中で彼はJakeに再会します。

この話はとてもきつい話で、読んでいる途中に何度か読みすすめられなくなったりしました。Adrienは傷つくだろう、という予感がひしひしと物語の中から押し寄せてきて、つらい。彼は勇気があるけれども、とても繊細で孤独です。人にたやすく心をひらくたちではない。
かつてJakeだけはAdrienの深いところまで入りこんできた。だが彼らの関係は、かなり衝撃的な形で、前作で終わっています。

その傷がまだAdrienの中に生々しく残っている。そのことを自分からも隠すように、Adrienはシニカルに振る舞ってJakeと捜査を進めるけれども、すぐそばに奈落が口を開けているようなひやひやする展開です。
Jakeが苦しんでいるのもわかる。まだAdrienを求めていることも。それはわかるが、この男は本当に困ったもんだと思います。「また友達になれないか」とかさ。
ゲイであることを隠し、「ノーマル」な生活の為に色々なものを犠牲にして、心に多くを抱えこんだ本当にいい男なんだけど。つらい。

もっともAdrienも傷ついてばかりではなく、人を傷つけたり、まちがった判断をしたりする。彼には彼の弱さがあります。
誰もが弱さをかかえ、誰もがもがいている。

捜査は、古い時代の不審死まで遡り、Adrienは犯人にたどりつくのです。
ラストの方でAdrienが犯人に仕掛ける罠はちょっと陳腐で無茶じゃないかと思いますが、それもAdrienがJakeを守ろうとするからの無謀で、それが切なくもある。ドラマティックで、最後の最後に裏切られたと感じるAdrienの痛みが鮮やかです。
痛みと恋と、AdrienとJakeの人生の交錯が見事に描き出されていて、時おり息苦しくなるほどの緊張感が味わえます。
恋は人の価値観を、その人間がしがみついて守ってきたものを変えることができるのか。Jakeは、Adrienのために変われるのか。彼らの人生はどこへ向かって行くのか。

やっぱりこのシリーズは名作だと思う。この中には人生がある。
というわけで、「小説」をがっつり読みたい人におすすめ。シリーズの頭から読まないとなりませんが。
気楽な読書ではありませんが、プラスにもマイナスにも気持ちを揺さぶられる、それは読書のひとつの醍醐味だと思います。

★病弱
★再会

The Dark Tide
Josh Lanyon
The Dark Tide★★★ summary:
Adrien Englishの人生は、やっと平穏の時を向かえたかのように思えた。
銃で撃たれ、心臓の手術を受け、生き延びた彼の前には、ついに新しい人生がひらけているはずだった。
彼が愛したかつての恋人、Jake Riordanはカミングアウトを果たし、Adrienと生きて行きたいと告げる。それはAdrienの望みでもある筈だった。

だが、Adrienには未来も希望も見えてこない。
Jakeとの関係を取り戻すことすら怖く、Adrienは彼を遠ざけながら、彼のことを考え続けている。
Jakeと一緒にいた10ヶ月、離れていた2年間、そして再会の時に得た、心臓が引き裂かれるような心の痛みを。

そんなある日、Adrienが本屋を広げようとして買い取った建物から古い骸骨が見つかり、彼はその調査をJakeに依頼するのだが…
.....



Adrien Englishシリーズ最終巻。Lanyonは「ぐずぐずシリーズを続けるのは作家の最大の失敗のひとつ」とか言ってる人なので、多分潔く最後だろうなあ。残念。
とは言え、最後らしく読みごたえのある一冊です。表面的には穏やかだけれども、頑固で意地っ張りで人を一定以上よせつけないAdrienと、ゲイである自分自身に苦しみ、憎しみを抱えこんでいたJakeのたどりついた、人生の1ページが鮮やかに描かれています。

前作でJakeがカミングアウトし、彼らのハッピーエンドは約束されたかのようでしたが、果たして、そんなにうまくいくものではありません。Adrienは傷ついた痛みを忘れることはできないし、Jakeをどこかで信じ切れていない。
それは愛しているがゆえの痛みですが、深い痛みを知ったAdrienは怖じ気付いている。

今回の読みどころは、Adrienの痛みや迷いとともに、Jakeの変化でしょう。Adrienは、不可抗力のもとでカミングアウトをせまられたJakeが怒りや後悔を抱え込んでいるのではないかと恐れるのですが、Jakeは落ちついている。それどころか、これまで彼が抱え込んでいた刺々しい攻撃的な態度もなくなって、彼はきわめて穏やかで、平穏です。
JakeがAdrienに「カミングアウトはお前だけが原因ではない」というシーンがあります。Adrienの存在は一因でありきっかけで、ですがJakeはこれまであらゆる道を探したのだと。女とつきあい、結婚して家庭を作ろうとし、欲望は表から見えない形で吐き出してすませようとした。勝手ではありますが、それは彼にとって血のにじむような模索の結果だったわけです。自分ではないものになろうと。
そのすべてに失敗し、彼は、自分が生きるにはもはや偽りのない人生しかないと知る。そこまでもがきつづけ、自分を否定しつづけた──そんな壮絶な苦しみが文章の間から見えてくるような一冊です。

相変わらず、Adrienの皮肉っぽいユーモアや、斜めすぎる視点は健在です。つうかますます磨きがかってますね。物腰柔らかそうでキツい男なのですが、彼がJakeのそばにいると自分のガードを自然におろせる様子がほほえましい。
ミステリの部分もおもしろかったし、切なかった。チャンドラーのセリフや映画があちこちにちりばめられていて、Lanyonのチャンドラーに対する憧憬も見える。チャンドラーが舞台にした時代(ほぼ)を今回のミステリの背景にしたのは、偶然ではないでしょう。

上質の読書なので、じっくりと何かを読みたいときにおすすめ。あちこちに味わい深いシーンがあります。
中で言及される "Joan of Arc" はジャンヌ・ダルクのこと。
これだけを読んでもわからないので、シリーズまとめておすすめです。

★50年前の殺人

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター