Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

In the Middle of Somewhere
Roan Parrish
In-the-MIddle-of-Somewhere.jpg★★★ summary:
Middle of Somewhere1

Danielは理解のない父親と兄たちとの軋轢の中、自力で大学へ、そして大学院へ行き、アメリカ文学を学び、やっとのことで辺鄙な町での教職をつかむ。
決して理想の地でも理想の職でもなかったが、ひとまず次へのステップには充分だ。そう思った。
北ミシガンの、ホリデイという町。

その町で彼が思わぬ出会いをしたのが、朴訥でまっすぐな巨漢のRex。
緊張のあまりあれこれと失礼なことを口走るDanielにひるんだ様子もなく、彼は、Danielが防御としてまとう攻撃性の下を見抜いているようだった。

だが、Danielはいつも自分を自分で守ってきた。父親から。兄から。世界から。
一瞬でも気を緩めれば、必ず悪いことが起きる。必ず、その隙に何かに足をすくわれる。
その恐れのあまり踏み出せない、踏み込ませない自分を、いつか変えられるのだろうか…
.....



かなり読みごたえのある長編で、しかも結構ぐさぐさっとくる感じのお話です。
特にDanielの描写が非常に良くて、彼が身につけてきた攻撃性や、兄たちや父親から受けてきた仕打ちによる自己評価の低さ、世界に自分の居場所などないと感じているような根の深い孤独が、その行動や言葉を通して見えてくる。知識欲を笑われ、質問を笑われ、ゲイであることを憎まれてきた彼にとって、家族も世界も安心できる場所ではない。
ときに、決して「いい人」ではないDanielですが、彼の必死さと誠実さは(それをどこにどう向けたらいいのかわかっていないにしても)伝わってきて、それが話に厚みを与えています。

Rexのほうにも秘密があり、彼なりの深い傷がある。
傷を隠し合う二人は時にどえらくコミュニケーション不足ですが、それにしてもRexはまっすぐでいい男だな!その忍耐と、Danielに根っからぞっこん(まさにぞっこん、て感じ)な気持ちが、どんどんDanielを包み込んでいくのがまさにロマンス。
エロも濃厚で、最近こういう「濃い」ドラマ派みたいな一派が確実に勢力を強めてきている気がするんだけど、その中でもうまい書き手さんだと思う。
特に兄貴のとの軋轢がなー、兄ちゃん本当に痛々しいなっとしみじみしてしまった。

いろんな人間のいろんなドラマが織り込まれていて、一部はまだ解決していないのでこの先でもさらに何か起こるだろうなー。
人間は簡単には変えられない。たとえ恋に落ちても。でも、もしかしたら。
というわけで、ずぶずぶ濃い目に「浸りたい」時におすすめのシリーズ第1作。口の悪い人間がたくさん出てきてはしばしでニヤッとさせられます。
★家族との軋轢
★孤独

Vanished
Carter Quinn
Vanished.jpg★★☆ summary:
HenryはTomと結婚してもう20年になる。二人は9歳だった少年を見つけて養子にし、血を分けた我が子のように可愛がった。息子のCJはもう大学へ行き、HenryとTomは幸せに暮らしていた。
だがある朝、目覚めたHenryはTomの姿がないのに気づく。仕事ですれ違いかと思ったが、いつまで経ってもTomは帰ってこない。
異常を感じたHenryはTomを探し始める。
しかし、友人たちは皆非協力的で、Henryをののしる者までいるのだった。
一体、何が起こっているのだろう?
.....


全三巻。
ミステリ仕立ての三部作になっていて、2からのレビューを書くとその時点で前の巻のネタバレになるという素晴らしく困った仕掛けがあるので、ここで3までのレビューをまとめて書きますよ(ネタバレできないのでそこは遠回しに…)!

主人公は熟年カップル。の、片方。理性的でやや考えすぎる気配もあるHenry。
目を覚ましたら愛する夫がいきなり消えていてわけのわからない彼は、追憶を抱きしめるようにしながら必死に夫を探そうとするけれども、なぜか友人たちの誰からも拒否され、罵倒され、憐れまれ、嫌がられる。
なんでだ!

まあ途中で「これやばい物件か…」と薄々読んでいる方も気がつき始めますが、うまいことちょこちょこと愛を感じる回想が入ってくるので、ハッピーエンド頼む!という気持ちもあって結構手に汗握ります。

で…先が書けないんですけど、1巻、「ああやっぱり」と見抜けた感を味わった瞬間、ラストでどん!と展開がひっくり返されます。2巻も同じく。それぞれの巻で伏線を回収しつつしっかりクリフハンガー!を味わわせてくれます。なかなか舌を巻くうまさ。
途中にいい感じに周囲の人間関係も織り交ぜてきていて、当人のロマンスは少なめですが、そこそこ甘い雰囲気はあります。特に2巻以降。そのあたりもスリリング。

クリフハンガー感を味わいたい人、よくできたドラマみたいな展開を読みたい時にぜひおすすめ。おもしろかったです。

★謎の失踪
★ストーカー

Rescued
Felice Stevens
Rescued.jpg★★☆ summary:
Ryder Danielsは心に傷をかかえていた。
愛したはずの男は、彼よりも、ドラッグを選んだ。
今のRyderにとって、弁護士として関わる闘犬の保護活動と、弟の存在だけが支えであった。

だが母親は、Ryderがゲイであることを憎み、Ryderが弟に会うのを許そうとしない。
残ったものは仕事だけであった。

Jason Malloryはもう何年も付き合ってきた女の恋人にうんざりしていた。結婚するか別れるか、と迫られた時、Jasonは初めて自分が彼女を愛していないことに気づく。
別れてさっぱりしたJasonは、しばらく恋などするつもりはなかった。仕事だけで充分だ。
だがある日、工事現場に残されていた傷ついた闘犬たちを保護グループに通報した彼は、応じて駆けつけてきた男に目を奪われていた。

Jasonは一匹の犬の里親となり、それをきっかけにして、彼とRyderは心を許し合った親友になっていく。
親友以上のものになれるはずがないと、Ryderは知っていた。ストレートの男に恋をして何になる?
だがある夜、Jasonは自分がRyderに対して欲望を持っていることに気づき……
.....



犬(ピットブル)の保護活動をしている弁護士と、建設会社の社長(ストレート)の男の話。
カプだけでなく周囲のキャラの感情もよく書かれていて、それぞれの大きな人生の転機をうまく描き出した話です。

闘犬はもちろん違法なんですが、やはり地下で行われているという話は聞いたことがある。また闘犬に使われやすいピットブルは人気の犬種な一方、大きくなると持て余して捨てる飼い主も多いのです。そうすると野良になり、中には人間に対して凶暴になる犬もいる。
そんな、見捨てられた犬たちを保護するのがRyanの属するボランティア組織。Ryan自身も里親のひとりです。

Jasonも、自分の建築現場にいた犬の一頭を飼うことになり、「犬同士がとりもつ縁」で二人の距離が近づいていく。犬かわいいし、犬にめろめろな男たちはいいね!
Ryderは前の男との別れ方がよくなかったので、恋に対しては及び腰です。誰かをまた信じる気にはなれない。犬は裏切らないから、と犬に愛情を注いでいるふしもある。
だからJasonと恋(のようなもの)が芽生えはじめても、どこか信じきれない。ストレートだと思って生きてきたJasonが、家族に、兄弟に、社員に、社会に対して自分の恋人は男だと言えるのか、認められるのか。そしてそれを、Jasonの家族は受け入れてくれるだろうか?

ゲイ×ストレート話のお楽しみ、「カミングアウト」は今回もドラマティックで盛り上がります。でもJasonはいい男だからな!新しい経験にちょっとうろたえたりしつつも、何が自分にとって大事なのかを見失うような男ではない。
だからといって、すべてがうまくいくわけでもないですが。でもこの二人なら乗り越えられそうな雰囲気が話全体に漂っていて、ちゃんといい感じに「大人の恋」なお話です。

Ryderが愛する、でも母から会うことを禁じられた弟との仲も、ちゃんとJasonが取り持ってやる。この「お前の問題は丸ごと俺の問題だ」という包容力というか、地にどっしりと足がついている感じが読んでいて安心できます。
この作家さんは去年デビューなのかな?なんだか新しい人らしいのですが、キャラクターが愛情深くて、ちょっとほっこりしていて、この先も期待大。
大人の、ほろ苦いけれども甘い恋物語(犬つき)を読みたい時に。


★闘犬
★ストレート

Fish and Ghosts
Rhys Ford
FishandGhostsLG.jpg★★ summary:
Hellsingerシリーズ1。

Hoxne Grangeホテル、それは叔父がTristanに残してくれた遺産だった。
何故叔父が、その財産をTristanにだけ残したのかは親戚の間でもさまざまな憶測と、非難を呼んでいた。ある者は不公平だと言い、あるものはTristanを狂人だと言う。
Tristanはそのホテルを「幽霊たちが泊まりにくるところ」と主張していた。

Wolfは超自然現象を研究し、時にでっちあげの幽霊話の正体を暴いてきた。
今回はTristanの親戚に雇われ、幽霊たちの存在を、あるいは非実在を、証明しにホテルへと向かう。

嘘つきだ、とWolfに言われたTristanは刺々しく彼らに対応する。
人がどう思うかなどどうでもいい。Tristanの望みは、幽霊たちを迎え、送り出すことだけだ。
だが、すべてはひとつの指輪から崩れていく…
.....



幽霊ホテルのオーナーと、超自然現象の研究者(っていうか、イカサマ暴いて回ってる感じ?)のお話。シリーズものの1冊目。
舞台は昔のお屋敷、今はホテル。オーナーのTristanはそこを「幽霊が、最後の三日間だけ泊まるところ」と主張している。その3日が過ぎると、皆、どこかへ行く。
あの世かどうか、そこまではTristanにはわからない。
「幽霊も魚も三日たつと古くなるから」と言っているのがかわいい。

そんなホテルに「幽霊がいるかどうか観測します」とWolfたちが乗りこんでくる。彼らは、Tristanが「正気じゃない」と証明して財産を取り上げたい親戚に雇われているので、実質、敵だな。
Wolfは「客観的に検証する」と言い、いろいろな機器での観測を開始しますが、彼自身はきわめて偏見の塊という感じがします。Tristanを嘘つき呼ばわりしてるし、まったく信じようともしていない。
研究者とか名乗るわりに、そこのところがかなり引っかかったのですが、あとからわかるWolfの家庭事情からして無理もないのかなあ。わりと屈折しているぞ、Wolf。そしてその屈折ぶりを複雑な形でTristanに向けているのだと思う。

あちこちどうも話に「つっこみどころ」があって、最初はマイナス面にとらえていたんですけど、途中から「これはそういう話だ」と思って読んだら楽しかったです。しっとりした幽霊ホテルの話じゃなくて、ドタバタ系ゴーストバスターズなんだな!もうみんなドジというか考えなし。Tristanくらいでしょう、致命的なミスをしてないの。
そこで「貴様ら専門家だろ!」とマイナス点つけてると評価低くなりますが、この話はきっとギャグっぽいテンションで読むのが正しいんじゃないかなと…まあ、文章からそういう雰囲気がいまいち感じられなかったので自信はないんですが、ドタバタ系に分類すると楽しい。そのわりにキャラがちょっと重いので、そのあたりの調和は続編に期待かな。

うっかりと、連続殺人鬼の幽霊を呼び覚ましてしまった皆は、大ピンチ!
一方、その間にもしっかりと恋に落ちていくTristanとWolf。「そんな場合じゃねえだろ」ってシーンもありますが、そこはテンション軽く楽しむべし。この二人の組み合わせはめっちゃかわいい。なんかどっちもどこかしらピュアなところがあって、一緒にいると生き生きしているのがいい。一人でいるより二人でいる方が似合うカプです。
後半に出てくるWolfのママが強烈で、幽霊退治のあたりはもうしっちゃかめっちゃかで愉快。もー色々つっこみたい!

幽霊ホテルとか、ドタバタ系ゴーストバスターズとか、そういう軽いパラノーマルが読みたい人に。
続編も出てます。読むぞー。
でも表紙ほどTristanはオタクっぽくないと思うよ!

★幽霊ホテル
★ゴーストバスターズ

小説ディアプラス フユ号にラングレーさんの「With Love」の翻訳版、「恋する狼」の前編が載りました〜。
ご興味ありましたら是非おねがいします。後編は次号に載ります。ドジっ子の出てくるラブラブいちゃこらなお話だ!

今年も様々にお世話になりました。
「このBLがやばい! 2015」にアドリアン・イングリッシュと人狼シリーズがそれぞれ16位、20位にランクインしました。応援して下さった方、ありがとうございます!
来年は二月にアドリアンの4巻「海賊王の死」が出ます。5巻もできればすぐ出したいんだけど、ちょっと作業スケジュールが危険だ……

レーベルにはほかの動きもありまして、同じ二月に柿沼瑛子さん翻訳、ローズ・ピアシーさん作の「我が愛しのホームズ」が復刊!されます。三月にはさらにほかの翻訳者さんで一冊出ます〜。
2015年はモノクローム・ロマンスも三年目。今の時代に翻訳物を出していけるのはとても恵まれたことだと思います。2015年がひとつの正念場になりますので、またしっかりと気合いを入れてがんばりたいと思います。

Widdershins
Jordan L. Hawk
Widdershins.jpg★★★ summary:
Whyborne&Griffinシリーズ1。

Percival Endicott Whyborneは力のある父親を持ちながら、家から離れ、静かに研究に没頭している学者であった。
同僚の中には彼を馬鹿にして見下す者もいたが、Whyborneはただ静かに生きていきたかった。

そんな時、Griffin Flahertyという探偵が現れ、Whyborneに書物の解読を依頼する。それは、謎の死を遂げた青年が死の寸前に家族にあてて送ったものだという。
銀の杖を手にしたGriffinの存在は、Whyborneの心をかき乱す。だが知られてはならなかった。同性愛が知られれば社会的に抹殺される。そんな時代だ。

しかし段々と捜査に巻きこまれていくWhyborneは、謎の秘密結社と、暴かれた墓のことを知る。
そして彼の手にあるものがただの本ではなく、別の世界への鍵であることも……。
.....



今かなり人気のヒストリカル・ホラー・サスペンスシリーズの第一作。
この作家さんは初めて読みましたが、これはちょっと毛色が変わっていておもしろかった!
そしてクトゥルーものだったりしますよ。昔少し読んだだけであんまり詳しくないのですが、ヨグ=ソトトって(ヨグ=ソトースが多いようですが、私が読んだ本の訳語はそうだった)Yog-Sothothって書くんだ……実に邪悪そうな綴りです。

主人公、Whyborneのキャラクターがとにかくいい。奥手で、引っ込み思案で、おどおどとどもったりするのですが、その奥には頑強な意志の力を持っている。誰にも見せないけれども、心の奥には火のようなものを持っている男です。しかもけなげだ!
そしてそれを、Griffinは見抜き、惹かれていく。
私はこういう文系/探偵の組み合わせの時って、基本的に探偵側がお気に入りになるのですが、今回はWhyborneが一番のお気に入りだった。Griffinもいいけど、Whyborneには本当に「お前はいい子だよ!がんばれ!」って言ってあげたいぞ。

Griffinは元ピンカートン探偵社の調査員です。このピンカートン探偵社というのはアメリカではとても有名な私立探偵社のこと(同名のアラン・ピンカートンが創設)で、最盛期が19世紀後半なので、この話の舞台もそのあたりかと思います。
ピンカートン探偵社は小説でもたまに出てくるので、覚えておくといい単語。

さて、Griffinはそのピンカートンの元で働いていたが、何かあってから探偵社を去り、今は一人で調査を行っている。
彼の過去にも深い傷があり、夜にうなされたり、何か語りたくないことがある。その過去もまた、今回の謎めいた事件と関係があります。
謎めいた秘密結社、解き明かされていく神秘の力。

Whyborneの数少ない友人である同僚の女性学者が非常にきっぷがよく、気持ちのいい女性です。富裕な家に背を向けた学者、十九世紀の女学者、ピンカートン探偵社を去った探偵と、時代や社会背景から行くと「異端者」である三人が力を合わせて謎の敵と戦っていく。
今、六巻かな、そのくらいまで出ているので読むのが楽しみ!

かわいい奥手の文系青年に萌え萌えしたいなら是非おすすめ。
ホラー風味とはいえ怖いわけではないので、読む人はあまり選ばないと思います。

★クトゥルー
★初めての(略)

The Royal Street Heist
Scotty Cade
RoyalStreetHeist.jpg★★ summary:
南北戦争時代の高価な絵画が二枚、美術館から盗まれる。
そして、後には死体が転がっていた。

ニューオーリンズ警察の班長Montgomery "Beau" Bissoneは、その事件の捜査にとりかかる。
そこに現れたのが保険会社ロイズから派遣されてきたTollison Cruzだった。

捜査に口出しされるのを嫌うBeauはCruzに冷たくあたる。だがCruzが美術品業界に精通していることは間違いなく、二人は失われた絵の手がかりを追って、美術館を運営する一家の周囲を調べていくのだが…
.....



強面の腕利刑事と、保険調査員の顔をした過去のある男のお話。

刑事のBeauは、実はまっすぐでいい奴なんですが、とある刑事と恋仲になって同棲した挙句、浮気されて別れ、その傷心から立ち直ってない。しかも悪いことに、その相手と同じ現場で働かなければなりません。毎日気まずいなんてもんじゃない。
そんなわけで、どんどん冷たく、どんどん厳しく剣呑な男になっています。

そこに颯爽と現れた保険調査員。当然のようにBeauはこの男の口出しが気に入らないし、相手のCruzはBeauの見下したような態度が気に入らない。
いいですねえ。二人の男がツノ付き合わせて捜査。私の大好物です。
ことあるごとに文句を言い、ことあるごとに反感を抱いて、それでも感情的に二人は段々と近づいていくのです。嫌いな相手のことって四六時中考えてしまうからね。何かと気になるからね。
恋とよく似てるよね!っていうか恋じゃねえか、それ。

そのあたりの反発の感じはよく書かれていて、とてもおいしい。
あとBeauの、過去の恋へのあれこれがグダグダ並ぶのですが、ここも真面目で誠実なBeauの性格がにじみ出ていてよかった。彼は決してパートナーを裏切るタイプではないから、裏切った相手を許すことができない。どんなにその相手が後悔していても、その傷を忘れられない。誠実だけど、その誠実さが今は彼を不幸にしている。でももしパートナーが裏切ったのだとしても、関係の破綻は片方だけの責任なのだろうか?

BeauとCruzは反目の挙句、案の定、なんだか勢いあまってベッドインしますが、簡単にはうまくいかない。
実はCruzには、美術品窃盗の過去があった。今回あまりにも都合よく彼が美術品盗難の現場に現れたのは、偶然なのか、それとも保険調査員の顔こそが偽物なのか。

Cruzとの関係が深まるにつれ、Beauが過去の傷と向き合い、その痛みを手放していく経過がひとつ物語の大きなターニングポイントを作っています。そのあたりも楽しみながら読むと話がちょっと広がる感じ。

捜査の展開も無理がなくて、おもしろかった。
あとは少し、第三者の視点が入ってくるバランスが気になったかな。それとBeauがもう少しCruzの過去に悩んだりしてもいいんじゃないか、あいつ真面目だしさー、もっと良心の問題を問うてもいいと思うよ!とかその辺、私の好みとしてはもう一歩つっこんでほしかった。つっこんだらおいしかっただろうに!
お洒落というか薄味というか、好みで分かれるところかもしれません。でも全体にこなれていて読みやすかったし、楽しかったので、シリーズの次の話も楽しみにしてます。あとこの作家さんのほかの本もちょっと読んでみよう。

真面目で強面の刑事と美形の有能保険調査員の恋、という言葉でときめく人におすすめ。

★美術品盗難
★過去のある男

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (308)
★★★ (86)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

08 | 2016/09 [GO]| 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2016年
・3月 マイ・ディア・マスター
・4月 叛獄の王子
・7月 Diversion
・夏 不在の痕
・12月 フェア・プレイ

*発行済*
・フェアゲーム
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。